世界中に17億人以上のユーザーを抱えるSNS、Facebook。
ユーザーによりよい環境を提供するために日々アップデートが行われていますが、2017年3月23日(現地時間)、Facebookライブに関するアップデートが発表され、パソコンからでもライブ動画を配信できるようになりました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、パソコンからFacebookライブ動画を配信する手順をご紹介します。
スマートフォンではなくパソコンから動画を配信することのメリット3つも合わせてご紹介していますので、これから動画の活用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Facebookのライブ動画配信とは

Facebookには、撮影中の動画をそのままライブ動画として配信することができる「ライブ動画配信機能」が搭載されています。
最長で4時間の動画を配信することが可能で、配信中に動画に描画ツールなどで加工をしたり、配信範囲をカスタマイズできたりと幅広い活用が可能です。
また、個人アカウントだけではなく、企業などのFacebookページからも配信できます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

これまで、iPhone・Android端末といったスマートフォンからは簡単にライブ動画を配信することができましたが、パソコンから配信するには専用のライブ配信アプリをインストールして設定を行う必要がありました。
しかし今回のアップデートにより、パソコンからでも簡単にライブ動画を配信することができるようになっています。

さらに、これまでFacebookページのみ対応していた外部ハードウェアなどとの連携機能が、個人アカウトでも可能になっています。
これにより、少し技術が必要にはなりますがライブ配信中に複数のカメラを切り替えたりホームページなどのグラフィックをオーバーレイ表示したりなどを行うことができます。