Google検索で単語を入力すると、検索予測キーワードが表示されます。
この機能はオートコンプリートといい、ユーザーにとっては自分の探したい情報をより素早く検索できるメリットがあります。
ですが、企業にとっては自社の社名と共にネガティブなワードが出てしまう場合もあるので「顧客から見て悪い印象を与えるのでは」と悩んでいる担当者もいるかもしれません。

今回は、Googleオートコンプリートの仕組みと、表示される予測ワードを削除したい時に取れる方法をご紹介します。
ぜひこの機会にオートコンプリートについて正しく認識し、誤ったSEO施策を行わないようにしましょう。

Googleオートコンプリートとは

Googleのオートコンプリートとは、検索窓に単語を入力した時に予測される検索内容を候補として表示する仕組みです。

スクリーンショット_2017-04-18_17.21.16.png

例えば紅茶のブランドを探したいと思った時、ユーザーは検索窓に「紅茶」と入力します。
すると、上の画像のようにリアルタイムで予測変換が出てくるので、素早く「紅茶 ブランド」を選択できます。

予測の仕組み

では、この予測はどういった基準で表示されているのでしょうか。
Googleでは以下のように説明しています。

・入力中のキーワード。
・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ]を有効にしている場合)。
・他のユーザーが検索しているキーワード(話題の記事を含む)
 ※話題の記事は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化します。話題の記事はユーザーの検索履歴には関連していません。

つまり、入力しているワードだけでなく、Googleでよく検索されていたり、人気を集めているワードが表示されています。
また、自分が過去に検索を行ったことがあるワードも表示されやすくなっています。

この予測ワードはGoogleのアルゴリズムによって自動で算出されているものです。
そのためGoogleの意見を反映したものではなく、ワード同士の結びつきに違和感がある場合もあります。

参考:
オートコンプリートを使用した検索

表示される予測ワードを削除するには

オートコンプリートは自動で算出されるため、時として違和感のあるワードが出てくる可能性があります。

企業にとっては、ネガティブな検索ワードが表示されるのは好ましいことではないでしょう。
なかには「予測されるワードを削除したい」と思う方もいるかもしれません。

では、オートコンプリートで表示される予測ワードを削除するには、どういった方法が取れるのでしょうか。
予測ワードのもととなっているコンテンツを発信している運営元にコンテンツ削除依頼を行う以外に、Googleでは「不適切な予測の報告」を受け付けています。
報告に対してGoogleは個別に調査を行い、報告が正しいと判断した場合対応にあたります。

1.自分の名前が表示される場合

まず、自分の名前がネガティブなワードと共に表示される場合、Googleでは「法的な削除リクエスト」を受け付けています。

対象となるのは「いじめ」「差別的発言」「暴力的な描写」「露骨な性的コンテンツなどに関わる単語です。
例えば「◯◯(自分の名前)売春」や「◯◯ 同和地区」といったワードが対象となるでしょう。

法的な削除リクエストを送信すると、Google側では案件ごとに調査を行います。
そこでリクエストの内容が正しいと判断されれば、予測ワードのもととなっているコンテンツの削除をホームページ運営者に要請するなどの対応をGoogle側でとります。

▼法的な削除リクエスト|Google
https://support.google.com/legal/answer/3110420

なお、こういったネット上のコンテンツ削除をめぐっては「忘れられる権利を認めるべきか認めないべきか」という議論が上がっています。

例えば、逮捕歴のある人の名前に対して「◯◯(名前) 逮捕」といったオートコンプリートが表示されている場合、本人の社会復帰を妨げる可能があります。
一方では、雇用主や周囲の人には、その人の逮捕歴を知る権利があるでしょう。

忘れられる権利については、EUやアメリカ、日本国内においても数々の訴訟が起こっています。裁判ごとに判決が異なっており、オートコンプリートの削除依頼はセンシティブな問題を抱えていることも認識しておきましょう。

参考:
[犯罪者の逮捕歴をネットから削除すべきか?|東洋経済ONLINE]
(http://toyokeizai.net/articles/-/159834)
「忘れられる権利」、日本でも真剣に考える時

2.自分の名前以外の場合

自分の名前以外の場合「予測に不適切なコンテンツが表示される場合」と「予測について法的な問題がある場合」によって、報告するフォームが異なります。

予測に不適切なコンテンツが表示される場合

予測に不適切なコンテンツが表示される場合、「不適切なオートコンプリートの予測を報告する」から報告を行います。

この時対象となるのは、以下のコンテンツに関わるワードです。

・悪意のある表現
・露骨な性描写や攻撃的な内容を含むコンテンツ

予測について法的な問題がある場合

予測について法的な問題がある場合、「Google からコンテンツを削除するフォームから入力します。

ウェブ検索>上記以外の法的な問題が発生している>オートコンプリート・関連検索キーワードに関する問題があります。

上記のように選択して削除フォームに進みます。

削除依頼を出す際には、どのような法が適用されるのかを明示することが大切です。
弁護士などの専門家に相談して、申請を依頼する方法も有効でしょう。

参考:
削除ポリシー|Google

まとめ

オートコンプリートは、Googleでの過去の検索結果をもとにしてアルゴリズムが自動的に表示しています。ユーザーにとって素早く検索を行えるという利点がありますが、一方では
自分の名前に対してネガティブなワードが結びついていることで訴訟が起こるなど社会問題にもなっています。
Googleではこのような報告を個別に受け付けており、内容によっては削除を行っています。Googleが不適切な内容ではないと判断した場合、削除されないので注意しましょう。

「ネガティブなワードをサジェストから削除できる」をうたっているSEO業者もおり、中にはGoogleの意図しない方法で削除を行う業者もいます。そういった業者の口車には乗らないよう、オートコンプリートの仕組みを正しく理解し、よく注意してサービスを見極めましょう。