ホームページ集客に関わっている方なら、誰もが何かしらのSEO対策を行なっているでしょう。

数年前までは、検索エンジンのアルゴリズムの穴をつくような施策が広く行われていましたが、近年はそのような小手先のSEOは通用しなくなりつつあります。
理由として、検索エンジンのアルゴリズムが進化し、エンジンがコンテンツの内容を理解しユーザーの役に立つコンテンツであるかどうかを評価できるようになってきたことが挙げられるでしょう。

それでは、今安定して上位表示ができているページとは一体どんなものでしょうか。
上位表示されているページに共通することとして、目先の順位変動にこだわるのでなく、「自分たちのユーザーに向けた有益な情報を発信する」という姿勢を持っていることが挙げられます。そしてその姿勢を以て施策を実行するために、本質的なスキルを得たいという声をたくさん聞いてきました。

今回は「コンテンツSEOに興味はあるけどやり方がわからない」Web担当者向けに、コンテンツSEOの本質と最低限やるべきことを理解してもらい、結果的に検索結果への露出を高める方法を4つのステップにわけてご紹介します。
  

STEP.1 コンテンツ集客後のゴールを設定しよう

まず初めに、コンテンツのターゲットと集客した先のゴールを設定をします。

コンテンツ」と聞くと「とにかく記事を書きまくるしかないのでは?」「記事数なら目標にできそうだけど結果はわからない」となり、どうしても結果論的な議論になってしまいがちです。スタート直後はともかく時間が経ってからチームメンバーの期待値に差が出てしまうことを防ぐためにも、何のためにコンテンツSEOを行うかの意識合わせをしっかりしておきましょう。

ゴールは大きく分けるとこの3つに分けられます。

1.商品やサービスの売上:売上額はもちろん、販売個数や契約数なども対象になります。
2.リード獲得:会員登録数、資料ダウンロード数、お問い合わせ数などです。
3.特定サイトへの集客:ウェブサイトへの流入セッション数です。チャネル別に設定することもあります。

  
大切なのはコンテンツSEOで集客した後にどうなってほしいのか、の視点です。これを必ず企画段階ですりあわせておきましょう。この「どうなってほしいか」を組み合わせることで以下のような目標を設定します。

・特定の検索ワードからのサイト来訪数
 偶然のトラフィックでなく、特定ワードを認識したユーザーのサイト来訪を増やせるか

オーガニック検索からの来訪比率、来訪数
 コンテンツを増やすことで来訪数が増加する状況を作れるか 

オーガニック検索経由のコンバージョン数
 広告や短期的なアクセスに頼らず、集客や売上確保ができているか
  

STEP.2 集客に必要なコンテンツを作成する

いよいよ、集客の場となるコンテンツを作成していきます。

この作業は、ほとんどの方にとって初めての経験だと思います。
  

ターゲットを確認する

まず初めに、ターゲットを確認します。

「誰の」「何を」「どのように」に当てはめるかたちで自社サービスやこれから作るコンテンツのターゲットを明らかにします。

例えば「Webマーケティングを支援するツール」の場合、以下のように定義できます。

誰の:中小企業のWebマーケティング担当者の
何を:Webマーケティング施策の計画・実施における効率的なやり方がわからないという問題を
どのように:Webマーケティングのプロが実践しているノウハウと、仕組みが組み込まれたツールを提供することで解決する

  

ターゲットの内面をキーワードで表現する

設定したターゲットと関係がありそうなキーワードを集めます。この時点ではあまり細かくしすぎずに、単一のワードで50ワード程度リストアップします。

リストアップしたらGoogle トレンドで極端に検索数が少ないワードがないかチェックしておきましょう。

リストアップしたらYahoo!やGoogleキーワードサジェスト機能(検索ワード入力時に検索候補を表示する仕組み)を使って、1キーワードにつき10個程度の複合キーワードを準備します。

次にここまでリストアップした500程度の複合ワードを分類していきます。

ポイントは、検索する人から見て「やりたいことはある程度イメージできているが、やり方についての情報を探している」ようなキーワードです。

例えば「コンテンツマーケティング 秘訣」のようなワードであれば、この人は「コンテンツマーケティングをやる上で効果の出る秘訣が知りたい」わけで、この課題を解決できるコンテンツが自ずと決まってきます。

参考までに、セットで検索されやすいワードを羅列します。

やり方、方法、手法、ツール、手段、選び方、コツ、コンサル、比較、入門、ガイド、コンサルティング、構築、手順、流れ、おすすめ、代行、外注、勉強、資料、セミナー、勉強会、会社、企業、業者、極意、テクニック、使い方

  

コンテンツを書く

設定したターゲットとキーワードを元に、ユーザーが抱えている課題を解決できるコンテンツを書きます。

ここでポイントなのが記事のフォーマットを決めた上で書くということです。チームメンバーが複数いる場合など、書く人によって内容にばらつきが出ないようにフォーマットを決めておきます。
  

フォーマットの例

フリー型:文字通り、テーマに沿って好きなように書くものです。テーマや書く人のキャラクターや力量に左右される場合があります。

ニュース型:実際に起きた事象を紹介しつつ、意見や解説を加えるタイプです。ニュースバリューに左右されますが、ユーザー反応の良いコンテンツの傾向がわかるといった利点もあります。

リンクリスト型:ある話題に沿って外部Webサイトへのリンクを紹介するタイプです。例えば「フリーで使えるSEOツール5選」のようなタイトルが多いです。扱うテーマによってはブックマークやSNSのシェアと相性が良いです。

トピック型:あるテーマに沿って複数のトピックを紹介していくタイプです。「実践してわかった、成功するコンテンツマーケティング5つのポイント」のようなタイトルが多いです。リンクリストと似ていますが、コンテンツ量が多いのでテーマによってはオリジナリティを高めやすくなります。
  

STEP.3 コンテンツを公開したらまずチェックするべき指標

最初のコンテンツが公開できたら、いよいよ運用のフェーズに入ります。

公開当初は訪問数ページビュー数も少ないかもしれませんが、それでも少しずつデータは変化していきます。もしコンテンツの方向性に問題があってもこの段階で修正できれば影響は少なくなります。

では、ホームページ公開後にはどのようなデータを見ていくべきなのでしょうか?ここでは誰でも簡単にチェックでき、かつ、とても重要な指標についてご紹介します。
  

Google サーチコンソールとGoogle アナリティクスに登録する

Google アナリティクスはもちろんですが、必ずGoogle サーチコンソールも登録しておきましょう。これにより、実際にサイトに来訪が発生する前にコンテンツを評価することができます。
  

インデックスステータスと検索アナリティクスをチェックする

コンテンツを公開したらまず確認したいのが「インデックスステータス」です。作成したページ検索エンジンの検索対象になっているかを確認できます。頻繁にチェックする必要はありませんが、コンテンツを本格的に増やすタイミングまでには必ず確認しておきましょう。

コンテンツが増え始めたら、「検索アナリティクス」をチェックします。この段階で確認しておきたいのは以下の3点です。

・意図したキーワードが検索結果に表示されているか(表示回数をチェック)
・検索結果から実際にクリックが発生しているか(クリック数をチェック)
・検索結果から、意図したページに訪問が発生しているか(ページにフィルタ)

  

STEP.4 アクセスが来るようになってからやること

ここまで来たら徐々にアクセスが増えてきていることと思います。ここから登場するのがGoogle アナリティクスなどのアクセス解析レポートです。
コンテンツを書く前に立てた仮説が正しかったのかどうか確認し、さらに伸ばせるポイントや改善すべきポイントを見極めていきます。
  

来訪チャネルを確認する

最初に決めたゴールに対しての進捗を確認します。

・オーガニック検索の訪問が増えているか
・来訪したユーザーが意図した通りの行動をとってくれているか
・特定のキーワードからの来訪が増えているか

厳密なキーワードごとの来訪数はわからない場合はGoogle サーチコンソールで見れる数字を時系列でチェックしましょう。
  

最初の改善ポイント見つける

ここまでくると、最初の計画とのギャップがわかってきます。

・想定したほどオーガニック検索の来訪がない
・訪問は発生しているが、コンバージョンにつながっていない
・当初意図していなかったが、来訪の多いキーワードがある

コンテンツを公開するまでは全てが仮説でしたが、実際の数字が発生することで基準値がわかってきます。基準値を元に、次の施策と期待値を設定し、結果を検証するというPDCAサイクルが回せるようになります。

・コンテンツ公開のペースを上げればオーガニック来訪は想定通りになるのか?
・特に訪問数に貢献しているキーワードはどれか?
・検索から来訪したユーザーに対して、急なコンバージョンを要求していないか?
・ターゲットユーザーが他に情報収集に使っている有望なキーワードがあるのではないか?

上記のような仮説を立てながら改善、検証をしていきましょう。
  

まとめ

ユーザーとしてコンテンツに触れる機会は多いけど、いざ自分がやろうとするとどうしたらいいかわからない……という印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか?本記事ではコンテンツSEOに必要なステップを4つにわけることで、漠然とした不安をなくし「これをやればコンテンツSEOができる」イメージが持てるように紹介しました。皆様の疑問を払拭し、最初に踏み出す具体的な一歩につながれば幸いです。

また、記事を読んで「より実践的にやってみたい」という方向けに、本記事の内容をより深くご理解いただくためのお役立ち資料も用意しました。コンテンツマーケティングを行う際に踏むべき手順を解説した内容になっていますので、合わせてご覧ください。
  
ゼロからはじめる!コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド

ゼロからはじめる!コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイドダウンロードはこちら