観光庁が行った訪日外国人消費動向調査によると、旅行者が日本滞在中に役に立った情報源は、インターネット(スマートフォン)が70.7%を占めていました。
情報源として訪問したホームページが日本語でしか表示できなければ、せっかくホームページを訪問してもすぐに離脱してしまうでしょう。

今後、オリンピックに向けて訪日観光客は増えると予想されるので、ホームページの多言語対応は必須になるでしょう。
しかし、ホームページの翻訳に時間やお金をかけるのは難しい方もいらっしゃるかもしれません。
そんなときに利用したいのが翻訳ツールです。

今回は、日本語を他言語に翻訳できるツールをご紹介します。
ホームページを多言語対応させたいときや、外国人を対象にしたサービスを提供するときに利用するといいでしょう。

参照:
訪日外国人消費動向調査 観光庁

1.Google翻訳 

Google_翻訳.png
https://translate.google.com/?hl=ja

Googleが提供する翻訳ツールです。
Google翻訳は無料で利用でき、100言語以上に対応しています。
翻訳したい単語や文章を入力して、翻訳ボタンを押せば簡単に翻訳できます。

Google翻訳の詳しい使い方は、下記の記事をご参照ください。
参照:
無料でホームページを英語や中国語に!Googleウェブサイト翻訳ツールの使い方を解説

2.Skype Translator 

機能___Skype_の活用方法___Skype.png
https://www.skype.com/ja/features/

Skypeが提供する翻訳ツールです。
音声通話、ビデオ通話、インスタントメッセージをリアルタイムで翻訳できます。音声通話では8言語、インスタントメッセージでは50以上の言語に対応しています。
翻訳には機械学習が採用されているので、使えば使うほど翻訳精度が増すという特徴があります。

3.Weblio翻訳 

Weblio_翻訳.png
http://translate.weblio.jp/

ウェブリオ株式会社が提供する翻訳ツールです。
翻訳したい文章を入力して、「日本語→英語」のボタンをクリックすると翻訳できます。
翻訳された訳文にくわえて、訳文に類似した文章や単語ごとの対訳も確認できます。例文によっては音声で聞けるものもあるので、発音を確かめたいときにも活用できます。

4.エキサイト翻訳 

英語翻訳___エキサイト翻訳.png
http://www.excite.co.jp/world/

エキサイト株式会社が提供する翻訳ツールです。
エキサイト翻訳は、より正確な翻訳をするために分野を選択して翻訳できます。選択できる分野は8つです。

・理学系
・農林水産系
・工学系
・社会学系
・人文学系
・芸術系
・スポーツ系
・生活系

理学系の中でも、医学や数学といったさらに細かい分野を選択できます。
ある特定の分野を翻訳したいときにおすすめの翻訳ツールです。

5.InfoSeek楽天マルチ翻訳 

Infoseekマルチ翻訳.png
http://translation.infoseek.ne.jp/

楽天株式会社が提供する翻訳ツールです。
単語や文章を翻訳できるテキスト翻訳や、ホームページURLを入力して翻訳できるウェブ翻訳が無料で利用できます。
また、翻訳者のレベル別で翻訳料を選択できる、24時間365日対応のオンライン翻訳サービス、365翻訳もあります。365翻訳は株式会社クロスランゲージが運営しています。

参照:
オンライン翻訳サービス 365翻訳

6.So-net翻訳 

翻訳___So_net.png
http://www.so-net.ne.jp/translation/

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する翻訳ツールです。
英語、韓国語、中国語を翻訳できます。
また、プロの翻訳者に翻訳を発注できるスピード翻訳もあります。スピード翻訳はGMOスピード翻訳株式会社が運営しています。翻訳する言語によって翻訳料が変わるので、詳細はスピード翻訳のホームページをご参照ください。

参照:
スピード翻訳 by GMO : オンラインでいつでも発注できる翻訳会社

7.医療翻訳 

医療翻訳_QLifePro___460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳.png
http://translate.qlifepro.com/

株式会社QLifeが提供する翻訳ツールです。
医療専門辞書にもとづいて、医療に関する専門用語を日本語から英語、または英語から日本語に翻訳できます。医療に特化した医療専門翻訳ツールなので、医療系のホームページを運営している方におすすめのツールです。

8.英辞郎 on the Web 

英辞郎_on_the_WEB.png
https://eow.alc.co.jp/

株式会社アルクが提供する翻訳ツールです。
英辞郎 on the Webは登録不要で、英和と和英の翻訳が無料でできるシンプルなツールです。翻訳機能にくわえて、動詞や固有名詞といった品詞別索引、アルクが選んだ重要英単語に準じたレベル別索引、アルファベット・五十音索引が利用できます。
また、英辞郎 on the Web Pro Liteは、語句検索と一部の例文検索が無料で使用可能でユーザー登録が必要です。英辞郎 on the Web Proは有料版で、語句検索や豊富な例文検索ができます。語句検索だけではなく例文もチェックしたい方は、英辞郎 on the Web Pro Liteや英辞郎 on the Web Proがおすすめです。

9.Yarakuzen 

ビジネスをスマートにするオンライン自動翻訳ソフト|ヤラクゼン.png
https://www.yarakuzen.com/lp/machine_translation

八楽株式会社が提供する翻訳ツールです。
自動翻訳した結果を自分で修正して、データベースとして登録します。そのデータを元にして翻訳するので、自分で翻訳精度を高められるのが特徴です。
また、ワードやエクセルといったファイルを、アップロードしてそのまま翻訳できるので、ファイルから翻訳したい文章を一つ一つ抜き出す手間を省けます。

10.Myサイト翻訳 

Myサイト翻訳|株式会社高電社.png
http://www.kodensha.jp/web/mysite/

株式会社高電社が提供する翻訳ツールです。
Myサイト翻訳は月額30,000〜から利用できます。既存のホームページに翻訳ボタンを貼り付けるだけで自動翻訳が可能になります。最短3日で導入できるので、できるだけ早く多言語対応させたい方におすすめのツールです。

11.CuTe 007 

Cross_Translation_キュート007横断翻訳ツール__一流のオンライン翻訳ツール、一気に複数サイトでの翻訳が可能です。.png
http://trans.cute007.com/CuteTrans.html

CuTe 007は複数の翻訳ツールを横断して使用できるツールです。
翻訳したい文章を入力して翻訳すると、下記の7つの翻訳結果が表示されます。

Google翻訳
Yahoo!翻訳
エキサイト翻訳
bing Beta
@nifty翻訳
Fresh eye 翻訳
ひらがなめがね

使用する翻訳ツールが一つだけだと、翻訳精度が特定の翻訳ツールに依存してしまいます。それぞれのツールでどのように翻訳されるのか比較して、どの翻訳を使うのか決定するのがいいでしょう。

まとめ

自社内だけで、ホームページの言語を日本語から他の言語に対応させようとすると、時間や労力がかかってしまいます。翻訳ツールを使えば、好きな言語に翻訳できるようになります。
一方で単語や文章によっては、文脈と合わない誤変換になってしまうことがあります。複数の翻訳ツールを使って翻訳のされ方を確認するといった、内容をチェックする必要があるでしょう。