誰もが一度は目にした事のあるチロルチョコ、実は従業員数50名ほどの中小企業が発売している商品だとご存知でしょうか。
そのような小規模の企業ながらTwitterのフォロワー数は2万3千人を超え、多くのファンに愛される商品を展開してきました。

今回はチロルチョコ株式会社のマーケティング戦略を解説します。
1個5円から50円ほどの低価格の商品をメインに展開しながらも2017年には創業115年を迎え、安定した成長を続けている背景にはマーケティングの力があります。
特徴的な広告や商品を知るだけでなく、その裏にあるマーケティング戦略を把握し、自社に活かせるところがないか学んでいきましょう。

チロルチョコ株式会社の概要

★チロルチョコ株式会社★.png
http://www.tirol-choco.com/

「チロルチョコ」という商品名は知っていても、販売している企業の情報まで知っている方は少ないかもしれません。

チロルチョコを販売しているチロルチョコ株式会社は1903年創業の松尾製菓株式会社から企画・販売部門を独立させた企業であり、2004年に創設されました。

チロルチョコの製造を担当する松尾製菓株式会社と合わせても従業員規模は200名程度であり、大手製菓メーカーと比較して決して大規模な企業ではありません。
また、1個5円の「ごえんがあるよ」や1個10円から販売している「チロルチョコ」など低価格の商品をメインに展開しているのも特徴でしょう。

参考:
[松尾製菓株式会社|リクナビ2018]
(https://job.rikunabi.com/2018/company/r986781079/?isc=ps341)

チロルチョコから学ぶマーケティング戦略4つのポイント

「チロルチョコ」という商品が50年にも渡るロングセラー商品として生き残ってきた背景には、商品としての魅力だけでなく、型破りなマーケティング戦略があります。

例えば、2017年6月9日に流通新聞「日経MJ」に掲載した全面広告では、社長交代をユニークに表現した内容に注目が集まり、Twitter上で3万回以上もリツイートされています。
また、前社長の松尾 利彦氏が演奏するデビュー曲「Midnight city」はYouTube公開後12日間で4万2千回以上も再生回数を記録しました。

このように遊び心溢れるコンテンツは、マーケティング戦略にも随所にあらわています。
チロルチョコ株式会社の戦略から見えてくる、マーケティングにおけるポイントを解説しましょう。

参考:
[「チロルチョコの社長がかわりました!!」新聞広告の遊び心が大反響|HUFFPOST]
(http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/10/tirol-choco_n_17025546.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001)
Midnight city|YouTube

1.市場全体を見通し、時代の流れを読む

チロルチョコは1962年に当時高級品だったチョコレートを子供でも買えるようにしたいという思いから生まれた商品です。
そのため、メインの販売チャネルは長らく駄菓子屋でした。
ですが、1980年代から駄菓子屋そのものが減少し、売り場がスーパーやコンビニに切り替わっていくようになったことで危機感を覚えた当時の松尾 利彦社長は「三拡運動」という戦略をとります。

三拡運動では、販売チャネルを広げ・販売地域を広げ・購買層を広げていく取り組みを実施しています。社内では色濃くあった既存の販売チャネルへの依存を断ち切り、年間約7億個も販売されるメガヒット商品となりました。
市場を読む力がマーケターに求められる要素であるとわかるエピソードでしょう。

参考:
[チロルチョコ株式会社|日経メディアマーケティング株式会社]
(http://www.nikkeimm.co.jp/casestudy/tirol-choco.html)
[なぜチロルチョコは成功したのだろうか? (1/2)|ITmediaビジネス]
(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0905/26/news019.html)
[「1個20円」の強み、アジアでも チロルチョコの海外戦略|事業構想]
(https://www.projectdesign.jp/201610/overseas-expansion/003203.php)

2.すでにあるターゲットの既成概念にとらわれない

三拡運動では、販売チャネルだけでなく購買層の拡大にも取り組んでいます。
チロルチョコが誕生した当初のメイン顧客であった子供から、現在ではOLやサラリーマン、主婦まで全年代をターゲットとして設定しています。
また、企業向けにオリジナルのパッケージを製作するサービスを展開するなど、コンビニ菓子に留まらない展開を見せています。

このように、すでにあるターゲットの既成概念にとらわれないことで、新しい商品・サービスの展開が見えてくるかもしれません。

参考:
[社長Q&A |チロルチョコ株式会社]
(http://www.tirol-choco.com/q_a.html?company_id=00000581)

3.SNSではファンを作ることに徹底する

チロルチョコ株式会社では、Facebook・TwitterGoogle+・mixiの4つのSNSを利用した情報発信を行っています。
SNSでは「チロルチョコとお客様の距離を限りなく0にする」「お客様の記憶の片隅に居続ける」という2つの目的から、企業としての商品の売り込みは行わないように心がけられています。

Facebookでは3万8千人、Twitterでも2万3千人ものフォロワーを得ており、Facebookページは4千「いいね!」を超える投稿もあります。
SNSを単なる宣伝の手段として捉えない意識が、多くのファンに愛される理由でしょう。

参考:
[SMMLabセミナーレポート:ソーシャルメディアで愛される企業になる秘訣 ~Facebookページタイムライン化後のコミュニケーション戦略~|SMMLab]
(https://smmlab.jp/?p=9331)

4.ブランドに影響するかもしれないクレームにも素早く冷静に対応する

2013年、チロルチョコに関するとあるツイートが大きな反響を呼びました。
そのツイートはチロルチョコに芋虫が入ったということを写真付きで訴える内容で、1万回以上もリツイートされる騒ぎとなりました。

これに対してチロルチョコはおよそ3時間後に公式アカウントより、写真から察するに半年前に出荷された商品でかつ芋虫は生後30〜40日程度の幼虫ではないかと指摘したツイートを発信します。
合わせて日本チョコレート・ココア協会のウェブサイトによる「虫の混入のほとんどは家庭で起こる」といういう見解を述べたページURLを案内し、そのツイートは7000回以上リツイートされました。

SNS上でのクレームは企業として対応できないままに拡散されてしまい、企業のブランドへも大きな影響を及ぼす可能性があります。
そんな中、冷静かつ素早く反応したチロルチョコ株式会社の対応には見習うべき点があるでしょう。

参考:
[賞賛と炎上を分けるもの|cnet Japan]
(https://japan.cnet.com/article/35034620/)

まとめ

チロルチョコ株式会社のメイン商品であるチロルチョコは1個10円からという低価格ながらパッケージや味を工夫する事で無数の商品ラインナップを揃えています。
そのように無数の商品ラインナップを展開しているのには、子供向けに絞る事なく、全年代向けに展開しようという考えがうかがえるでしょう。

創業時にメインの販売チャネルだった駄菓子屋が減少していくのに合わせて、子供だけでなく全年代向けの商品としてコンビニやスーパーマーケットまで販路を広げたことでチロルチョコは駄菓子とは異なる成長を遂げました。

自社の商品のターゲットを特定してこり固まるのではなく、柔軟な発想でターゲットを見直した点は多くの企業担当者にとっても見習えるでしょう。
また、SNS上でも積極的に情報を発信し多くのファンを生み出しているのも特徴です。
こういった既成概念にとらわれず、消費者に対して誠実に向き合い続けるマーケティングが同社の成長を支えていると言えるでしょう。