自社のホームページ内に掲載している情報が増えてくると、ユーザーの欲している情報をいかに見つけてもらうかが課題となってきます。
ナビゲーションを工夫するのはもちろん、サイト内に検索窓を設置するのも有効な対策でしょう。ですが、エンジニアでない限り、自分で検索機能を開発するのは難しいでしょう。

そんな時に役に立つのが、Yahoo!JAPANやGoogle「カスタムサーチ機能」です。

今回は、Yahoo!検索カスタムサーチの設定方法を紹介します。
Yahoo!検索カスタムサーチでは、自分で細かくデザインや検索対象を設定できます。
また、設定方法に難しいプログラムの知識はいりません。検索結果に他社の広告が表示されることもないので、企業のホームページでも利用しやすいでしょう。

サイト内検索とは

ホームページ上から、自分の好きな情報を探したい時に利用できるのが「サイト内検索」です。
情報が掲載されているホームページはわかっていても、探したい情報がホームページ上のどこにあるのかわからない際に重宝します。

総務省.png
http://www.soumu.go.jp/

例えば、総務省のホームページだと上記のように検索窓が設置されます。
検索窓から探したいキーワードを入力すると、下記のように表示されました。

総務省|検索結果(総務省サイト内検索).png
[検索結果(総務省サイト内検索)|総務省 ]
(http://www.soumu.go.jp/schresult.html?q=%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%80%9A%E4%BF%A1%E7%99%BD%E6%9B%B8%E3%80%80%E5%B9%B3%E6%88%9026%E5%B9%B4)

サイト内検索機能を設置するには、自社で開発する方法のほかにGoogleやYahoo!JAPANのカスタムサーチを利用する方法があります。

通常、GoogleやYahoo!JAPANでは、ホームページ上に公開されているすべてのページを対象に検索を行います。カスタムサーチでは検索対象となるページを指定し、絞り込んだ結果を表示できます。

検索エンジンと同じレベルの高機能な検索が行えるだけでなく、基本料金は無料なので導入しやすいのがメリットでしょう。

Googleカスタム検索エンジンとYahoo!検索カスタムサーチの違い

Googleが提供している「Googleカスタム検索エンジン」と異なり、*「Yahoo!検索カスタムサーチ」は無料プランでも広告が表示されません。

Googleカスタム検索エンジンの場合、非営利団体及び教育機関での利用を除き、サイト内検索であっても検索結果に他社の広告が表示されます。
特に企業のホームページでカスタムサーチを使う場合、サイト内検索で他社ホームページ広告が表示されてしまうのは避けたいところでしょう。

一方で、Googleカスタム検索エンジンに表示される広告がクリックされた場合、検索エンジンを設置しているホームページの運用元の収益になります。
もし、サイト内検索エンジンで収益を得たいのなら、Yahoo!検索カスタムサーチではなく、Googleカスタム検索エンジンを利用しましょう。

参考:
[Yahoo!検索 カスタムサーチについて|Yahoo!検索 カスタムサーチヘルプ ] (https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/535/a_id/41820/faq/pc-home)
Google カスタム検索