SNSで画像を投稿する際や動画広告を運用する中で「横型と縦型のどちらがいいのだろう」という疑問を抱いたことはありませんか?

Facebook広告やインスタグラムの「ストーリーズ」でも縦長の動画を利用できるようになり、従来の横型での広告運用に迷いを持ち始めた方もいるかもしれません。
では、縦型と横型にはそれぞれどういったメリットがあるのでしょうか。

今回は、縦型動画が注目されている背景を解説した上で、横型動画と使い分けるポイントについて解説します。

縦型動画が注目されている背景

そもそも何故、Facebookやインスタグラムで縦長の画像が利用できるようになったのでしょうか。それにはスマートフォンの普及が背景にあります。

スクリーンショット_2017-07-14_18.31.03.png
引用:平成 28 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

総務省の「平成28年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、パソコンによるインターネット利用時間は2012年からほぼ横ばいで推移しているのに対して、スマートフォンのようなモバイル端末での利用時間は年々増加傾向にあります。

特に休日の場合、2012年にはパソコンでの利用時間に対するモバイルの利用時間は1.5倍ほどだったのに対して、2016年には3倍以上にもなっているのが分かるでしょう。

モバイルを利用するユーザーが多くなってきた中で、ネットでの動画鑑賞やホームページの閲覧も「いかにモバイルから使いやすいか」という点が重要になっています。
なかでも、SNSのようなスキマ時間で見ることの多いコンテンツは、スマートフォンを縦にしたままでも見やすい縦型動画・画像が採用されているのでしょう。

縦型動画・画像を採用しているサービス

では、縦型動画・画像を採用しているサービスにはどういったものがあるのでしょうか。
3つのサービスについて見てみましょう。

1.インスタグラム ストーリーズ

Instagram_Stories_-_Watching.jpg
引用元:[インスタグラム、「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表 | Facebookニュースルーム] (https://ja.newsroom.fb.com/news/2016/08/instagram_instagramstories/)

インスタグラムには「ストーリーズ」と呼ばれる、24時間で投稿が削除される特別なコンテンツがあります。
ストーリーズでは画像や短い動画を撮影し、イラストを書き加えて投稿できます。

24時間で消えるコンテンツと言うこともあり、リアルタイムで撮影するライブ動画のように使用できるのが特徴でしょう。また、ストーリーズに対して広告を出稿することもできます。広告でも同様に縦型の動画を使用できます。

参照記事:
【2016年アップデート最新情報】インスタグラム「ストーリー」の撮影・描写・シェアまでの手順を解説|ferret [フェレット]
[Instagram広告の基本 | Facebookヘルプセンター] (https://www.facebook.com/business/help/976240832426180)

2.Facebook広告

ブランドや製品の魅力をフルスクリーンで伝えるモバイル専用の「キャンバス広告」を正式リリース___Facebook_for_Business.png
[ブランドや製品の魅力をフルスクリーンで伝えるモバイル専用の「キャンバス広告」を正式リリース | Facebook for Business] (https://www.facebook.com/business/news/JA-introducing-canvas)

Facebook広告では、縦型の画像や動画に対応しています。
なかでも、広告形式の1つである「キャンバス広告では、スマートフォン向けにフルスクリーンで画像や動画を表示できます。

Facebookのニュースフィードでは横長に表示され広告をクリックすることでフルスクリーンに切り替わるのが特徴でしょう。
スマートフォンの画面を埋めてしまう縦型画像は。ユーザーの求めていないタイミングで表示されてしまうとストレスにつながりかねません。
こういったワンクッションをおく表示方法は、優れたUXにもつながるでしょう。

参考:
[動画の再生: Facebook動画 | Facebook広告ガイド] (https://www.facebook.com/business/ads-guide/video-views?toggle0=%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%88)
キャンバスは、スマートフォンとタブレットでは動作に差がありますか。 | Facebookヘルプセンター

4.C CHANNEL

深みのあるオトナの輝きを…♡金箔が美しい「ゴールドペンダント」を身につけたい!___C_CHANNEL.png
https://www.cchan.tv/watch/0d1838d02b5c4c10b6d6b7442d4b9a6b/

「C CHANNEL」は料理やメイク、DIYなどのノウハウを動画として配信している女性向けのメディアです。
縦型での動画を配信しており、撮影にもスマートフォンを利用しているのが特徴でしょう。

動画が縦型の場合、片手でスマートフォンを持ちながら、もう片方の手で動画で説明されているノウハウを試すといったことも可能になります。
「C CHANNEL」でもハウツー系の動画を参考にするユーザーが多く、広告でありながらも高いエンゲージメント数を実現しています。

参考:
縦型動画の強み、C CHANNEL×LODEO「【最先端】スマホ動画活用セミナー」 | Exchangewire Japan
2016年の最新トレンド「縦型動画」の特徴と成功事例 | 動研 | Viibar
[縦型動画広告の可能性と課題 | ロカリサーチ] https://lokaplatform.com/blog/insight/2017/05/21/vertical-video-rising/
[縦型動画と横型動画の違いって何? サービスを見比べて考えてみた (1/2):MarkeZine] (http://markezine.jp/article/detail/26022)

縦型と横型はどう使い分けたらいい?

では、縦型と横型はどのように使い分けたらいいのでしょうか。

スクリーンショット_2017-07-14_19.53.44.png

上記は、全く同じ横幅で縦型の画像と横型の画像を並べたものです。
スマートフォンから見た場合、縦型の方がより大きく画面を埋めることが分かるでしょう。
また、構図から見ても縦型の場合は人物が大きく写りますが、横型には背景が画面を占めていることがわかります。

例えば、立っている人物を撮影する場合、縦型の方が全身が写りファッションやスタイルを魅力的に見せられます。一方、自然風景といった奥行きのある画像では、横型の方がより広い世界観を見せられるでしょう。

スマートフォン向けに画像や動画を大きく見せたい場合だけでなく、撮影対象によっても縦型に向いているものと向いていないものがあります。

自社が発信したい情報に合わせて使い分けることが必要でしょう。

まとめ

従来の横型画像・動画と異なる縦型の画像・動画が普及してきた背景には、スマートフォンの普及が影響しています。

普段から縦の状態で使用されているスマートフォンでは、コンテンツを楽しむ場合でも縦型の方はユーザーにとってストレスにならずに楽しめます。特に時間をかけて自宅で見るような長時間の動画でなく、外出先で見るようなSNSでは縦型画像・動画との相性がいいでしょう。

ただ、もともと横型で想定していたコンテンツをそのまま縦型で撮影してしまうと、魅力が落ちてしまう可能性もあります。縦型で映える構図を意識してコンテンツを制作しましょう。