※本記事は、2017年8月24日に公開された記事をマケスト提供により一部再編集を行っております。

全世界で7億人を超えるインスタグラムは日本国内でも利用者数を拡大しています。
総務省が2016年に行った「平成 28 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によるとインスタグラムの利用率は全年代で20.5%となり、2015年の調査から6.2%もの上昇を見せています。

このような背景の中で、インスタグラムのアカウントを開設した企業もいるでしょう。
ですが、いざインスタグラムを運用してみると「リポスト」や「#f4f」「バトン」など特殊な用語が使われていて混乱してしまう方もいるかもしれません。

今回は、インスタグラムを活用するために最低限おさえておきたい16単語をご紹介します。
公式が発表している単語だけでなく、ユーザー同士で利用されている俗語までまとめたので、これからインスタグラムを学ぼうという方は確認しておきましょう。

参考:
[Facebook社 2017年第2四半期(4月-6月)業績ハイライト | Facebookニュースルーム] (https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/07/second-quarter-results/)

目次

  1. 投稿に関わる用語
  2. ハッシュ タグ関連の用語
  3. ユーザーに関わる用語
  4. まとめ

投稿に関わる用語

1.いいね

投稿に対してユーザーが「いいね」と感じた際に利用する機能です。
投稿に含まれるハート型のボタンをクリックすることで「いいね」がつけられます。

2.ポスト(post)

投稿のことを指します。
インスタグラムに投稿すること「ポストする」と表現します。

3.リポスト(Repost)

インスタグラムにおける「リポスト」とは、他のユーザーの投稿を利用して再投稿する形式を指します。

インスタグラムの公式アプリにはリポスト機能はなく、第三者が提供しているリポスト用のアプリを利用して投稿します。

参考:
インスタでも投稿をシェアできる!「リポスト」の仕組みとリポストを利用できる3つのアプリ|ferret [フェレット]

4.ストーリー

「ストーリー」はインスタグラムの機能であるストーリーズを利用した投稿を指します。
ストーリーは投稿後24時間経過すると自動で削除される投稿形式であり、通常投稿とは異なる独自のタイムラインへも投稿可能です。

参考:
[インスタグラムの新機能「ストーリーズ」の使用方法を徹底解説|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/4871)

5.バトン

ユーザー間で特定のテーマを出題し、テーマに沿った投稿を行うことを「バトン」と言います。インスタグラムでは、投稿内容に「#バトン」というタグと出題したい相手を明記してやり取りされています。

例えば「#ブルーバトン」というバトンの場合は、指定された相手は青色に関連した画像と出題したいユーザーを明記して投稿します。
バトンを渡されたユーザーが止めない限り、リレーのバトンのようにずっとユーザー間をつなぎ続けるのが特徴です。

参考:
[なぜ、女子高生はInstagramで「バトン」をするのか? |CNET Japan] (https://japan.cnet.com/article/35093065/)

6.インスタジェニック

インスタジェニックとは写真写りのいい状態を指す「フォトジェニック」が転じた言葉で、「インスタグラムに映える品物や風景」を指します。

参考:
「理想の自分を演出できるか」が鍵?インスタジェニックな商品事例5選|ferret [フェレット]

ハッシュタグ関連の用語

7.ハッシュタグ

ハッシュタグとはタグ付けのために投稿内に記載する「#」を含んだ単語を指します。
例えば、ユーザーが行きつけのカフェの外観を投稿する場合、その投稿文には「#カフェ」や「#おしゃれ」などのハッシュタグがつけられるでしょう。

ハッシュタグを指定した検索を行えば、そのハッシュタグが使われている投稿を探し出すこともできます。

参考:
[ハッシュタグの使用方法を教えてください。 | Instagramヘルプセンター] (https://www.facebook.com/help/instagram/351460621611097)

8.日本語ハッシュタグ

日本語ハッシュタグとは、日本語で表記されたハッシュタグを指します。
インスタグラムの場合、世界中にユーザーが存在するため「#love」や「#cute」といった英語のハッシュタグも多く利用されています。

日本語のハッシュタグは、日本語でハッシュタグ検索を行うユーザーに対してアプローチを行えるのが特徴でしょう。

9.絵文字ハッシュタグ

ハッシュタグには、絵文字を利用することもできます。
絵文字は日本だけでなく、海外でも利用されているため、言語に縛られないハッシュタグとして運用できるのが特徴です。

参考:
実は世界共通?絵文字(emoji)の仕組みとマーケティングでの活用方法を解説|ferret [フェレット]

10.#insta○○

ユーザーが利用しているハッシュタグの中には、特別な意味を持つものがあります。
「#instafood」や「#instagood」といった「#insta○○」は、〇〇に入る品物をインスタグラムに投稿する際に利用されることが多いハッシュタグです。

例えば「#instafood」の場合、食べ物に関する投稿に対して利用します。

12.#f4f

「#f4f」は「Follow for Follow」の略語であり、「フォローのためにフォローしてください」という意思表示に利用されています。「for」の部分を「4(four)」にかけた表現です。
また、同様の意味として「#fff」というハッシュタグも存在します。こちらも「Follow for Follow」の略語です。

13.#l4l

「#l4l」は「Like for Like」の略語であり「”いいね”のために”いいね”してください」という意味になります。相互にいいねし合いましょうという意思表示のために利用されまし。
同様の意味を持つものとして「#lfl」というハッシュタグも存在します。

14.#OOTD

「#OOTD 」は「Outfit of the day / Outfit of the night」の略語であり、「その日着ている服装」を指します。
特にファッション系のアイテムを取り扱う企業の場合、商品のコーディネートを掲載した投稿に利用したいハッシュタグです。

参考:
[Instagramの用語「#f4f」「#fff」「#lfl」「#l4l」の意味を解説! | ドハック] (http://dohack.jp/sns/what-f4f)
「#ootd」ってどんな意味?イマドキ女子が教える流行りのInstagramハッシュタグ7選 | THE RYUGAKU [ザ・留学]

ユーザーに関わる用語

15.ユーザーネーム

インスタグラムでは、自分の名前とは別に英数字で構成されたユーザーネームを設定します。他のユーザーと重複していても利用できる名前とは異なり、ユーザーネームは他のユーザーと同じものは設定できません。

ユーザーを検索する際に、アカウントを識別するための要素として利用されています。

参考:
アカウントを見つけることができません。または、ユーザーネームが分かりません。 | Instagramヘルプセンター

16.インスタグラマー

「インスタグラマー」とは、インスタグラムを利用しているユーザーの中でも、特に多くのユーザーにフォローされている影響力を持ったユーザーを指します。
ファッションブランドなどでは、インスタグラマーに自社の商品やサービスに関する投稿を行ってもらい、マーケティングに活かしている企業もいます。

参考:
【最終回】上達への近道 憧れインスタグラマーを探す:日経ウーマンオンライン【あこがれインスタグラム入門】
[インスタグラマーを活用する際の7つのチェックリスト | AdverTimes(アドタイ)] (https://www.advertimes.com/20161110/article238165/)

まとめ

インスタグラムは、画像を中心としたSNSのため「インスタジェニック」や「pic」など、画像に関連した用語があるのが特徴です。また、「#insta○○」や「#f4f」といったユーザーが独自に生み出した多彩なハッシュタグもおさえておきたいところでしょう。

こういった独自のハッシュタグはインスタグラマーと呼ばれる他のユーザーへの影響力が強いユーザーから生まれるものもあります。特に自社の商品やサービスとの関連性が高いユーザーは定期的にチェックしておき、ユーザーが利用している用語やハッシュタグをチェックしておくのもいいでしょう。

企業の特性を活かしたSNSマーケティングを実現![マケスト提供]

Instagramについて詳しく知る

Instagramが「日本経済に与える影響」を調査 その結果は?

Instagramが「日本経済に与える影響」を調査 その結果は?

Instagramはこのたび、国際的な第三者調査機関であるIPSOSによる「Instagramが日本経済に与える影響」の調査結果を発表しました。この調査で、インバウンド観光・中小規模ビジネス・女性起業家・若手起業家の4つの分野において、Instagramがどのような影響をもたらしているのか明らかになっています。

急成長するInstagramの動画と動画広告

急成長するInstagramの動画と動画広告

ソフトウェアを開発する株式会社ジャストシステムは、1月30日にマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で『動画&動画広告月次定点調査 2018年総集編』 を発表しました。これは、2017年6月から毎月1回行われている『動画&動画広告月次定点調査』について、2018年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直したものです。 全国の17歳から69歳の男女1100名を対象に行なわれています。今回は、その調査内容から視聴時間の伸びる動画市場とその中でも成長の著しいInstagramについて紹介と考察します。