近年、ビジネススキルを学べるセミナーや、同じ趣味をもつ人が集めるイベントなど、様々なイベントやセミナーが開催されています。とくに流行の移り変わりがはやい業界においては、イベントに参加して最新の情報を収集するのも有効な方法でしょう。

今回はFacebookでイベントやセミナーを検索する方法をご紹介します。さまざまなカテゴリのイベントを検索できるので、興味のあるものがないかチェックしてみてはいかがでしょうか?

Facebookイベントページとは

Facebookのイベントページとは、開催されるイベントを検索したり、参加申し込みができたりと、イベントに関する情報を探して、管理できる Facebook上で使えるサービスです。

イベントによって、イベントページ上で参加の可否を確認したり、Facebookイベントページにしか掲載されていなかったりすることがあります。

これまで見つけられなかったイベントが見つかることがあるかもしれません。
イベントを検索する方法を習得して、いろんなイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

イベントを検索する方法

Facebookでイベントを検索する方法をご紹介します。

「イベント」をクリックする

イベントページ.png
Facebookページを開き、画面左側にある「イベント」をクリックします。

イベントの日程またはカテゴリを選択する

イベントページ2.png
画面右側にイベントが開催される日程か、イベントのカテゴリを選択します。
イベントのカテゴリは下記の20種類が用意されています。
今回はネットワーキングをクリックします。

芸術・技術
慈善活動
工芸品
ダンス
飲み物
映画
フィットネス
食品
ゲーム
健康
住宅
文学
音楽
ネットワーキング
パーティ
宗教
ショッピング
スポーツ
劇場
ウェルネス

イベントの検索結果を見る

イベントページ3.png
ネットワーキングに関するイベントが表示されました。
画面左側に表示されている、時間、開催場所、カテゴリから再検索もできます。

イベントを作成する方法

Facebookのイベントページでは、イベントを検索するだけではなくイベントを作成できます。イベントにたくさん参加してみたら、自分でイベントを開催してみたくなったという方は、Facebookイベントページを作成してみるのもいいでしょう。

以下より、Facebookのイベントページを作成する手順をご紹介します。

Facebookページの「イベント」をクリックする

イベントページ4.png
Facebookページを開き、画面左側にある「イベント」をクリックします。

「イベントを作成」をクリックする

イベントページ5.png
画面左側または中央にある「イベントを作成」をクリックします。

イベントに関する基本データを入力して投稿する

イベントページ6.png
イベント情報を入力するページが表示されます。
入力する情報は下記の通りです。

イベント画像またはイベント動画
イベント名
場所
開始日時・終了日時
詳細
チケット
オプション

イベントページ7.png
情報を入力して「投稿する」を押すと、イベントの作成は完了します。

イベントを作成したら、友達に招待メールを送信する、「参加する」ボタンで参加の可否を確認する、「ディスカッション」機能でメッセージのやり取りをするといった機能を使えます。イベントを開催するときは活用してみるといいでしょう。

まとめ

Facebookのイベントページでは、カテゴリや開催される場所、日程によってイベントを絞り込むことができます。
これまでずっと興味があったけどなかなかイベントに参加する機会がなかったという方は、ぜひFacebookのイベントページで興味のあるイベントを見つけて参加してみてはいかがでしょうか?

イベントページは簡単に自分で作成することができます。いろんなイベントに参加した結果自分でイベントを開催してみたくなったという方は、イベントページを作成してイベントを主催してみるのもいいかもしれません。