運営しているホームページが、高齢者や色覚障がい者などどのようなユーザーでも操作しやすいものになっているか、チェックしたいと思ったことはありませんか?
そんな方にとって役立つツールが総務省が無料で提供している「miChecker」です。

今回は、Webアクセシビリティ評価ツール「miChecker」の基本的な使い方をご紹介します。
「miChecker」は高齢者や障がい者でも使いやすいWebコンテンツに関するJIS規格「JIS X 8341-3:2016」に合わせたホームページになっているかどうか、気軽に確認できるツールです。無料で利用できるので、ぜひこの機会に自社のホームページをチェックしてみましょう。

参考:
JIS X 8341-3:2016 解説|ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

「miChecker」とは

「miChecker」は、国や地方自治体などのホームページが誰にとっても利用しやすいものになっているのかチェックできるよう、総務省が提供しているWebアクセシビリティ評価ツールです。

評価基準には高齢者や障害者へ配慮したWebコンテンツについて定められている工業規格「JIS X 8341-3:2016」を採用しています。
「JIS X 8341-3:2016」はWeb関連技術の国際的規格を定めているW3Cが発表しているWebアクセシビリティのガイドライン「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」を元にしているため、国際的に見ても正しい評価を知ることができるでしょう。

参考:
[「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」及び「みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker Ver.2.0」の公表|総務省] (http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000074.html)
情報アクセシビリティの確保|総務省
[Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0] (http://waic.jp/docs/WCAG20/Overview.html)

miCheckerを利用する際の注意点

miCheckerはWindowsのみ提供されており、iOSなどの他のOSには対応していません。
また、以下のように利用環境が定められているので、インストールする前に自分のパソコンで利用できるか確認しておきましょう。

 【利用環境】
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
ブラウザ: Internet Explorer 11
メモリ: 1GB 以上 (2GB 以上を推奨)
ハードディスク空き容量: 250MB 以上
Java 実行環境: Java 32bit 版 Version 7 以上 (Version 8 を推奨)
※2017年8月30日現在

参考:
[みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0|総務省] (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/michecker.html)