運営しているホームページが、高齢者や色覚障がい者などどのようなユーザーでも操作しやすいものになっているか、チェックしたいと思ったことはありませんか?
そんな方にとって役立つツールが総務省が無料で提供している「miChecker」です。

今回は、Webアクセシビリティ評価ツール「miChecker」の基本的な使い方をご紹介します。
「miChecker」は高齢者や障がい者でも使いやすいWebコンテンツに関するJIS規格「JIS X 8341-3:2016」に合わせたホームページになっているかどうか、気軽に確認できるツールです。無料で利用できるので、ぜひこの機会に自社のホームページをチェックしてみましょう。

参考:
JIS X 8341-3:2016 解説|ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

「miChecker」とは

「miChecker」は、国や地方自治体などのホームページが誰にとっても利用しやすいものになっているのかチェックできるよう、総務省が提供しているWebアクセシビリティ評価ツールです。

評価基準には高齢者や障害者へ配慮したWebコンテンツについて定められている工業規格「JIS X 8341-3:2016」を採用しています。
「JIS X 8341-3:2016」はWeb関連技術の国際的規格を定めているW3Cが発表しているWebアクセシビリティのガイドライン「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」を元にしているため、国際的に見ても正しい評価を知ることができるでしょう。

参考:
[「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」及び「みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker Ver.2.0」の公表|総務省] (http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000074.html)
情報アクセシビリティの確保|総務省
[Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0] (http://waic.jp/docs/WCAG20/Overview.html)

miCheckerを利用する際の注意点

miCheckerはWindowsのみ提供されており、iOSなどの他のOSには対応していません。
また、以下のように利用環境が定められているので、インストールする前に自分のパソコンで利用できるか確認しておきましょう。

 【利用環境】
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
ブラウザ: Internet Explorer 11
メモリ: 1GB 以上 (2GB 以上を推奨)
ハードディスク空き容量: 250MB 以上
Java 実行環境: Java 32bit 版 Version 7 以上 (Version 8 を推奨)
※2017年8月30日現在

参考:
[みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0|総務省] (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/michecker.html)

「miChecker」の機能

2.PNG

「miChecker」では、左のウィンドウ上でホームページにアクセスし、右のウィンドウにレビュー画面が表示されます。画面下のウィンドウからは「概要レポート」と「詳細レポート」の2つの評価レポートを確認できます。

「miChecker」には、以下の2つの機能が搭載されています。

 【1.音声ユーザビリティの可視化】
 ホームページに音声読み上げ機能を追加した際に正しく読み上げられるかどうかのチェック
 【2.ロービジョンのシミュレーション】
 色覚障がい者の見え方のシュミュレーション

では、それぞれの機能を具体的に紹介していきましょう。

1.音声ユーザビリティの可視化

ホームページを読むのが難しいユーザー向けに音声読み上げ機能を導入した際に、正しく読み上げることができる設計になっているのかをチェックできます。

4.PNG

上記の画像のように、読み上げまでにかかる時間に合わせて色分けされた画面が表示されます。例えば「トレンドを知る」「リリースニュース」などのメニューが表示されているホームページ上部のタブでは、右にいくほど読み終えるまでの時間がかかることがわかるでしょう。

3.PNG

「miChecker」では、テキストの内容だけでなく、ロゴや画像もテキストに変換されて「操作可能」「理解可能」といった視点で要素ごとに評価されます。
概要レポートからは、上記のようにホームページに改善点があるのかどうかをチェックできます。修正点は詳細レポートから確認できるので、どの要素につまづきがあるのか把握しておきましょう。

2.ロービジョンのシミュレーション

特定の色の見え方が通常とは異なる色覚異常は本人でないとなかなか見え方が想像しづらいでしょう。「miChecker」では、以下のように視力、色覚異常の種類、年齢を設定し、ホームページの見え方をシュミュレーションできます。

5.PNG

例えば、40代で視力1.0の人であっても、第一色覚異常(赤色覚異常)の場合は下記のような見え方の違いが現れます。
画像右のウィンドウに表示されている色覚異常の場合の見え方では、「RSSを購読する」と書かれたオレンジ色のボタンと「LINEで友達になる」と書かれた緑色のボタンが同じような黄緑色になっているのがわかるでしょう。

9.PNG

詳細レポートからは見えづらい色の組み合わせを利用している部分が具体的にわかります。
見えづらさの深刻度も表示されるので、修正を行う際は参考にしてみましょう。

まとめ

「miChecker」では主に以下の2つの機能が利用できます。

・音声ユーザビリティの可視化
 ・ロービジョンのシミュレーション

それぞれの機能の操作方法は、miCheckerインストール後に表示される説明書から確認できるので合わせて参考にしてみてください。

色の組み合わせやテキストのコントラストを変えることで、ユーザーのアクセシビリティは向上します。特に視力や色覚異常の種類、年齢を設定してホームページの見え方をチェックできるシミュレーション機能はWebデザインにおいても参考になるでしょう。

色覚異常と呼ばれる通常の見え方とは異なる色の感じ方をしている人は、日本人の場合、男性で約5%、女性で0.2%いるとされており、決して無視できる存在ではありません。ぜひこの機会に自社のホームページのアクセシビリティを考えてみてはいかがでしょうか。

参考:
[目の病気 先天色覚異常|日本眼科学会] (http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_senten.jsp)