成果が出るホームページを構築するうえで欠かせない概念の1つに「UIユーザーインターフェース)/ UXユーザーエクスペリエンス)」があります。一緒に語られることの多いUIUXのそれぞれの単語の意味の違いについて、しっかり理解していますか?

デザイナーの方は理解されている方が多いと思いますが、デザイナー以外の方も、UI/UXについてしっかり理解しておかないと、デザイナーとのコミュニケーションに齟齬が生じてしまう可能性があります。

今回は、意味を混同してしまいがちなUIUXについて解説します。

UI(ユーザーインターフェース)とは?=ユーザーとサービスとの接触面

UIは「ユーザーインターフェース(User Interface)」の略です。Interfaceとは「接点、接触面」という意味で、UIユーザーと製品・サービスの接触面を指すので、「ユーザーの目に触れる部分使用する部分」はすべてUIとみなすことができます。

***

Webサイトの場合、パソコンやスマートフォンに表示されるデザイン、フォントなど、製品であれば製品そのものや外観など、ユーザーの視覚に触れる全ての情報が「UIユーザーインターフェース)」と呼ばれます。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは?=ユーザーがサービスを利用して獲得できる体験

よくUIと同列に語られるものとして、UXがあります。UXは「ユーザーエクスペリエンス(User Experience)」の略です。Experienceとは「体験、経験」を意味し、UXとは「ユーザーが製品・サービスを通じて得られる体験」を指します。

***

例えばWebサイトの場合、

  • デザインがキレイ
  • フォントが読みやすい
  • お問い合せフォームや購入ページまでの導線がわかりやすい

といったWebページの印象で変わる表層的な部分から、

  • 商品を注文したらすぐに届いた
  • 対応が丁寧だった
  • 商品のクオリティが高い

というようなサービスの質に関わる部分も「UX」です。サービスを利用する一連の行動の中で、ユーザーが感じたこと全てがUXになると捉えましょう。

UI(ユーザーインターフェース)はUX(ユーザーエクスペリエンス)を高めるための1つの要素

UI/UXとセットで語られることが多いため誤解を生みやすいのですが、上記で解説したとおり、UIUXは単純にセットで語れるようなものではありません。

ユーザーにより良い「体験」をしてもらうには、優れたUIが欠かせません。ユーザーとの接触面であるUIを蔑ろにして、ユーザーにとって非常にわかりにくい構成にしてしまうと、ユーザーは自然と離れてしまうからです。

しかし、ユーザー体験を得られるのは「UI」の部分だけではありません。例えばECサイトの場合、商品購入から到着までのスピードや対応の良し悪し、商品やサービスそのものの質もUXに含まれます。

つまり、UIUXを高めるための1つの要素に過ぎません。UXを高めたいのであれば、UIだけに固執せず、ユーザーにコンバージョンしてもらうためにはどのような感情を喚起すればいいのかを考えましょう。