まとめ

「UGC(ユーザー生成コンテンツ)」は、ユーザーの投稿を活用するため、一般的な広告クリエイティブや、精巧な写真よりも自然に受け入れられやすいという特徴があります。その為、SNSとの親和性が高くシェアを生みやすいため、SNSマーケティング施策の手段として活用できるでしょう。

一方で、「ユーザー個人の投稿」を利用することから、あらかじめ二次利用に関する許諾を得た上で、投稿された内容が何らかの盗作ではないかといったチェックも必要です。また、広告のクリエイティブとして利用する際はステルスマーケティングにならないように注意しましょう。