インスタグラムは2017年4月に全世界のユーザー数が7億人を突破し、日本国内でも1,600万人を超えるユーザーに利用されています。

ユーザーとの接点の1つとしてインスタグラムを活用しようという企業の方も多いのではないでしょうか。ですが、いざインスタグラムのアカウントを開設しても、投稿に対して「いいね」がつかず、途方に暮れている方もいるかもしれません。

今回は、女性向けスマートフォンケースを販売しているネットショップでハッシュタグを変更しただけで「いいね」数を15%増加させた事例をご紹介します。

参考:
[Facebook社 2017年第2四半期(4月-6月)業績ハイライト | Facebookニュースルーム] (https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/07/second-quarter-results/)
[フェイスブック、日本の利用者2700万人に|日本経済新聞] (https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HML_V10C17A2000000/)

※記事で紹介しているサービス名称やサービス内容は2017年9月時点のものです。

事例紹介:phocaseとは

スマホケース·カバーをもっとおしゃれなデザインに♡___phocase_フォケース_.png

「phocase(フォケース)」はAndroidを中心としたスマートフォンケースに特化したネットショップです。メインターゲットは20代〜40代の女性であり、ホームページの集客チャネルの1つとしてSNS(LINE@、Facebook、インスタグラム)を活用しています。

中でも、インスタグラムは2014年1月という早期から運用を始めてきました。
ですが、運用当初は投稿に対して「いいね」がつかず、ユーザーからポジティブな反応が得られていないという課題がありました。

phocase(フォケース)さん__phocase__•_Instagram写真と動画.png

過去に行った施策

2014年1月〜2017年3月まで、フォケースでは基本的に自社の商品を購入したユーザーの投稿を使って再投稿する「リポスト」を用いた投稿をメインとして行ってきました。
ですが、それではユーザーの投稿内容に依存してしまうため、4月以降は自社で作成した内容を投稿しています。

自社で投稿するにあたって行った施策の一部を紹介しましょう。

1.実際に撮影した写真を投稿に利用するように変更→工数がかかりすぎて断念

投稿に対して「いいね」を得るための施策として、それまでのデザイナーが作成した画像から、以下のような実際に撮影した画像に変更しました。

. スマホケース紹介
?【Macaron】?
.
女の子の大好きなパステルカラーのキュートなマカロンが プリントされたオシャレなデザイン??? 乙女ゴコロをくすぐる可愛さ200%のケースを持てるのは女子の特権です? .
【Macaron】のスマホケースに進みたい方は
こちらから⬇️⬇️⬇️
https://goo.gl/nBomZx
.
#大人女子 #iPhone #Xperia #Galaxy #ARROWS #AQUOSPHONE #スマホケース #スマートフォンケース#iPhoneケース #手帳型ケース #ハードケース #cute #cawaii #phocase #yolo #happy #l4l #l4f #マカロン #pierreherme #ピエールエルメ #spur #maisonladuree #スイーツ女子 #スイーツ #お土産 #東京 #表参道 #青山 #銀座

phocase(フォケース)さん(@phocase)がシェアした投稿 -

ただし、こちらの施策は数枚の画像を用意するためだけにアイテムを揃え、配置を考え、撮影するという作業に工数がかかりすぎることが問題でした。

【実際にかかっていた工数】
 撮影 2〜3枚あたり2~3時間×1日2投稿=2投稿あたり1日4〜6時間。

そのため、画像を自社で撮影するのは難しく、デザイナーが作成した画像に戻すこととなりました。

2.画像デザインの統一

スクリーンショット_2017-09-12_17.33.31.png

自社で写真を撮影するには工数がかかりすぎるため、デザイナーが作成した画像への変更を行いました。ですが、投稿によって画像デザインがまちまちであり、スマートフォンケースのデザインが目立たない投稿も多くありました。

そのため、背景は白をベースとしたものに統一し、ケースのデザインが目立つように変更しました。

スタッツ___navista.png
上記は、インスタグラム分析ツール「ナビスタ」を利用して、画像の変更を行った時期の中で、もっとも「いいね」を獲得した投稿の「いいね」数を抽出したものです。

※「ナビスタ」は2018年にサービス終了しています。

撮影した画像を利用した際には「いいね」が伸びているものの、デザイナー作成による画像へ切り替えたタイミングで減少しているのがわかるでしょう。

今回行った施策1.ハッシュタグを人気のものに変更

画像に対する施策を行ってきた上で、さらに「いいね」を増やすためには投稿内容自体を変えるしかありません。
ですが、投稿文は投稿する人の文章スキルに依存するため、なかなかすぐに成果の出るものではないでしょう。
そのため、文章スキルに依存することがないハッシュタグへの施策を考えることとなりました。

「#(ハッシュタグ)」とは、単語の前に「#」をつけることで、投稿に対してタグをつられる仕組みです。ハッシュタグを指定した検索も可能であり、自分の気になる投稿内容だけをチェックできます。

参考:
インスタグラムで「いいね」が付く投稿のパターンとは?女性向けネットショップ5アカウントを分析してみた|ferret [フェレット]

施策の内容

女性向けネットショップによる投稿の中でも「いいね」が多くついているものには、「#like4like」や「#プチプラ」といった人気のハッシュタグが目立ちます。
そのため、ハッシュタグを人気のあるものに変更することで、ハッシュタグ経由で検索してきたユーザーが増加し、結果として「いいね」も増えるのではないかという仮説を立てました。

施策を行う前までは、ハッシュタグは30個中13個ほどが機種名などスマートフォンに関連した単語でした。また「いいね」を促す「#l4l」やフォローを促す「#l4f」というハッシュタグが目立ちます。

ですが、これらのハッシュタグが実際にどの程度のユーザーが利用しているかは計測していませんでした。
そこで、キーワードに合わせてオススメのハッシュタグを検索できる「ハシュレコ」とハッシュタグごとの投稿数を調べられる「インスタツール(insta-tool)」を用いて、多くのユーザーに投稿されている人気のハッシュタグを用いるように変更しました。

【投稿するハッシュタグの選び方】
 1.投稿内容に合わせたキーワードを「ハシュレコ」で検索
2.ハシュレコでオススメされたハッシュタグのインスタグラム上での投稿数を「インスタツール」を使って検索
3.投稿数の多かったハッシュタグを挿入

下記は、投稿に対してつけるハッシュタグのリストです。
人気のハッシュタグを抽出している8/21以降は「#instalove」や「#tagsforlikes」といった200万以上投稿されている人気のハッシュタグへと変更しています。
phocase_insta_広告___Google_スプレッドシート.png

施策の結果

【ハッシュタグを変更する前】 公開後1日間の最大「いいね」数:123
スクリーンショット_2017-09-12_19.04.29.png

【人気のハッシュタグに変更後】 公開後1日間の最大「いいね」数:123
スクリーンショット_2017-09-12_19.04.39.png

上記は人気のハッシュタグに変更する前と変更した後の投稿に対する「いいね」数を比較したものです。ともに、公開1日後に投稿に対してつけられた「いいね」は123であり、「いいね」数は増加していません。

参考:
[インスタグラムの人気ハッシュタグ調査ツール5選|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/8087)

施策2:ハッシュタグを検索されやすいライフスタイルに寄せた内容に変更

人気のハッシュタグが「いいね」に影響しないという結果を受け、メンバーでは改めてハッシュタグの仕組みから考えてみることにしました。

ハッシュタグユーザーに検索してもらうことで、投稿をみつけてもらう仕組みです。
そのため「インスタグラムで多くの人が投稿しているか」ではなく「ユーザーが検索したくなる内容のハッシュタグか」が重要なのではないかと仮説を立てました。
Untitled.png

施策の内容

そこで、実際にユーザーがインスタグラムで検索を行うジャンルのハッシュタグにはどのようなものがあるか調査してみました。

スクリーンショット_2017-09-12_19.33.24.png
引用:女性Instagramユーザーの約6割がハッシュタグ検索を利用、 そのうち約4割が検索からの購買経験あり ~ハッシュタグ検索は「購入」を目的として活用される傾向に~|株式会社サイバー・バズ

上記のグラフは、株式会社サイバー・バズが2016年8月に10代から40代までの女性を対象に行った「女性ユーザーのSNSを活用した購買行動調査」の結果です。
インスタグラムでハッシュタグの検索を行う際にもっとも多いものは「趣味・ライフスタイル系ハッシュタグ (#おうちごはん,#城巡り,#女子旅,宅飲み など)」であり、次点に「人名、動物名」「地名・店舗名・イベント名」が続きます。

この調査結果をもとに、フォケースでも以下のように、ライフスタイルに関係する内容のハッシュタグを含んで投稿を行うこととしました。
4.png

施策の結果

【人気のハッシュタグに変更後】 公開後1日間の最大「いいね」数:123
スクリーンショット_2017-09-12_19.04.39.png

【ライフスタイルに寄せたハッシュタグに変更後】 公開後1日間の最大「いいね」数:141
スクリーンショット_2017-09-12_19.41.14.png

上記はライフスタイルに関連した内容のハッシュタグに変更する前と変更した後の投稿に対する「いいね」数を比較したものです。
変更後の公開1日間の最大「いいね」数は141となり、変更前より14.6%もの増加となりました。特に以下の投稿では、アカウント運用以来初めて公開3時間で100「いいね」を獲得するという優れた結果が現れました。

. スマホケース紹介
☕︎【ブレイクタイムコーヒー】☕︎
.
カフェのドリンクをモチーフにしたPOPなイラストがかわいらしいデザイン♥️♥️♥️ このケースを持っていればコーヒー好きをバッチリアピールできちゃいます?⭐️ . 商品名:【ブレイクタイムコーヒー】 素材:ハードケース、手帳型ケース、クリアケース、ミラーケース 値段:¥2,680~ . 【ブレイクタイムコーヒー】のスマホケースに進みたい方は
こちらから⬇️⬇️⬇️
https://goo.gl/PaiyhB . #スマホケース#手帳型ケース#ハードケース#格安スマホ#アンドロイドケース#galaxyケー#xperiaケース#ファッション#rienda#おしゃれさんと繋がりたい#ママコーデ#phocase#プチプラ#グリッターケース#ピンク#ゆめかわいい人と繋がりたい#ジェルネイル#ママコーデ#ママ友#wear#プレゼント#誕生日#ootd#wedding#フラペチーノ#スターバックス#カフェ好き#ネイル#cafe大好きお姉さん #コーヒー

phocase(フォケース)さん(@phocase)がシェアした投稿 -

まとめ

今回行った施策では、ハッシュタグを変更しただけで、それ以外は投稿内容や投稿するタイミングを変えてはいません。

施策の結果、ユーザーが検索するであろうライフスタイルに関連したハッシュタグを設定すること投稿につけられる「いいね」数が14.6%増えました。一方で、多くのユーザーが使う人気のハッシュタグをつけたからといって、いいねが増えるわけではないという結果も得られました。

ユーザーが検索するであろうハッシュタグを投稿につける際には、ユーザーがなぜその検索を行うのかを考えるのが重要です。
検索されやすいハッシュタグをつけただけでは、ユーザーが知りたい・見たい情報とのズレが発生してしまいます。それではユーザーも投稿に対して「いいね」をつけたくはならないでしょう。
画像の質を高めたり、投稿文の質を高めるには工数もスキルも必要です。
「いいねを獲得したいけど写真や文章のスキルはないし…」という方は今回紹介した事例をもとに、ハッシュタグを変更してみてはいかがでしょうか。