一般的に、「笑顔が映っているとエンゲージメント率が高い」傾向にあると言われていますが、なぜ笑顔があるだけでエンゲージメント率が高くなるのか理解できているでしょうか。

Webマーケティングは、数値によって科学的に説明できるものと、人間の感情に左右される心理学的なアプローチの両方が必要とされます。
Web担当者であれば、数字を分析する能力だけでなく、心理的な効果も理解しておくとより良い施策を行えます。

今回は、画像に人の顔を入れることでエンゲージメントが上がる理由と効果的な使い方を解説します。

笑顔がもたらす効果

SMILE.jpeg
画像引用元:pexels.com

例えば、以下のような状況を想像してみてください。
今日、会社に行ったら、上司がとてもイライラしており、怒鳴り散らしていたら──
そのような状況下で働いていたら、チームのメンバーも朝からいい気分ではないでしょう。

オハイオ大学やハワイ大学の研究によれば、チームや一緒に過ごしている知人同士で会話をしていたり仕事をしているときに、人の感情が波動のように共鳴し、似たような感情になるといいます(これを「感情接触感染」(emotional contagion)といいます)。

ある人の感情に起因する現象・またはある人の感情が直接的なトリガーとなって、自分の心理がそれを自動的・無意識的に真似をしてしまう、これが感情接触感染が起こる仕組みです。

感情が感染する、という事実は、セールスや実学の世界でも実践されており、1937年にナポレオン・ヒルが著した『思考は現実化する』(Think and Grow Rich)でも、「積極的心構え」(Positive Mental Attitude)を持つことが成功に不可欠だと書かれています。

また、さらに遡れば、ローマ皇帝でストア派の哲学者でもあったマルクス・アウレリウス帝も『自省録』(Ta eis heauton)で、「ある出来事が起こっても、解釈次第で、笑顔にもなれば、心が痛みもする。だからこそ、心のレンズを調整して笑顔になり、人間関係を修復しよう」という趣旨の内容が書かれており、笑顔の持つ効果が描写されています。

モノよりも人の顔の方がエンゲージメントが高くなる?

人間は、相手の目を見てその人の感情を読み取ろうとする「クセ」があるので、人間がホームページ上の画面に登場するとつい見てしまうのです。

人の写真を入れるだけで、その人物と視線が合い、その情報があたかも自分と関係があるかのように思えます。
そのため、アイキャッチ画像をはじめとするさまざまな画像で人の画像、特に笑顔を入れると効果が高くなる傾向にあるのです。

男性の人物の写真は誠実・信頼感を表現し、女性の人物の写真は柔らかく、安心感を与える効果があると言われています。

baby.jpeg
画像引用元:pexels.com

もっとも効果的なのは「赤ちゃんの笑顔」です。
丸い目・丸い顔・丸い鼻など、あらゆる特徴を「丸み」で説明できるように、視線が合えば、どんな性別・年齢層であっても「癒し」を与えます。
モノを売るという行為において、最も大きな敵は緊張であると言っても過言ではないので、癒しや安心感を与える赤ちゃんの写真は自己啓発書を中心として書籍などでも表紙になったりしています。

ただ、どんな場合でもとりあえず「赤ちゃん」の写真を使えばいい、というわけではありません。
ターゲットやニーズに応じて、ケースバイケースで人物の写真を使い分けるようにしましょう。