2013年頃から徐々に生活の中に浸透し始めているスマートウォッチ、皆さんはチェックされているでしょうか。
今後普及するだろうと予測されるウェアラブルデバイスの中でも、スマートグラスとスマートウォッチは特に注目されている分野です。

昨年9月にAppleから初のスマートウォッチ「Apple Watch」が発表されています。
日本でも4月10日より予約開始、4月24日から発売予定となっており、にわかにスマートウォッチへの注目が高まっています。

参考:
伊勢丹新宿店、4月10日に向けてApple Watch売り場の工事開始! - iPhone Mania

ただ、今までに無かった新しいデバイスであるスマートウォッチはどういう機能を持っていてどういう使い方をすればいいのか、しっかり把握できている方はまだ少ないのではないでしょうか。

今回は、スマートウォッチの概要と現状について理解できる記事をご紹介します。スマートウォッチに無頓着だった方もこれを機会に理解を深めてみましょう。

1.スマートウォッチは、スマートフォンの延長線上にあるデバイス

スマートウォッチは、スマートフォンの延長線上にあるデバイス
スマートウォッチって必要? 便利なの?① | フリック!ニュース /Flick!News

現状のスマートウォッチは、スマートフォンをさらに便利に使うためのデバイスです。
各メーカーのスマートウォッチによって機能の差はありますが、基本的には自身が持つスマートフォンと同期させ、メールや電話の着信をスマートウォッチ側で受け取ることでスマートフォンを取り出さずに対応できる、という使い方が一般的なようです。
スマートフォン所持が前提となるため、スマートフォンが普及した今だからこそ需要が高まっているのでしょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

2.現状は機能面での不足が多く低迷中?

現状は機能面での不足が多く低迷中?
グーグルのスマートウオッチが低迷、アプリ不足も一因 - WSJ

Appleに先駆け、多数のメーカーからリリースされたGoogleAndroid搭載のスマートウォッチは、現状は苦戦を強いられているようです。
電池寿命の短さとアプリ不足という2点が大きな要因と考えられており、Googleはそれら機能改善に取り組んでいるようです。また、スマートフォンの補助的な立場から独立して利用できるような機能(スマートウォッチ上での音楽のストリーミング再生など)も追加されており、スマートウォッチの価値は少しずつ高まってきているようです。

3.ヘルスケアの領域にはまだ深く踏み込めない?

ヘルスケアの領域にはまだ深く踏み込めない?
間もなく発売:Apple Watch、スマートウオッチの主流になれるかどうかは不透明 - EE Times Japan

ウェアラブル端末は、身体に直接身に付けるという特性から、ヘルスケア(健康管理)に適しています。しかし、現状はまだ十分なヘルスケアサービスを提供できるまでには至っていないようです。
特にApple Watchはヘルスケアサービスの領域において先駆的な存在となるために機能を模索しながら搭載しようとしていましたが、現状は医師の診断データのような専門的な情報は扱えないようなので、エクササイズで使うような簡易な健康管理サービスに留まっているようです。

4.スマートウォッチの価値は?

スマートウォッチの普及率の鍵をにぎるのはデザイン性?
「スマートウォッチ」、正しい発展の道とは? | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

スマートウォッチは現状の機能ではスマートフォンの延長上に存在するに過ぎないため、悪く言ってしまえば「無くてもいい存在」とも言えます。
そのような価値で、デザイン性でも一般の腕時計には劣るスマートウォッチは、普及するまでにはまだ時間がかかりそうです。

まとめ

現状は、Android製スマートウォッチにしろ、Apple Watchにしろ、そこまで革新的なものではないという見方が強まっています。
ある調査では、過半数の人が「AppleWatchに興味なし」と表明しており、まだスマートウォッチの訴求力が弱い状況にあります。

参考:
Apple Watch、69%が「購入に興味なし」と回答 ハフィントンポスト

ただ、今までにないプロダクトであるスマートウォッチは、スマートフォンがそうだったように今後少しずつ改善されていくでしょう。
機能が充実し、デザインも一般の腕時計のようにスマートになれば、多くのユーザーが興味を持つようになるでしょう。
特に、外回りの多い営業マンにとっては大変有用なアイテムになるのではないでしょうか。

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。