画像ファイルを華麗に管理しよう

Adobe Bridgeは一件すると単なる画像ファイルの管理アプリケーションと感じることもあるでしょう。LightroomとPhotoshopのように、Adobe関連アプリケーションを複数利用して作業を行っている方にとって大きなメリットとなるでしょう。

また、ファイル数が多くなるほど写真の選定や分類に手間が掛かりますが、柔軟なラベル設定により数百枚の画像データから数枚の作業用ファイルを選択できます。Adobeユーザーであり、かつ、業務で画像ファイルを扱う方であれば、一度試してみてはいかがでしょうか?

Adobeサービスについてさらに知る

Adobe 無料アプリ14選!

Adobe 無料アプリ14選!

無料で使いやすいモバイルアプリが登場したことで、SNSなどで誰でも簡単にクオリティの高いグラフィックやビデオを作成することができるようになりました。 そうしたたくさんのアプリの中でも、よりレベルの高い編集技術を持つアプリを配信しているのが、PhotoshopやIllustratorなどでお馴染みのAdobe(アドビ)です。 Adobeのモバイルアプリは2017年1月1日時点で14個のラインナップがあり、用途に応じてクオリティの高い作品を作り出すことができます。 そこで今回は、全て無料で使うことができる、Adobeモバイルアプリ14個を徹底解説していきます。

【Adobe Capture

【Adobe Capture

「Adobe Capture CC(アドビキャプチャー)」でフォントを検索する方法を紹介します。「Adobe Capture CC」はスマートフォンのカメラ機能を使ってフォントの検索や、画像を元にしたブラシの作成が行える加工アプリです。FacebookアカウントやGoogleアカウントがあれば無料で利用できるので気になる方は試してみましょう。