AIによって仕事が奪われてしまう、というネガティブな意見が発生してしまうのは常ですが、一方でAIやアルゴリズムによって便利になる分野もたくさんあります。

その分野の1つが「FinTech(フィンテック)」と言われる分野です。

FinTechは「金融(Finance)」「テクノロジー(Technology)」をかけ合わせた言葉で、広義ではスマートフォンやPCなどテクノロジーを利用した金融サービスのことを指します。昨今では会計や経理、財務など、様々な分野でFinTechへの応用が見られますが、とりわけ注目すべきはロボアドバイザーによる分散投資サービスです。

今回は、ロボアドバイザーについて解説するとともに、ロボアドバイザーによる少額からの投資サービスを5つご紹介します。
  

資産運用もFinTechで行う時代へ

sim.png
ロボアドバイザーサービス「WealthNavi」でのシミュレーション画面

日本の首相官邸がホームページを開設した1994年時点の日本の金利は、0.25%もあったといいます。しかし、銀行の金利は次第に下がり、現在では銀行に預金をしていてもほとんどお金が増えない状態が続いていて、銀行にお金を預けていても「寝かせている」のはもったいないと考える人も少なくないはずです。

ただ一方で、「資産運用」という言葉を聞くと敷居が高く、難しそうだと思ってしまうケースもよくあります。そうした中、特別な知識や覚悟を必要とせずに始められる、"投資信託のプロに運用を任せて利益を分配するサービスも登場しました。ただ、その場合は運用を依頼する企業に対して分代行手数料を支払う場合がほとんどです。

そこで今注目を浴びているのが、FinTechと呼ばれるITを活用した金融の領域から登場した「ロボアドバイザー」による資産運用の新しい形です。
  

「ロボアドバイザー」とは?

portfolio.jpeg
画像引用元:pexels.com

ロボアドバイザーは、人間のプロに任せるのではなく、AIやアルゴリズムによって資産運用を行う、新しい形のサービスです。いくつかの質問に回答し、「保守」「攻勢」など自分の投資スタイルを告げておけば、それに合った形で自動で資産運用を行ってくれます。

simm.png
ロボアドバイザーサービス「WealthNavi」でのシミュレーション画面

ロボアドバイザーを使うメリットは、大きく以下の3点に集約することができます。
  

1. 少額からスタート可能

ロボアドバイザーを活用したサービスはすでに多様化しており、10,000〜100,000円程度でスタートできる投資サービスが数多く存在します。中には、日頃の会計の中で出てきた少額のおつりを投資に回すサービスも登場しています。
  

2. 口座開設が簡単

ほとんどのサービスがインターネット環境さえあれば開設でき、それ以外でも郵送で送られてきた確認書類に必要事項を記載して返送するだけ、という非常に手軽な開設方法を採用しています。

早ければ、2日程度で口座開設まで完了するサービスもあるので、実際のスタートまでのタイミングも通常の証券口座の開設よりも早い印象です。
  

3. 元金を自動で分配

今までは「資産運用のプロ」が行っていたところ、コンピュータが自動的に行ってくれるという点がロボアドバイザーのイノベーティブなところです。また、ほとんどが積立投資で行っていく手法を採用しています。

積立投資は、月に○万円と積立金額を決めて、長期にわたって増やしていく手法です。デイトレードなどと違って大きなリターンはありませんが、その一方でリスクは抑えられ、相場が急落しても長期で見ると回復していることが多く、忙しくても毎日相場をチェックする必要もありません。