CDCの調査によれば、アメリカでは成人の3分の1が必要な睡眠時間を確保できていないことが分かっています。また、ピッツバーグ大学の研究データは、不眠症が人間の感情への影響や記憶力の低下だけでなく、さまざまな問題を誘発することを明らかにしています。

こうした中で、テクノロジーを使って睡眠の諸問題を解決する「スリープテック」という分野が注目を集めています。睡眠データを分析し、自分の睡眠傾向に合わせて眠りにつくことで、睡眠時間があまり取れなくても、睡眠の質を上げることが可能になります。

そこで今回は、ぐっすり眠る手助けをする注目の「スリープテック」を5種類紹介します。

睡眠に関するテクノロジーといえば2012年頃にApp Storeに登場した「Sleep Cycle アラームクロック」のようなアプリが有名ですが、今ではどれほどまでに進化しているのでしょうか?その実態を確かめてみましょう。

参考:
Sleep Cycle アラームクロック

スリープテックとは?

sleep.jpeg
stock.io

スリープテック(SleepTech)とは、睡眠を表す「スリープ」と技術を表す「テック」を掛け合わせた造語です。

主に睡眠に関する課題を解決するアプリやIoTデバイスなどを指します。

ランド研究所の調査によれば、睡眠に悩む⼈⼝は国内で3000万⼈以上、その経済損失額は15兆円(GDP の約3%)にものぼると言います。また、「24時間サービス従事者」「昼夜勤シフト勤務者」「時差ボケに悩まされる勤務者」の疾患発症リスクは、⼀般勤務者と比べると2〜4倍にもなっているというデータもあります。

睡眠不足が社会全体に及ぼす影響は、私たちが思っている以上に深刻です。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)技術の発展が目覚ましい現在ですが、こうした技術を睡眠分野で実用化することで、私たちの仕事の効率も上がり、国内全体が活性化すると考えられています。

今注目の「スリープテック」ですが、ここでは特に注目の「スリープテック」5選をご紹介します。

参考:
Why Sleep Matters: Quantifying the Economic Costs of Insufficient Sleep | RAND

ぐっすり眠る手助けをする注目の「スリープテック」5選

1. あらゆるモノとつながる高機能睡眠トラッカー「Nokia Sleep」

Nokia Sleepは、高機能なスリープセンシング&ホームオートメーションパッドです。見た目はまるで小さめの電気毛布のようですが、布団の下に敷いてユーザーのさまざまな状態を監視します。

深い・浅い・レムなどの睡眠サイクルを分析したり、心拍数を追跡したり、いびきを検出したりすることができます。

また、IFTTT(イフト)との統合機能も備えているので、就寝時に明かりを徐々に暗くしたり、就寝時に明かりを徐々に暗くしたり、起床時にエアコンの暖房をつけたりといった連携を行うことも可能です。

もちろん、独自にIFTTTのレシピを作成することも可能なので、起床したら自動でコーヒーを淹れるとか、就寝中にスマートフォンを無音化したりなどのオートメーションを楽しむこともできます。

朝起きてから、睡眠中に回復できているかを確認するには、Nokiaが提供しているHealth Mateアプリを参照します。このアプリでは、Sleep Smarterと言われる睡眠改善プログラムも利用できるので、時間をかけて睡眠状況を改善することも可能です。

2. すぐに入眠できるハイテクヘッドバンド「Dreem」

フランス発のスタートアップが提供している、深夜に身につけるハイテクヘッドバンドDreemです。生体フィードバックから神経調節(ニューロモジュレーション)に至るまで、毎晩の睡眠を改善するためのさまざまな効果的アプローチを体感できます。

Dreemには、呼吸や心拍数を測るための心拍計や、骨伝導スピーカー、身体の動きや傾きなどを感知する加速度計などがついています。また、他のデバイスとは違って、特殊なセンサーによって脳波を測定することも可能です。

Dreemは睡眠分析だけでなく、入眠に悩んでいる人の手助けにもなります。瞑想による音を使った入眠プログラムや、認知トレーニング、生体フィードバックなどの機能が充実しています。一度入眠状態に入ると、眠り続けるための音を骨伝導で流します。

3. 心拍と連動するコンパニオン枕「Somnox」

Somnoxは、オランダのスタートアップが開発した、睡眠不足に悩む人のためのスリープロボット枕です。

Somnoxはふかふかの素材で、抱き枕のように抱えて使用します。抱えるとセンサーによるスイッチが入り、人間と同じように「呼吸」を行います。ユーザーは自然と自分の呼吸のリズムをロボットの呼吸のリズムに合わせるようになり、それによってリラックスした状態で入眠することができるといいます。

SomnoxはBluetooth経由でスマートフォンのアプリとも連動しており、「呼吸」のスピードを調整したり、お気に入りの「子守唄」を流したりすることができます。素材は洗濯可能な素材でできており、重さは1900グラム程度です。

4. 不眠症を解決するスマートゴーグル「Sana」

20分の睡眠は2時間の眠りに匹敵するといいます。そこに着目して、いつでもどこでも短時間で入眠してリラックスできるようにしたグラス型デバイスSanaです。

このデバイスでは、音や光といった外部刺激を用いて、脳に特定の動きを引き起こします。また、心拍数などをモニタリングする機能が付いているので、自然な深い眠りを誘発するための生体データ分析を行うことも可能です。

ゴーグルをかけた最初のうちは、光や音が気になってくるかもしれませんが、やがて入眠するうちに気づかなくなっていきます。そのため、最初はゴーグルをかけるのに4回ほど「練習」をする必要はありますが、おおよそ10分以内には眠りにつくことができるそうです。

5. 騒音をかき消すコンセントプラグ「Nightingale」

Nightingaleは通常より38%早く入眠することができる、騒音をかき消してくれるコンセントプラグ型スマートデバイスです。

騒音が気になってしまうときには、Nightingaleをコンセントに挿してみましょう。「サウンドブランケット」と呼ばれるある種のホワイトノイズによって、快適な音を作り出してくれます。

スマートフォンアプリで調節したり、Amazon EchoやGoogle Homeと連携して音声による調節を行うことも可能です。ホワイトノイズには通常のベッドルーム向きのものだけでなく、病院向けや幼児ルーム向けの優しい音も用意されています。

まとめ

一口に「眠れない」と言っても様々な原因がありますが、これらのデバイスそれぞれに違ったアプローチで快適な睡眠をしやすいように設計されています。自分の問題を探りながら、自分にあったデバイスを探してみるとよいでしょう。

人間の人生のおよそ3分の1は「睡眠」に充てられるほど、誰に取っても無視できないものです。せっかく人生の大切な時間を使っているので、快適な睡眠を楽しむために、こうしたデバイスを活用してみてはいかがでしょうか。