今回ご紹介するのは、ネットショップの成功に不可欠な「リピーター育成」に特化した顧客育成ツール「MakeRepeater」です。

【ここがポイント】
ポイント1:だれでもかんたんに顧客育成を実践できる操作性の高いUI設計
ポイント2:顧客育成の要となるメール施策のテンプレートが実装
ポイント3:月額10,000円から始められる費用対効果の高さ

MakeRepeaterとは?

MakeRepeater
MakeRepeaterとは、ネットショップの成功に不可欠な「リピーター育成」に特化したメールマーケティングツールです。

MakeRepeaterを運営するGMOメイクショップはネットショップ構築サービス「MakeShop」を提供しており、その流通総額はネットショップASP業界で5年連続No.1となっています。

MakeRepeaterはMakeShopにて培った「ネットショップ売上アップノウハウ」を踏襲し、ネットショップが取り組むべき「顧客育成」に必要なステップを提供します。

月商100万円を突破したネットショップが、300万、500万と次の売上規模を目指すためには、「リピーター育成」が不可欠です。

なぜならば、新規顧客獲得よりも、リピーター獲得の方が費用対効果が高いからです。
特に顧客購買平均単価が5,000円以下のフード、インテリア、アパレルやコスメなどの領域においては、
「1回買ってもらったお客様」にもう一度、二度、さらに繰り返し買ってもらえるかが、ネットショップ成功の要点となります。

しかし、ユーザーはよりよい商品を求めるため、常に競合のショップにも訪れ、他店の商品も購入しているのが通常です。

ではいかにリピーターを育成するのか?そのポイントは3つあります。

ユーザーとの継続的なコミュニケーションを欠かさない
One to Oneのコミュニケーションを怠らない
ネットショップの世界観をユーザーに提供する

これら全てをネットショップ担当者が実施するには、工数が多くかかりすぎます。
また、それらのノウハウがなければ失敗も続き、成功までの道のりが遠いとお考えの方も多いかもしれません。

そんなお悩みを解決してくれるのがMakeRepeaterです。

MakeRepeater

特に「顧客セグメント分け」は、コミュニケーションをとるために重要なステップです。
リピーター育成のためには、顧客全件に対する一斉メール配信ではなく、顧客のニーズにあったメールマーケティングを行う必要があります。

顧客セグメントを分けることで、リピーターになりやすそうなユーザー、そうではないユーザーを切り分けます。
商品の購買訴求を行うべきユーザーには購買訴求を、そうではないユーザーには購買訴求ではなく、ブログの配信などで「自社を知ってもらう」ことを訴求するなど、コミュニケーションも切り分けることで、きめ細かい対応をします。

MakeRepeaterではシナリオ作成もできるため、顧客のセグメントごとに配信するメールを作成すれば、
あとはセグメントに対して、決められたタイミングや時間にメールが配信されます。

そのため、担当者としてはセグメント分けとシナリオ作成を行えば、中期的にきめ細かいコミュニケーションを図ることが可能になります。

きめ細かいコミュニケーションを図るために重要なことは、ツールの利便性です。MakeRepeaterはだれでも簡単にシナリオを作成することができます。

MakeRepeater

シナリオメールを作成するには、ターゲットを決めて、配信スケジュールを決めて、メール本文を作成するだけで完了します。
またメール本文の作成はHTMLデザインメールを簡単に作成できるエディタが搭載されています。

ネットショップ担当者はショップの運営だけではなく、商品企画や配送業務なども兼務している方が多いと思いますが、
MakeRepeaterはだれでも簡単に、そして手短にリピーター育成を実現させることができます。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

MakeRepeater担当者からのメッセージ

MakeRepeater

企画開発部 部長 楠田洋久氏(写真右) 同部 開発課 新規事業チーム チーフプランナー 岩月順子氏(写真左)

ネットショップの成功にはリピーター育成が不可欠です。しかしネットショップの担当者様は他業務もあり、なかなかリピーター育成のための業務に時間を割くことができていないのが現状です。

またネットショップの顧客を「広告で獲得する」ことはご存知でも、売上規模を増やしていくタイミングで、「広告以外で売上を増やす方法」をご存知でない方も見受けられます。

弊社はMakeShopで培ったネットショップ売上アップノウハウをベースに、MakeRepeaterを開発しました。
MakeRepeaterではネットショップの顧客の状況の把握から、費用対効果の高い顧客セグメントの把握を行うことができますが、これは「欲張らずにちょっとずつ」「その情報を必要とするターゲットに向けて」施策を打って欲しいという思いを込めて実装しています。

ネットショップの担当者様はとにかく時間がないため、既存の顧客へのアプローチは一斉メール配信ですませがちですが、上記のように、きちんと顧客それぞれの状況やフェーズにあったアプローチをしてほしいのです。このような思いから、MakeRepeaterは誰でも簡単にシナリオを作成できるように設計されており、HTMLの知識がなくても、効果的なHTMLメールをすぐに作ることができるHTMLエディタもご用意しています。

今後はメールマーケティングをより効果的に行っていただくための機能だけではなく、顧客データの収集の幅を広げて、CRMの機能も強化したいと考えています。
あくまでも軸はリピーターの育成ですが、より柔軟に目的に合わせた施策を行っていただけるよう、MakeRepeaterでご提供できるソリューションの幅を広げて行く予定です。

編集部より一言コメント

月商100万円規模から500万円規模、そして1,000万円規模を目指しているネットショップの方は特に、業務量が多いと感じている方が多いのではないでしょうか。

商品企画、商品ページ制作、Web広告出稿、配送作業、数値管理など、多岐にわたる業務を一人で対応している方がほとんどだと思います。インターネットで商品を売ることができるEコマースなのに、労働集約的なビジネスモデルに陥ってしまうと、売上はなかなか増えません。

ではいかに労働集約的なモデルを脱却するか。それはリピーターによる売上増加を狙うことです。リピーターに対して適切なコミュニケーションをとることで、広告出稿などの業務が削減できますし、配送作業でも一度配送したことのある顧客なのでデータ入力の数量が少なく済みます。また定期購入商品の場合であれば、その影響はもっと大きくなります。

労働集約型のネットショップを脱却し、月商を増やしていきたいとお考えの方は、MakeRepeaterの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。