新しく起業をする場合でも、社内で新規事業を立ち上げる場合でも、私たちが思っている以上に事業を軌道に乗せるのは難しいものです。

高い収益性が見込まれる市場にはすでに多くの企業が参入していたり、まったく新しく見える斬新なアイデアは参入障壁が高かったりします。分野によっても異なりますが、新規事業を立ち上げるには、スピード感と同じくらい慎重さは必要不可欠です。

新規事業を立ち上げる上では様々なことを考えていく必要がありますが、その中でも要となるのが、ビジネスモデルです。収益構造や事業戦略を体現するビジネスモデルが正しい方向を向いているか、これこそ新規事業を成功させるための第1ステップとなります。

今回は、新規事業の参考となる、オンラインビジネスモデルの「ヒント」をご紹介します。既存のビジネスモデルを参考にして、新しく創造する新規事業のヒントにしてみましょう。

1. 誰でもできる「時間」を売るビジネスモデル

今日ではほとんどすべての人がスマートフォンを持っていますが、スマートフォンを使って、「時間に余裕のある」働きたい人と、「時間のない」忙しい人をつなぐマッチングサービスが増えています。

ビジネスモデルとしては比較的単純で、マッチングできるプラットフォームを作って働きたい人と利用したい人をマッチングさせて、利用額と支払う時給のマージンを受け取るというモデルです。

働きたい人の募集のかけ方や万が一のトラブル対応など、乗り越えるべき課題もありますが、仕事のマッチングが成立すればするほど売上が上がるので、フロー型で継続的に収入が入ってくるビジネスモデルです。

事例1-1. 空いた時間で誰でも家事代行「DMM Okan」

1-1-1.png
DMM Okan

DMM Okanは、空いている時間でいつでも家事代行をお願いできるサービスです。

サービスを利用したい場合はアプリをダウンロードして基本的な設定を行うだけで、複雑な本人確認手続きは必要ありません。空いている時間を選んで、1.5時間3600円から利用することができます。

一方、空いた時間を有効活用したい場合は、キャストとして登録することで、1,680円からの時給スタート(最大1,920円)で働くことができます。アプリで自己紹介や空いている日程をアップして、あとは仕事が入るのを待つだけです。資格がなくても空いている時間を有効に活用できるため、主婦を中心に働く利用者が増えています。

1-1-2.png
DMM Okan

ビジネスモデルとしては、利用額と支払う時給のマージンを受け取る形で、1回1時間あたり約500〜800円が入るように出来ています。キャストは面接ではなく本人登録ですぐに働くことができ、損害保険にも加入してトラブルもすぐに対応できるサポート体制を敷くなど、サービスが効率よく回転するよう工夫されています。

事例1-2. 空いた時間で誰でも宅配代行「UberEATS」

1-2-1.png
UberEATS

UberEATS空いている時間で誰でも宅配代行ができるサービスです。通常であればマッチングの当事者は2者間(例えばDMM Okanではユーザーとキャスト)ですが、Uber EATSが独特なのは、その当事者が3者(ユーザー・レストラン・配達パートナー)となっていることです。

レストラン側では、通常の来店客を減らすことなく、新たな新規客を獲得できるというメリットがあります。専用のiPadはUberから貸与され、注文が入ればワンタップで受注でき、配達パートナーとの金銭のやりとりもないので、オペレーションの負担もほとんどありません。店が忙しくなったり、売り切れになれば、こちらも数タップですぐに一時的に受注を停止することもできます。店舗の売り上げは週払いで支払われます。

一方、配達パートナーは、手持ちの自転車や原付バイクで、スマホひとつで空いている時間に自由に働くことができます。紹介で登録した場合、最初の30回は1回の配達あたり1000円を超えるようです。また、条件によって「時給保証」「回数インセンティブ「雨天特別インセンティブ、特定エリアで数倍の収入を保障する「ブースト」なども用意されています。

UberEATS 宅配パートナー紹介

UberEATSでは、レストランからは売上に応じた利用料を徴収し、配達パートナーから基本収入(ブーストやインセンティブ以外)に対して35%の手数料を利用料として徴収するビジネスモデルになっています。

お得なクーポン、インセンティブによるゲーミフィケーション要素の追加など、さまざまなマーケティングによって、UberEATSを利用しているユーザー・レストラン・宅配パートナーは次第に増えていっています。自身でビジネスモデルを考える際にも、これらの異なる立場の人々をつなげるプラットフォームにはどんなものがあるか、考えてみるのもいいでしょう。