タスク管理を行うためのアプリはたくさんありますが、どのような視点で選んで使っていますか?

「高機能でたくさんのカテゴリ分けやタグ分けができる方がいい」という人もいれば、「シンプルでいいので使いやすいほうがいい」という人もいるでしょう。

シンプルなToDoアプリはたくさんありますが、その場合はどのようなアプリを選べば良いのでしょうか?

そこで今回は、圧倒的な「シンプルさ」が売りのiPhone用ToDoアプリ7選をご紹介します。

シンプルなだけのアプリはたくさんありますが、今回選んだ7つのアプリはデザイン性でも優れているので、きっと気に入るアプリがあるはずです。

圧倒的な「シンプルさ」が売りのiPhone用ToDoアプリ7選

1. タブによるフリック操作ができる「タブ型ToDoリスト」

1.png

タブ型ToDoリストは、ニュースアプリのようにスワイプで切り替えることができる、国産のタブ型ToDoアプリです。

買い物や趣味、仕事の予定など、やることをタブに分けて管理するだけ、という、いたってシンプルな機能なので、たった数分ですぐに操作方法を覚えられるでしょう。もちろん、ToDoを並べ替えたり削除したりすることもできます。

また、ちょっとしたことかもしれませんが、ToDoを長押しすることで色をつけることができます。重要なタスクを見逃すこともなくなるでしょう。

アプリURLスキームとして「tab-todo://」が用意されているので、LauncherLaunch Center Proのようなアプリランチャー経由で素早くToDoを操作することもできます。

2. 余計なUIを一切省いた「Daily」

2.png

Dailyは、iPhone Xの大画面でも快適に使える、シンプルなToDoアプリです。アプリ名にもあるように、もともとは習慣をチェックするアプリとしても開発されているので、日々のルーティーンを管理するのに最適です。

余計なボタンは一切省かれており、フリックやタップをする部分も少ないので、すぐに操作になれてしまうでしょう。習慣をキープするためのアプリには余計な機能が搭載されていることが多いですが、Dailyはアプリを開いて30秒ほどでチェックできるので、シンプルなデイリーのタスク管理を行いたい人に向いています。

「部屋を掃除する」「朝、1杯の水を飲む」「12時にメールをチェックする」といったタスクを、曜日ごとに設定でき、「TODAY」「SOON」のタブで本日のタスクと数日後のタスクを確認することができます。

3. SlackライクなスマートなToDoアプリ「Bzzy」

3.png

Bzzy高機能ながらもシンプルなUIを使ったToDoアプリです。蜂のアイコンがモチーフとなっており、黄色いUIにすぐに愛着が湧くでしょう。

Bzzyでは、今日やること以外の項目を簡単に隠すことができるので、「今日やるべきこと」だけに集中することができます。

ハッシュタグでカテゴリ付けしたり、@マークを使って他のチームメンバーとタスクを共有することもできるので、Slackを使うのに慣れていれば、同じような要領でタスク管理を行えます。ドラッグ&ドロップでのタスクの並び替えにも対応しています。

Webアプリも公開されているので、iPhone以外のデバイスでもToDoをチェックできます。もちろん全ての機能が無料で利用できるので、思う存分活用してみましょう。

4. タブは3つまでの可愛らしいチェックリスト「Myメモ」

4.png

Myメモは、シンプルな手帳My日記も提供しているAnySenseから提供されている、カラフルで可愛らしいチェックリストアプリです。

複雑なカテゴリ分けではなく、3つのタブを設定して操作していきます。カテゴリを増やしすぎるとかえって混乱してしまいますが、3つしかタブがないので、結果的に効率的なタスク管理を行うことができます。

とにかく可愛らしくオシャレなので、ToDoアプリが続かなかった人でも毎日続けたくなります。3つのタブを切り替えるだけでタスクをチェックできるので、パッと見て分かるのもおすすめポイントになっています。

5. まるで紙に書いているかのような感覚「Do!」

5.png

Do!は、まるで紙に書いているかのような感覚で使うことができる、ミニマルなToDoアプリです。実際に、ノートに書くような音や、消す音、ページをめくる音も聞こえてきます。

シンプルながらも、Dropboxやメール経由でのバックアップに対応し、ウィジェット画面でToDo管理を行うこともできます。パスワードロックにも対応しているので、大切なToDoを他人に見られることはありません。

複雑なカテゴリ分けはありませんが、横にカラータグをつけて目印をつけることができます。画鋲機能もあるので、重要なタスクはトップにピンどめすることもできます。

6. ToDoやメモをロック画面に表示「スクリーンメモ」

6.png

スクリーンメモは、ToDoやメモをロック画面に表示することができる便利なアプリです。iPhoneで音楽を聴くときのアートワーク画面をうまく利用しており、ロック画面を見るだけで書いた内容を確認できる唯一無二のアプリとなっています。

ただし、アートワーク画面を利用しているので、音楽を聴きながらの利用はできない点、通知が表示されると一時的にメモが見れなくなる点には留意しておきましょう。しかし、それを差し置いてもロック画面を解除する前にやるべきことが目に飛び込んでくるので、非常に重宝されるアプリなのではないでしょうか。

7. 質問に答えることでその日の記録が完成する「Grid Diary / Journal」

7.png

Grid Diary / Journalは、毎日1画面のグリッド上に書いてある質問に答えて完成させる、ジャーナルアプリです。

もともとは日記やジャーナル用に作られた、その日に起こったことを記録するためのアプリですが、テンプレートである質問を「今日、一番最初に会社ですべきことは何ですか?」などの未来志向の質問に変えることで、あっという間にToDoアプリに様変わりします。

質問の指示通りに書いていけばいいので、「ToDoアプリをインストールしたけど、結局何からやればいいか分からない」ということもなくなるでしょう。今回紹介したアプリの中では異色ですが、「このようなアプリのほうが使いこなせる」という人もいるはずです。

まとめ

OmniFocus 2TodoistはToDoリストの王道とも呼べますが、非常に高機能である反面、複雑な機能を期待していないユーザーには倦厭されがちです。

シンプルな機能だけでタスク管理でき、なおかつ洗練されたデザインのToDoアプリは今回紹介したもの以外にもたくさんあるので、自分にあったアプリを探してみましょう。「3日坊主」にならない、毎日開きたくなるアプリが理想的です。