トップページ

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

インターネットウェブサイトの入り口にあたるページのことをトップページといいます。
一般的には、階層構造を持つウェブサイトの最上位のウェブページをさします。サイト全体の顔としての役割も果たすため、デザインなどで印象を残すことも考えたサイト作りも有効となります。

Curriculum pt1

トップページウェブサイトの顔

トップページウェブサイトの入り口にあたりますので、ウェブサイトの『顔』ということになるでしょう。ですのでウェブサイトをつくる際には特にトップページに気を配らなければなりません。

トップページのアクセス数の割合

 しかし、検索エンジンなどからウェブサイトに進入する場合、トップページに必ずアクセスするかというとそうではありません。トップページが進入ページであるのは全体の20%~40%程度と言われており、多くのユーザー検索エンジン経由でトップページ以外のページに直接飛んできています。(もちろん例外もあります)
 よく、ウェブサイトの顔だからと言ってトップページを重点につくり、あとのページをないがしろにしているサイトが見受けられますがそれは間違ったウェブサイトのつくり方といえます。全体的にバランスよくつくるよう心がけましょう。

ホームページトップページ

 実は「ホームページ」という言葉はトップページの意味と同じ、最上位階層にあたるページのことを指します。(サイトのhomeに戻るということから来ています) 「ホームページ」という言葉が、インターネットで閲覧するウェブサイト全体のことを指しているのは日本だけで、正確に言うとこの使い方は誤用になるのです。
 国際的には「ウェブサイト」や「サイト」を使っていて、例えば「オフィシャルウェブサイト」または「オフィシャルサイト」と英語で明記されており、日本語表記でも「公式サイト」または「公式ウェブサイト」が浸透しています。ですが一部では誤用のまま「オフィシャルホームページ」あるいは「オフィシャルHP」と省略した英字表記が見受けられますが、こちらは英語ではないため翻訳は困難であり国外に意味は伝わりません。

用語例

トップページを戦略的に作成していきたい。」
トップページにあるバナーをクリックしてください。」