ユーザーインサイトとは、ユーザーの深層心理のことを言います。人間はほとんどの場合、潜在意識の中で情報を処理し、行動していると言われているため、ユーザー本人も意識していない本音の部分までを把握することで、マーケティング活動の精度をより高めることが期待できます。

ユーザーインサイトを調査する方法は様々にあります。年齢、性別、居住地や興味関心といった情報の利用はもちろん、グループインタビューやアンケート調査、Webサイトの遷移解析など手法も様々です。特に、グループインタビューやアンケート調査などにより、ユーザーインサイトを有効に獲得するためには質問事項にも熟慮が必要です。深層心理を把握するために、ユーザーが意識的に本音と異なる回答をしないようにするためです。最近では、Webサイトにおいてユーザーの注目している部分をサーモグラフのように色で表現するツールも開発されています。このように、ユーザーインサイトは専門的なツールの開発が行われるほど、注目を集めているテーマと言えます。

ユーザーインサイトの目的

ユーザーインサイト

人間には、本人もよくわかっていない本音があります。しかし、ユーザーの分析をすることで、ユーザーの知りたいことや求めていることを把握することができます。

分析には、年齢や性別、地域、職業、インターネットの利用頻度といったユーザーの属性やアンケートやインタビュー調査などを参考にします。

他にも、インターネット上で多く検索されている単語やアクセス数の多いページ、最後まで読まれることの多いページを解析することが大切です。これをデータ化することで、ユーザーの興味をリアルタイムに知ることもできます。

ただ、現在のように情報の多い時代に、ユーザーの本音を的確に知るための決まった方法はありません。しかし、ユーザーは何を求めているのか、どこにチャンスがあるかを探る視点は今後ますます重要になってくるはずです。情報があふれた時代だからこそ、さまざまな方法を使って、ユーザーにどんなものを提供すれば良いのかを考え続けることが大切なのです。

会話例

「アクセス解析からどのようなユーザーインサイトが導き出せるか調べてほしい。」
「この商品が売れないのはなぜだろう。ユーザーインサイトを調査してみる必要があると思う。」
ユーザーインサイトを調査することは、マーケティングにおいて重要なことだと思う。」
Webサイトのコンバージョン率を伸ばすためには、ユーザーインサイトが必要だ。」