マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、低コストで効率的な勤怠管理が可能なjinjer勤怠です。

【ここがポイント】
ポイント1:業界最安値で勤怠管理システムを導入可能
ポイント2:業界初!退職を未然に防ぐ勤怠データ分析機能
ポイント3:従業員が使いやすいデザイン設計

jinjer勤怠とは?

jinjer勤怠とは

jinjerは、国内初の人事部門向けプラットフォームサービスです。サービスシリーズは、勤怠管理・労務管理・採用管理・人事管理の4種類あります。

サービスシリーズ

それぞれのデータを統合することで、人事部門が「ヒト」にまつわるデータを一元管理することが可能になります。

jinjer勤怠は人事領域の中でも勤怠管理に特化しており、低コストかつ簡単に導入でき、さらには従業員が使いやすいUI設計も魅力の一つです。

jinjer開発背景

jinjerを提供する株式会社ネオキャリアは、これまでに20,000社以上に対して採用支援などの人事サービスを提供してきました。

しかし将来的な国内生産年齢人口の減少、高まる求人倍率という厳しい採用市場の中で、多くの企業に「戦略的人事」が求められています。

そこでネオキャリアは企業の「採用、定着、活性化」までの一連の流れを支援するためにjinjerの開発に至りました。

jinjerが目指す世界

ネオキャリアがjinjerにおいて最もこだわるのは「人材データの一元管理」です。

「勤怠管理」においては従業員の勤怠状況。「採用管理」においては求職者の履歴書、チャネル(媒体や人材紹介)など。「人事管理」においては従業員の評価状況、職能要件など、「労務管理」においては従業員の入退社時の労務関連届出など。企業の取り扱う「ヒト」にまつわるデータは多岐に渡ります。

これらのデータを一つのシステムで管理してはじめて、人事部門が戦略的な発想を考えることができます。

ネオキャリアは多くの企業の人事を支援する過程で「そもそも退職しそうな従業員への対応が早ければ、退職者は生まれなかったのではないか」「ヒトにまつわるデータの管理は「ヒトが行う」という独特の美徳感覚があるのではないか」などの原体験を持ち、人材データの一元管理を行うjinjerを提供し、1社でも多くの企業に「人事部から経営を変えていく」意識醸成を行なっていきたいと考えています。

企業の勤怠管理における課題

企業は従業員が労働基準法並びに従業規則に沿った勤務状況となっているかどうかを記録するために、勤怠状況を管理しなければなりません。

従業員の出退社時間、休暇や欠勤の状況をデータに残し、さらにそのデータは給与計算にも利用されます。

勤怠管理を行うには従業員に毎日打刻作業を行ってもらう必要があります。打刻方法にはタイムカード、エクセルでのシフト記入などを用いる企業がまだまだ多いのですが、それらの場合月末や毎週末などの人事部門が手作業で従業員ごとの勤怠データを整理する必要があります。手作業でデータ集計を行い、さらに給与計算も行うとなると、毎月の人事部門の月末月初がその作業で埋められてしまいます。

これらの作業を煩雑に感じている企業、特に36協定(時間外・休日労働に関する協定届)を従業員と締結している企業の中には、給与計算をある程度大雑把に算出してしまう場合も見受けられます。しかし、平成29年1月に厚生労働省が「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を制定し、企業(使用者)にとっては従業員の勤怠状況をより適切に管理することが求められるようになりました。そのためタイムカードやエクセルを用いた従来の勤怠管理ではなく、より効率的な管理方法が求められています。

jinjer勤怠の特徴

jinjer勤怠では人事部門の勤怠管理にかける工数を大幅に削減し、従業員の勤怠状況を精緻に把握することを実現します。つまり従業員の勤怠打刻、勤怠データ集計を全てデータ化することにより、「正しく勤怠を管理」することが可能になります。

その特徴は大きく分けて以下の3点です。

従業員が使い易い打刻方法・デザイン

jinjer勤怠の特徴の一つが従業員にとって打刻がしやすい点です。従業員がjinjer勤怠で打刻する方法は以下の通りです。
・PC(パソコン)
・スマートフォンアプリ
・メッセージングアプリ など

シンプルなデザイン

さらに打刻する各種デバイス上のデザインも秀逸です。jinjerの開発者自身がクライアントにヒアリングに出向き、「どういうデザイン、UIが打刻しやすいのか」を調査。「マニュアルがなくても使えるくらい使いやすいデザイン」を意識して設計されたそのデザインは、アプリケーションをインストールすればだれでも使えるようになっています。

業界初の勤怠管理データ分析機能

データ分析機能

2つ目の特徴は業界初の勤怠管理データ分析です。「エンゲージメントアラート機能」というこの機能では、従業員の勤怠状況のデータからAIが自動で分析を行い、「従業員のモチベーションや退職リスク」をいち早く察知し、該当する従業員がいた場合は人事部門の担当者へアラートが送られる仕組みとなっています。

エンゲージメントは勤怠の打刻状況、休暇取得及び欠勤状況、残業時間数などの勤怠データを、過去に退職した従業員のデータ及び業界平均数値と突合して算出されます。

この機能を用いることで、従業員のモチベーション低下や退職を未然に防ぎ、従業員の定着、さらには活性化につなげることができます。

業界最安値の価格

3つ目の特徴はその価格です。勤怠管理システムの中で最安値となる1アカウントあたり200円〜で導入が可能です。

低コストではありますが、勤怠管理に必要な打刻、シフト管理、申請管理など全ての機能を利用することができます。また業界や業種によっては変形労働時間制を導入している企業でも、jinjer勤怠では対応することが可能です。

jinjer勤怠担当者からのメッセージ

担当者

jinjerマーケティング責任者 小口 敦士氏

弊社は企業の人事の方に「人事部門のオペレーション(作業)業務をなるべく減らして、戦略策定業務や生産性向上業務などの経営に直結する仕事」に多くの時間をつかってもらいたいと思っています。

そのためには人事部門が抱えている各種データの取得、集計業務を効率化する必要があります。

jinjer勤怠ではその中でも従業員が毎日利用する勤怠打刻やそのデータ集計の作業を効率化します。また集計したデータから「エンゲージメントアラート機能」を用いて、従業員のモチベーション、退職リスクを分析することも可能です。

またその他のjinjerシリーズ(労務管理、採用管理、人事管理)と連携させることにより、ヒトにまつわるデータを一元管理することが可能になります。人材のマネジメントを戦略的に行うためにはデータがとても重要だと考えています。そのためのインフラとしてjinjerを提供していきたいと考えています。

マケスト編集部より一言コメント

本質的な勤怠管理は、従業員の勤怠状況を把握し、問題がある社員がいないかどうかを理解し、改善が必要であれば対策を講じる必要があります。そのためには正確なデータ取得と集計が必要になります。

jinjer勤怠ではエンゲージアラート機能が搭載されており、本質的な勤怠管理を実現する一助となります。また正確なデータ取得に欠かせない勤怠打刻についても、従業員が使いやすいデザインとなっています。

これから勤怠管理システムの導入を検討されている企業、また本質的な勤怠管理をはじめたい企業にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

続きは、