セッション

  動画を読み込んでいます。

Web マーケティング における セッション は、 ユーザー があるWebサイトにアクセスしてから離脱するまでの一連の行為を指します。1回アクセスすることを「1 セッション 」と呼びます。 セッション 数は、アクセス解析における最も基本的な単位です。

目次

  1. セッションとは
  2. セッションの数え方
  3. セッションとPV(ページビュー)の違い
  4. かつては「訪問」と呼んでいた
  5. 用語の使い方

セッション とは

もともと英単語の「session」は、人が集まって作業を行うことや、会議や講演が始まってから終了するまでの、一連の時間の区切りを指します。
コンピューター用語としては、 プログラム が作動してから終了するまでの一連の動作を、1つの「 セッション 」と呼びます。

Web マーケティング における セッション は、 ユーザー があるWebサイトにアクセスしてから離脱するまでの一連の行為を指します。1回アクセスすることを「1 セッション 」と呼びます。
セッション 数は、アクセス解析における最も基本的な単位です。

セッション の数え方

ユーザー がWebサイトにアクセスした際には、主に以下の様な流れになります。

1.何らかのきっかけでWebサイトを見つける
2.Webサイトを見始める
3.何ページか見る(もしくは見ない)
4.他のサイトに移動する(離脱する)

この、「あるWebサイトを見始める」から「他のサイトに移動する」までの一連の流れが、 セッション です。
セッション 数をカウントする際には、以下のことに注意する必要があります。

  • 同一サイト内で、別の ページ に移動しても、 セッション は途切れない
  • 同一サイト内でも、30分以上立ってから別の ページ に移動したら、別の セッション となる
  • サイトを離れ、もう一度そのサイトにアクセスした場合は、別の セッション となる

セッション PV ページ ビュー)の違い

セッション と共に把握しておきたい、アクセス解析の指標として、 PV ページ ビュー)があります。
PV とは、あるサイトのページが開かれた回数です。

<例1>
13:00 あるWebサイトの、aという ページ にアクセス
13:10 aから、同一サイト内のbに遷移
13:20 bから、aに戻り、その後サイトから離れる

例1の場合、1 セッション 、3 PV となります。 ページ aが2 PV ページ bが1 PV です。

<例2>
13:00 あるWebサイトの、aという ページ にアクセス
13:10 aから、同一サイト内のbに遷移
13:50 bから、aに戻り、その後サイトから離れる

例2の場合、bからaに戻るときに30分以上が経過しているため、2 セッション 、3 PV となります。

かつては「訪問」と呼んでいた

セッション という呼び方は、技術上は厳密な表現ではありますが、一般には馴染みの薄い言い方です。ですので、2013年までは セッション のことを「訪問」と呼んでいました(さらにその前は「 セッション 」でしたが)。これですと、ホームページに訪問する、といったようにイメージしやすいですよね。

しかし、最近のスマートフォンの普及から、 アプリ Googleアナリティクス で計測できるようになりました。そして、 アプリ においては、「 ページ 」という概念が存在しないため(スクリーンと呼んでいます)、それらとの整合性をとるために、 セッション という呼び名に変わったようです。

アプリ を公開していない企業や個人にとっては、 セッション は今まで同様「訪問」の意味でとらえて、問題ありません。

用語の使い方

「うちのホーム ページ 、最近、 セッション 増えてる?」
(ホームページのアクセスは最近増えてるか?)

ユーザー はうちのホームページを、1 セッション につき、平均何ページくらい見ているのか、わかるか?」
(1回の訪問で ユーザー が平均何 ページ 見たか?)

セッション が多いわりに、売上に結びついてないな・・・」
(アクセスが多いのに何で売れないんだ?!)

このように、 ユーザー が訪問してくれたことに対して、さまざまな事象を引き合いにだすことが多い用語です。 Googleアナリティクス において、最も基本的で、最頻出用語と言えますので、しっかり覚えたいものです。