今回ご紹介するのは、豊富なアプリ機能を組み合わせることで、企業ごとに独自の対応が可能になる「SPIRAL®(スパイラル)<メール配信>」です。

【ここがポイント】
ポイント1:届けたいときに確実に届く時速260万通の高速メール配信
ポイント2:800に及ぶ多彩なアプリケーションで必要な機能を無料で追加可能
ポイント3:折り返しゼロを目指して素早いサポート体制を構築

SPIRAL®(スパイラル)<メール配信>とは?

メール配信が遅い、届かない……一瞬のビジネスチャンスを逃してしまうメール配信の不満を解決する

企業のマーケティング活動の基本となるのが、“メールマーケティング”ではないでしょうか。さまざまな手段で集めた顧客のメールアドレスは、重要な資産。それを活用するために、メールで情報発信をするというのは、古くから行われているだけでなく、現在でも主流のマーケティング手法といえます。

しかし、メールマーケティングにもいくつか弱点があります。

・メールソフトなどで手動配信を行うと時間がかかる上、ミスが増える
・大量のメールを配信すると不達や遅延が発生する
・顧客それぞれに合わせたきめ細かいマーケティングが難しい

個人個人にリーチできるというメールによるマーケティングのメリット以上に、煩わしさやトラブルを抱えているのがメールマーケティングの現状です。これらの問題を解決し、さらにビジネスに活用できるようにするのが「メール配信システム」なのです。

効率よく大量メールを配信! メールにまつわるあらゆる機能を自分で追加していける「SPIRAL®」

大量のメール配信を効率よく行える「メール配信システム」は多数のサービスが存在します。そのなかでも確実なメール配信と多彩な機能を誇るのがパイプドピッツ社の「SPIRAL®」(スパイラル)です。

「SPIRAL®」は、企業の持つメールアドレス情報を使い、数千万通に及ぶ大量メール配信にも対応。大量配信の際に不達となる可能性が高い携帯キャリアメールにも対応しており、確実にメールを配信することができます。

時速260万通という高速配信は、緊急性の高い販促キャンペーンや障害情報などの通知の際に威力を発揮。「確実に届く」×「高速配信」により、届けたいときに確実に届けることができるメール配信システムです。

「SPIRAL®」は基本料金のなかに無料で使えるアプリケーションが800以上含まれています。特別な知識がなくても、アンケートフォームや会員登録フォームなどの構築が可能。メールマーケティングに必要な機能を、無料で自由に作成して使用できるのも強みです。

SPIRAL®利用の流れ 基本の3つ

①メールアドレスデータベースの構築

「SPIRAL®」(スパイラル)は企業内にあるメールアドレス情報をデータベース化して活用します。まずは顧客メールアドレス情報を「SPIRAL®」(スパイラル)のデータベース上に構築します。

メールアドレスデータベースの構築

②メール配信設定を行う

管理画面からメール配信設定を行います。細部までカスタマイズしたメール送信が可能です。

メール配信設定

③豊富なアプリで機能を追加

セミナー開催時やアンケートなどを実施する際は、多彩なアプリを使い申し込みフォームやアンケートフォームを作成することが可能。

SPIRAL® 3つのすごい機能

①大量のメールを素早く確実に送信

時速260万通というメール配信速度を誇り、大量のメールを短時間で送信可能。キャリアのブロックなどは独自アルゴリズムで回避しているため、確実にユーザーにメールを届けます。

大量のメールを素早く確実に送信

②豊富なアプリでさまざまな機能を追加

800を超えるアプリケーションがあり、これらを組み合わせることで独自の機能を追加していくことが可能です。アプリは基本機能に含まれているため、将来的な機能追加の際に低コストかつ迅速に行うことが可能です。

豊富なアプリ

③迅速対応のサポートサービス「ユーザーズデスク」

「SPIRAL®」(スパイラル)を使用している際に生じた疑問などは、サイト上にあるボタンをクリックして質問内容をチェックして送信するだけで、5分以内にサポートから連絡。

ユーザーズデスク

LINEと連携してよりセグメント化した情報配信も 教育から小売りまで幅広い業種が導入

デニーズなどのレストラン事業やファストフード、給食事業などを手がけている“株式会社セブン&アイ・フードシステムズ”や、ネット銀行“住信SBIネット銀行株式会社”、そして“学校法人名城大学”といった教育機関と、幅広い業種で利用されています。

企業の従業員数や保有するメールアドレス数などに関わらず、メールを使ったマーケティングや情報発信を行っている企業で採用されているのは、既存の保有メールアドレスを活用できる点や、スピーディかつ確実にメールが届く信頼できるシステム、そして多彩なアプリであらゆる機能を追加できる点が評価されているから。

一見メール配信に特化したサービスに見える「SPIRAL®」(スパイラル)ですが、アプリやAPIといった機能を活用し、ユーザーの要望を叶えることができる「情報資産プラットフォーム」という側面を持ち合わせています。将来的にビジネスを大きくしていくにあたり、さまざまな角度から対応できる点が選ばれる理由です。

LINEと連携

SPIRAL®導入事例

株式会社セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズなどの外食事業や給食事業を運営)

デニーズの会員向けスマホアプリ「デニモバクラブ」の運営全般に「SPIRAL®」を使用。会員向けの情報送信だけでなく、アプリ開発や「SPIRAL®」(スパイラル)の設定、管理、コンテンツ制作なども一括してパイプドビッツに委託しています。

住信SBIネット銀行株式会社(ネット銀行を運営)

データベース上の顧客情報を活用してMAを加速する「EBM」システム導入を機に「SPIRAL®」(スパイラル)を導入。膨大な時間をかけて手作業で配信先をリスト化していた100時間を超える作業の削減に成功しました。

学校法人名城大学

「SPIRAL®」(スパイラル)のデータベースとLINEを連携して、学生向けの配信システムを構築。学生にLINE登録をしてもらい、留学プログラム参加者や交換留学、海外英語研修を希望する学生に対して、必要事項を伝達する手段として活用することで、伝達漏れや返信漏れの大幅削減を実現しました。

SPIRAL®(スパイラル)<メール配信>担当者からのメッセージ

SPIRAL®(スパイラル)<メール配信>担当者

販売促進担当:近様 重岡様

「SPIRAL®」(スパイラル)は、企業が持つメールアドレスという資産を活かすため、充実したメール配信サービスを提供しています。速く確実にメールが届くのはもちろんのこと、会員登録フォームやアンケートフォームキャンペーンページセミナー・イベント管理ページなどの作成、会員管理などの実装を、800を超えるアプリケーションを使って行うことができます。

また、企業の要望に応じて弊社でカスタマイズをして納品することも可能です。別料金にはなりますが、ゼロから構築する場合に比べコストは約1/10ほどで納まります。

LINEとの連携といった機能を実装し、今後は機械学習を取り入れ、メールの件名により開封率を表示させるといった機能の実装も予定しており、さらに一歩進んだメールマーケティングが行えます。

編集部より一言コメント

メールを使ったマーケティングでは「確実に」「速く」メールを配信することが重要視されています。「SPIRAL®」(スパイラル)は、時速260万通という高速配信に加え、独自のアルゴリズムで送信先のキャリアに合わせた配信を行っているため、不達になることが少ないのが特徴です。

また、機能が豊富なのも特徴。メールを送信後、3日後、1週間後にさらに自動でメールを送る「ステップメール」や、メールマガジンの会員登録フォーム作成機能なども基本料金で使えるので、後から機能を拡張する予定がある場合にはたいへんお得に感じるはずです。

LINEとの連携や機械学習の実装など、単なるメール配信システムの枠を超え、顧客にダイレクトに効果的なマーケティングを行うためのプラットフォームとしてたいへん優れたサービス。効率よく効果的なメールマーケティングを行いたいというときは、選択肢のひとつとして検討してみる価値があります。