Webサイトのアクセス数が増えてきたけれども、なかなか成果に結びつかず困っているWeb担当者もいるでしょう。

Webサイトに集客ができても、ユーザーの利便性を考えた設計でないと成果には結びつきません。とはいえ、Webサイトのどこをどう改善したらいいのかは、なかなか自分たちで気がつきにくいもの。

そのような場合は、「ユーザビリティテスト」の実施がおすすめです。
この記事では、ユーザビリティテストが必要な理由について解説します。

「ユーザビリティ」とは

user_-_2.jpg

ユーザビリティ」とは、Webサイトやシステムの利便性のことを指します。

ユーザビリティが良いWebサイトであれば、ユーザーは目的のページに少ない労力で移動でき、すぐに必要な情報が得られます。逆にユーザビリティが悪いWebサイトの場合、ユーザーは必要な情報をなかなか見つけられず、離脱しやすくなってしまうのです。

もしあたなのWebサイトが、「アクセス数はあるのに、コンバージョンに繋がらない」という状態にあるのであれば、Webサイトユーザビリティに問題があるかもしれません。

参考:
ユーザビリティとは-Webマーケティング用語辞典

誰にとって使いやすいWebサイトを目指すのか

ユーザービリティの改善について考える際、忘れてはならないことがあります。それは、「誰のために使いやすいWebサイトを目指すのか」ということです。

当たり前のことですが、感じ方は人それぞれ。Aさんにはユーザビリティが悪くても、Bさんはユーザビリティが良い状況もあるでしょう。

Webサイトを訪れる全員のユーザビリティを良くすることは不可能です。ですから、「どのようなユーザーWebサイトを利用してもらいたいのか」を明確にし、「Webサイトのターゲット層にとって使いやすくすること」を目指しましょう。

参考:
プロが教えるユーザビリティの定義~評価方法、改善効果、推薦図書まで

ユーザビリティテストの必要性

user_-_3.jpg

ユーザビリティテスト」とは、実際にユーザーにサイトやシステムを使ってもらいサイト改善の課題を調査することです。

ユーザービリティテストを実施すると、以下のようなメリットがあります。

1.ユーザー視点での行動心理がわかる

アクセス解析ツールだけでは、離脱率や直帰率などの数値しかわかりません。

・何に関心を持っているのか
・どんな不安や疑問があるのか

こういったユーザーの視点は、数値から想像することしかできません。
ユーザビリティテストを実施すると、ユーザー視点での行動やその心理がわかるようになります。

2.サイトやシステムの課題が見つかる

ユーザーがどこでつまずき、どこで手が止まってしまうのかも、ユーザビリティテストで明確になります。

どこが離脱のポイントになっているかが明確になれば、改善策を導きやすくなるでしょう。

3.社内での共有が可能

社内でユーザビリティの結果を共有すると、スタッフ全員が共通の認識を持ってWebサイト改善に取り掛かれるようになります。

テスト結果を共有する際には、ユーザー視点と課題を一緒に伝えることがポイント。「ユーザーにはこんなニーズがあるから、こんなコンテンツや機能が必要」と伝える方が納得してもらいやすくなるでしょう。

ユーザビリティテストを簡単に実施する方法

従来のユーザビリティテストは、対面型でアイトラッキング装置を使った方法でした。しかしこれはコストや時間もかかるため、取り入れるのが難しい場合も多いでしょう。

そこで、もっと簡単に、外注せずに社内で実践可能な方法を紹介します。

オンラインで実施する

自宅にマイクや録画機能などの環境が整った被験者に、事前に準備した項目に基づいて一人で調査をしてもらった後、動画を送ってもらう方法です。

費用は数万〜10万程度で、1週間あればテストデータを集めることが可能です。オンラインで完結するので全国で実施できるというメリットもあります。

なかには、オンラインテストが簡単に実施できるツールも提供されています。

user_-_4.jpg
ONI Tsukkomi

簡易テスト

社員や知人、家族などに対して、調査する方法です。

身近な人が調査対象のため必ずしも「ターゲット」に近いとは言い切れませんが、いつでも簡単にテストできるのが魅力でしょう。

コストもかからず、数日あれば数人分のテストデータが集められます。

参考:
ユーザビリティテストはなぜ重要か

簡単にできるユーザビリティテストでサイト改善を

Webサイトに集客はできているのに成果に繋がらない場合は、ユーザビリティテストを実施してみましょう。

テストを実施することで、「ユーザーWebサイトのどこでつまづいてしまうのか」が明確になれば、改善しやすくなるでしょう。