12月に入り、クリスマス限定のキャンペーンを展開する企業も増えてきました。プレゼントやセール、参加型など、各社様々なキャンペーンを展開していることでしょう。

とはいえせっかくキャンペーンを実施しても、ユーザーが利用したくなるキャンペーンでなければ意味がありません。

今回は、2018年の最新版クリスマスキャンペーン事例を紹介します。他社のクリスマスキャンペーンを参考に、自社のシーズン限定キャンペーンや来年のクリスマスキャンペーンを練ってみてはいかがでしょうか。

▼昨年はこんなキャンペーンがありました!▼
【2017年版】まだ間に合う!参考にしたいクリスマスキャンペーン20選

他社のクリスマスキャンペーンを参考にしよう

2018年のクリスマスに向けて、様々な企業が打ち出しているキャンペーン事例を下記4つのジャンルに分けて紹介します。

・プレゼントキャンペーン
・SNSキャンペーン
ユーザー参加型キャンペーン

プレゼントキャンペーン

プレゼントキャンペーンを成功させるコツは、ユーザーが応募しやすい内容にすること。
簡単に応募でき、ちょっとしたプレゼントがもらえるキャンペーン事例を紹介します。

1.GODIVAクリスマスキャンペーン

xmas2018_-_2.jpg
GODIVA クリスマスキャンペーン

GODIVAは、公式Twitterアカウントをフォロー&指定の投稿をリツイートするだけで、デジタルギフト券1,000円分を1,000名様にプレゼントするキャンペーンを行なっています。

しかも、応募が完了したらその場で抽選結果がわかるというスピード感もキャンペーンを成功させる秘訣です。

2.フードファンタジーのプレゼントキャンペーン

RPGゲームアプリ「Food Fantasy」はTwitterを利用したプレゼントキャンペーンを開催中です。

アカウントをフォロー&投稿をリツイートするだけで応募完了なのですが、なんとプレゼントの中身は「まだ秘密!」とのこと。

食べ物を擬人化した美味しいイケメンや美女からの秘密のプレゼントということで、ゲームユーザーから注目されています。

3.コープきんきのすごろくキャンペーン

xmas2018_-_3.jpg
すごろくをしてプレゼントを当てよう!コープきんきeフレンズクリスマスキャンペーン

コープきんきは、すごろくで遊んでゴールすることでトースターグリルやサーモマグなどの人気アイテムのプレゼントに応募できるというキャンペーンを開催しています。

すごろくでユーザーに楽しく遊んでもらいつつ、コープ共済の組合員に参加してもらう機会も設けています。

4.コカ・コーラのリボンボトルキャンペーン

xmas2018_-_4.jpg
コカ・コーラ公式ブランドサイト

コカ・コーラは、今年も大人気のリボンボトルを販売し、リボンボトルに当たりが出たら選べるスイーツやLINEポイントなどがもらえるキャンペーンを開催しています。

華やかなリボンボトルのコカ・コーラは、パーティーにぴったり。TikTokともコラボして、ユーザーが楽しみながら参加できるキャンペーンとなっています。