「集客や営業にあまり時間もコストもかけられない」と感じているWeb担当者は多いのではないでしょうか?そのようなWeb担当者におすすめなのは、顧客や見込み客の情報を集め、それを活用するリストマーケティングです。

しかし、実際にリストマーケティングを行うことでどんな利点があるのか、そもそもリストはどうやって集めればいいのかがわからない人も多いでしょう。

そこで本記事では、リストマーケティングのメリットとリストの集め方を解説します。

リストマーケティングとは

「リスト」とは、一度自社の商品を購入したことがある「顧客リスト」と、まだ購入したことはないが資料請求や見積もり、お問い合わせなどを行った「見込み客リスト」のことを指します。

これらリストを活用したマーケティング手法のことを、リストマーケティングと言います。

リストに登録される情報

リストに登録される項目は、企業により様々です。一般的には以下のような情報が登録されます。

・名前
・生年月日
・住所
・メールアドレス
・過去に何を購入したか
・過去に何の資料請求をしたか

例えばハガキのDMを送るときには住所が、メールでの案内にはメールアドレスが必要な情報になります。

また、誕生日にはバースデークーポンを発行したり、過去に購入した商品に関連する商品を紹介したりすることも可能です。

こうしてリストに対して直接的なアプローチができるのがリストマーケティングの魅力であり、効果的な手法とされています。

ただし、顧客の個人情報が登録されているためリストの取り扱いには十分気をつなければいけません。

参考:
リストマーケティングをして集客を楽にしましょう
リストマーケティングとは何か

リストマーケティングのメリット

それでは、リストマーケティングを行うことで、企業側にとってどんなメリットがあるのでしょうか?

参考:
リストマーケティングでビジネスの安定化を図る方法

集客・セールスに時間が取られない

1人の見込み客に対し対面で営業をするには最低でも1時間はかかり、100人なら100時間以上もの時間が取られてしまいます。

リストマーケティングなら30分程度で書いたものを一斉に100人でも500人でも届けられるため、*集客やセールスにかける時間を大幅に短縮できます。

Webを活用すればコストが安くすむ

Webを活用すればリストを集めるときだけでなく、リストに向けて商品を紹介するときも低コストです。多くの方に低コストで訴求ができます。

集客を自動化できる

リストを活用しステップメールを送信すれば、集客の自動化も可能です。見込み客に対して、適切な時期に適切な内容の訴求を自動的に行えれば、セールス担当の負担は少なくなるでしょう。

見込み客リストの集め方

リストを集めるには、実際に自社商品を購入してもらい顧客リストに登録するのが有効ですが、これだけでは集められる数に限界が来てしまいます。

より多くの数を集めるためには、まだ購入に至っていない見込み客リストを集めなければいけません。それでは、見込み客のリストはどのように集めれば良いのでしょうか?

見込み客リストの集め方を紹介します。

参考:
見込み客リストの集め方 使い方(ウェブ集客編)

アンケートを行う

店舗型ならアンケート用紙を準備する、Webならアンケートページを準備しましょう。

ただ何も無ければアンケートに答えてもらえないため、ちょっとしたプレゼントやサービスを提供するなど、アンケートに答えてもらうきっかけを作っておくのがおすすめです。

メールマガジンに登録してもらう

メールマガジンに登録してもらうことで、見込み客のリストが集められます。お役立ち情報を配信したり、メールマガジン購読に得点をつけたりして、メールマガジンに登録してもらえるようにしていきましょう。

ホワイトペーパーを配布する

自社サービスのターゲットが抱える課題を解決できるようなホワイトペーパーを用意するのも効果的です。

ホワイトペーパーをダウンロードする際に必要情報の登録を促せば、見込み客のリストを集められます。

広告を利用する

多少のコストがかかりますが、広告を利用してリストを集めるという方法もあります。

リスティング広告やSNS広告などを配信し、メールマガジン登録や会員登録などを促してリストを集めます。

まとめ

リストマーケティングは、どのようにリストを集めるか、集めたリストをどのように活用するかが重要になります。

うまく活用できれば、低コスト・短期間でたくさんのユーザーにアプローチできますので、まずはリストを集めるところからチャレンジしてみましょう。