この記事は2014年9月11日に公開された記事を再編集したものです。

本記事で学ぶ内容

・メルマガを配信するのに適切なタイミングを考えるポイントが理解できる。
・メルマガを読むタイミングは読者の生活スタイルに影響すると理解できる。

メルマガは配信するタイミングが重要です。誰もが共感するような良いメルマガを作ったとしても、他のメールに埋もれてしまい、必ずしも読まれるとは限らないのです。

ですから、配信する曜日、時間などによって、メルマガを読んでくれる確率=開封率を上げる工夫をしなければなりません。ユーザーがどんなタイミングなら開封してくれるのか、試行錯誤しながら配信します。

本記事では、メルマガ配信に最適なタイミングについて、考えていきます。

どのタイミングでもっとも読まれるのか

読者によって、生活リズムは異なります。朝7時の通勤電車の中で読む人もいれば、週末にまとめて読む人もいるでしょう。すべてのユーザーが同じタイミングでメルマガを読むとは限らないものです。

ですから逆に、朝7時にメルマガを読むなら、どういう内容がいいのかな、などと考えることも重要です。そのうえで、曜日や時間、期間などどのタイミングが開封率や成約率が高いのかなどを検討すると良いでしょう。

一方で、「毎週この時間、この曜日!」という安心感を与えることも重要です。タイミングの試行錯誤はメルマガ発行から早いうちに行い確定させるようにしましょう。

一般的に開封されやすい曜日は火曜日!

読者のライフスタイルによって効果的な曜日はあります。たとえば、週末に購入が多いネットショップのメルマガなどでは、金曜など週末前にセール情報を送ると良い、などです。

メルマガの曜日
いっぽうで、一般的に開封されやすい曜日があるとも言われています。それは火曜日です。北米のeメールマーケティングにおいて権威のある媒体の1つである「Email Marketing Tips Blog」では、調査の結果、開封率、クリック率ともに成績が良いのは火曜日としています。

参考リンク New Infographic: Best Day to Send Email 2013

おそらくこれは、月曜日は仕事や学校など、自分の身の回りを処理し、落ち着いた火曜日ごろにその週の予定を考える、そのときにメルマガを開く、と考えられます。

ただもちろん、この結果から、他のメルマガも火曜日に集中するリスクはあります。もし開封率が下がってきましたら、タイトルを工夫したりや配信時間をずらしたりして対応しましょう。読者や期待したい行動によって、適切な曜日は、日々の改善から見つけるという姿勢が大切です。

ビジネスマン向けメルマガは平日の11:00~13:00に送れ!

配信する曜日と同様に、時間によっても開封率が大きく変わります。

例えば、ビジネスマン(BtoB)に向けたメルマガは、平日の11:00~13:00が適切な時間と言われています。なぜなら、お昼休みをはさみ、昼食を食べる、もしくは食べ終わった隙間時間にメルマガを読むための時間が確保できると言われているからです。

一般ユーザーCtoC、CtoB)に向けたメルマガの場合ですと、平日の21:00~24:00、の時間態が開封されやすいと言われています。理由としては、仕事や家事を終え、自由時間を過ごしていると考えられるためです。

メルマガは配信後2〜3日以内に開封される

一般的には、メルマガは配信後2~3日以内に開封されます。週末を挟むときは1~2日ズレるかもれしれませんが、早いときで1時間以内に開封されることもあるのです。

配信間隔

ですので、1週間以上経過して反応が薄かった場合は、気持ちを切り替えて次のメルマガに生かせるよう別の内容や切り口、タイトルなどを考えるようにしましょう。

また、メルマガの効果を測定する区切りとして、1週間まで、と決めるのも良いでしょう。いずれにせよ一定期間で開封やクリック、成約などの結果がどれくらい出たのかを記録し、日々のデータとして蓄積していきましょう。

使い過ぎは注意!号外や速報メルマガ

ごくまれに、不規則な時間帯でも効果のあるメルマガがあります。それは、「速報」や「号外」など、タイムリーな話題を提供するときです。

これらは頻発してはいけませんが、月に1度など間隔をあけて配信するぶんには、スペシャリティの演出となり、開封率が上がることも知られています。ただ、そのときにも、読者のため、メリットがありますよ、見ないと存しますよ、といったユーザー本位での内容に限りますので、注意してください。

まとめ

メルマガの最適な配信を考えるポイントをご紹介しました。

一般的にメルマガが開封されやすい傾向はあるものの、最終的には読者や目指す効果によって異なりますので、これらのタイミングから最適なものを見つける、という試行錯誤が重要だということを強調します。

ここがポイント!

・曜日、配信時間、開封されるまでの期間で試行錯誤する。
・最も開封されやすい曜日は火曜日と言われている。
・購読者の生活スタイル、期待したい行動を考え、タイミングを考える。