見込み客リストの集め方

リストを集めるには、実際に自社商品を購入してもらい顧客リストに登録するのが有効ですが、これだけでは集められる数に限界が来てしまいます。

より多くの数を集めるためには、まだ購入に至っていない見込み客リストを集めなければいけません。それでは、見込み客のリストはどのように集めれば良いのでしょうか?

見込み客リストの集め方を紹介します。

参考:
見込み客リストの集め方 使い方(ウェブ集客編)

アンケートを行う

店舗型ならアンケート用紙を準備する、Webならアンケートページを準備しましょう。

ただ何も無ければアンケートに答えてもらえないため、ちょっとしたプレゼントやサービスを提供するなど、アンケートに答えてもらうきっかけを作っておくのがおすすめです。

メールマガジンに登録してもらう

メールマガジンに登録してもらうことで、見込み客のリストが集められます。お役立ち情報を配信したり、メールマガジン購読に得点をつけたりして、メールマガジンに登録してもらえるようにしていきましょう。

ホワイトペーパーを配布する

自社サービスのターゲットが抱える課題を解決できるようなホワイトペーパーを用意するのも効果的です。

ホワイトペーパーをダウンロードする際に必要情報の登録を促せば、見込み客のリストを集められます。

広告を利用する

多少のコストがかかりますが、広告を利用してリストを集めるという方法もあります。

リスティング広告やSNS広告などを配信し、メールマガジン登録や会員登録などを促してリストを集めます。

まとめ

リストマーケティングは、どのようにリストを集めるか、集めたリストをどのように活用するかが重要になります。

うまく活用できれば、低コスト・短期間でたくさんのユーザーにアプローチできますので、まずはリストを集めるところからチャレンジしてみましょう。