まとめ

今回は、既存サイトの回遊性を改善するために見直すべき3つのポイントについて紹介しました。

単にサイトの露出数を上げたいなら、広告出稿だけでも問題ありませんが、長期的に地盤を整えて高いPV数やお問い合わせ数を増やしたければ、サイトの回遊性の問題は疎かにできません。

ターゲットに響くサイトを構築したいならば、ぜひ今一度、自分のサイトを客観的に分析し、読者の行動を阻んでいるところはないか。導線が切れてしまっているポイントを探し出し、読者が巡回しやすいサイトへブラッシュアップしていきましょう。