日本で人気の高いSNSといえば、Twitterですが実態はどのようなものになっているのでしょうか。

Applivはアンケート調査サービスを使用し2019年6月5日から6月11日の期間で、10代から60代の男女1,328人を対象に、「Twitter」の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

参考:
『Twitter』の利用実態に関するアンケート、10代のアカウント所有率は8割超に(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ)|ナイル株式会社のプレスリリース

アカウント所有率は10代がトップ

まずTwitterアカウントを所有しているかどうかを調査すると、約6割の人がアカウントを持っていることがわかりました。

image3.png
画像引用:https://mag.app-liv.jp/archive/123547

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

年代別で所有率を見てみると、15歳~19歳では85.1%がアカウントを持っています。その他の年代を見てみると40代までは「持っている」が50%を超えています。「持っていない」が最も多い60代でも所有率は約4割となりました。

image1.png
画像引用:https://mag.app-liv.jp/archive/123547