SNSマーケティングでは分析ツールが必要不可欠です。Twitterの分析をするなら「Twitterアナリティクス」は欠かせないでしょう。Twitterが無料で提供している分析ツールで、誰でも簡単に自分のアカウントのデータ分析が行えます。どれだけ見られていて、どれだけ反応されているかがわかるため、効果的なツイートの傾向を把握することができるのです。

そこで、今回はTwitterアナリティクスで具体的に何ができるのか、どんなデータが見られるのかを解説します。Twitterユーザーであれば誰でも確認できるホーム画面とツイート画面の見方を中心に、画面キャプチャと合わせて説明しますので、これから始める方でも大丈夫です。Twitterアナリティクスの使い方を知り、発信力を高めましょう。

Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスとは、ツイートを分析してフォロワーのデータを詳しく知るツールです。主に「アカウントホーム画面」「ツイートアクティビティ管理画面」があり、アカウントホーム画面では統計データの概要が月ごとに表示され、どのツイートに人気があったか、どのツイートが高い成果を出したか、そして拡散力を持つフォロワーが誰かなどがわかります。

ツイートアクティビティ管理画面では、各ツイートのデータを確認できます。例えば、ツイートが表示された回数、リツイートされた回数、いいねされた回数などです。Twitterアナリティクスでアカウントのデータを分析することで、より効果的な情報発信方法がわかり、Twitterの運用を改善できるでしょう。

Twitterアナリティクスの始め方

まず、Twitter アナリティクスのページhttps://analytics.twitter.com/about )にアクセスし、左側の「Twitterアカウントでログイン」という青色のボタンを押して、ログインします。

image4.jpg

ここで一度ログインすれば、通常のTwitterページから「アナリティクス」ボタンを押して直接ログインできるようになります。

image6.jpg

Twitterアナリティクスの見方

Twitterアナリティクスのサイト(https://analytics.twitter.com/ ) では、最初にアカウントホーム画面が表示されます。現在のアカウントの統計値が、過去28日間ごと(月ごと)に確認できます。

過去28日でのパフォーマンスの変動

一番上には直近の「過去28日でのパフォーマンスの変動」が出ていて、実際の数値に加えて、前月と比較してどんな変化があったかわかります。表示されているのは以下の4項目です。

image5.jpg

  • ツイート:自分がツイートした数。
  • ツイートインプレッション:自分のツイートがユーザーに表示された数
  • プロフィールへのアクセス:プロフィールにアクセスされた数。どれだけアカウントに興味を持たされたかがわかります。
  • @ツイート:自分宛ての@ツイート。
  • フォロワー:フォロワーの数。アカウントが成長しているかわかります。

ここでは、ツイートインプレッションは20.5%上がっているのに、プロフィールへのアクセスは24.7%下がっていて、フォロワー数も減っています。つまり「ツイートが前月より多く表示されているのに興味を持たれていない」ということになり、ツイート内容の見直しが必要です。

月ごとの概要とハイライト

その下では、月ごとの概要とハイライトがわかります。
月ごとの概要は右下に数値で表示されていて、トップに表示されていたのと同じく「ツイート」「ツイートインプレッション」「プロフィールへのアクセス」「@ツイート」「新しいフォロワー」の5項目があります。一番上は当月のデータになるため、月の途中で見た場合は月初1日から前日までの数値が表示されます。

image8.jpg

ハイライトには、トップツイート、トップの@ツイート、トップフォロワー、トップのカードツイート、トップのメディアツイートの5つが表示されますが、カードツイートとメディアツイートは該当するツイートをしなければ表示されません。

  • トップツイート:その月に一番多く表示されたツイート。
  • トップの@ツイート:その月で最も反応(いいね、リツイート、クリックなど)された自分への@ツイート。
  • トップフォロワー:その月の新たなフォロワーのなかで最もフォロワーが多いユーザー。拡散力のあるユーザーだと言えます。
  • トップのカードツイート:自分のウェブサイトのTwitterカードを含んだツイートのなかで、一番多く表示されたツイート。
  • トップのメディアツイート:画像や動画などのメディアを含む自分のツイートのなかで、一番表示されたツイート。

ツイートアクティビティ

次はホーム画面からツイート画面へと移りましょう。
画面上のメニューバーから「ツイート」をクリックすると、ツイートアクティビティが表示されます。それぞれのツイートの反響がチェックできるので、Twitterの運用を見直して改善するのに役立ちます。

image7.jpg

画面上部のグラフ部分では、直近28日間のインプレッション(ツイートが表示された数)がわかります。水色のグラフがインプレッション数、灰色のグラフがツイート数で、ツイート数が多いのにインプレッション数が少なければ、せっかくツイートしてもユーザーにきちんと届いていないことになります。「いいね」されやすい有益な情報をツイートするなどして、多くのユーザーに表示されるように改善しましょう。

その下では、各ツイートの情報がチェックできます。デフォルトだと時系列に、新しいものから順番に並んでいます。チェックできる項目は「インプレッション」「エンゲージメント」「エンゲージメント率」の3つ。

image2.jpg

  • インプレッション:ユーザーTwitterでツイートを見た回数。自分のツイートがどれだけのユーザーに見られているかがわかります
  • エンゲージメントユーザーがツイートに反応した合計回数。クリック、リツイート、返信、フォロー、いいねなどの合計です
  • エンゲージメント率:エンゲージメントの合計数÷インプレッションの合計数。プロフィールや詳細のクリック・リツイート・返信・フォロー・いいねなどの合計を、ツイートが表示された数で割ったもの。高いほどユーザーの興味を引きつけた効果的なツイートだったと言えます。

いずれかのツイートをクリックすると、そのツイートの詳細情報が表示され、インプレッション数とエンゲージメントの総数・内訳(クリック数、いいね、リツイート)がわかります。

image1.jpg

「トップツイート」のボタンをクリックすると、インプレッション数が多い順にツイートが表示され、多く露出したツイートがわかります。認知度を高めたいなら、インプレッションが多いツイートの傾向を分析して多くの人にツイートが届くようにするといいでしょう。

image3.jpg

Twitter運用のコツは徹底的な分析

TwitterはSNSの中でも拡散力が高く、一気に爆発的な伸びをみせることも少なくありません。とはいえ一朝一夕で当てられるものではなく、Twitterでフォロワーを伸ばしたり、リツイートされたりするには入念な分析が必要。人気のアカウントは、それだけの分析・試行錯誤を経てフォロワーを獲得しているのです。
人気のアカウントの分析と合わせてTwitterアナリティクスを活用し、運用しているアカウントで人気が高いツイートは何か、どんなツイートをすれば反響があるかなどを把握して、より効果的な運用をしていきましょう。

参考:
Twitterアナリティクスの使い方

Twitterアナリティクスの使い方を徹底解説【第1回・基礎編】 | SELECK [セレック]

Q: Twitter アナリティクスのログイン方法、使い方とは? | SNSマーケティングの情報ならガイアックスソーシャルメディアラボ

関連記事

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

Webマーケティングにおいて、今やメインとなっていると言ってもいいTwitter。その際にチェックしておきたいのが「エンゲージメント」です。Twitterでは、ツイートごとにユーザーの反応をチェックすることが可能。そこでTwitterのエンゲージメントの見方を紹介します。

インプレッションを確認してTwitterの効果を把握しよう

インプレッションを確認してTwitterの効果を把握しよう

Twitterのインプレッションとは、投稿がユーザーのタイムラインに表示された回数のこと。ユーザーが投稿を見る機会がどのくらいあったかを把握できます。インプレッションを知ることで、どのような投稿が人気でそうでないのかということが分析可能です。大切な指標であるインプレッションを理解して、効果的なTwitter運用を目指しましょう。