SNSマーケティングでは分析ツールが必要不可欠です。Twitter(ツイッター)の分析をするなら「Twitterアナリティクス」は欠かせないでしょう。Twitterが無料で提供している分析ツールで、誰でも簡単に自分のアカウントのデータ分析が行えます。どれだけ見られていて、どれだけ反応されているかがわかるため、効果的なツイートの傾向を把握することができるのです。

そこで、今回はTwitterアナリティクスで具体的に何ができるのか、どんなデータが見られるのかを解説します。Twitterユーザーであれば誰でも確認できるホーム画面とツイート画面の見方を中心に、画面キャプチャと合わせて説明しますので、これから始める方でも大丈夫です。Twitterアナリティクスの使い方を知り、発信力を高めましょう。

Twitter(ツイッター)アナリティクスとは

Twitterアナリティクスとは、ツイートを分析してフォロワーのデータを詳しく知るツールです。主に「アカウントホーム画面」「ツイートアクティビティ管理画面」があり、アカウントホーム画面では統計データの概要が月ごとに表示され、どのツイートに人気があったか、どのツイートが高い成果を出したか、そして拡散力を持つフォロワーが誰かなどがわかります。

ツイートアクティビティ管理画面では、各ツイートのデータを確認できます。例えば、ツイートが表示された回数、リツイートされた回数、いいねされた回数などです。Twitterアナリティクスでアカウントのデータを分析することで、より効果的な情報発信方法がわかり、Twitterの運用を改善できるでしょう。

Twitter(ツイッター)アナリティクスの始め方

まず、Twitter アナリティクスのページhttps://analytics.twitter.com/about )にアクセスし、左側の「Twitterアカウントでログイン」という青色のボタンを押して、ログインします。

image4.jpg

ここで一度ログインすれば、通常のTwitterページから「アナリティクス」ボタンを押して直接ログインできるようになります。

image6.jpg