発展編:「円グラフ」で絶対に使いたい裏技2つ

基本的な作り方をマスターしたところで、覚えておくべき裏技を2つご紹介します。

1:円グラフを作るときの注意点

以下の図は、あるホームページで行ったアンケートの結果を表したものです。果たして、このグラフは見やすいでしょうか?

アンケートの結果

項目数が多過ぎて、左上半分は殆ど何を表しているかわかりません。

円グラフを作成する場合、0%から100%の間で表現する都合上、項目数が多ければ多いほど見難くなります。

私の経験上、その上限は8個だと考えており、8個以上ある場合、8個目を「その他」として、9個目以上の数字を合算して表現する方が解りやすいです。

合算した数字

もし「その他」が上位項目に迫る勢いで全体を占めていれば「この状況はロングテールです」と言えます。

2:使いこなせるとちょっとカッコいいドーナツグラフの作り方

ドーナツグラフは真ん中に穴が空いていて、空白の部分に総数を入れることで、各項目のおおよその実数を把握することができます。

さらに、バームクーヘンのように二重、三重に表すことができます。

ドーナツグラフ

二重ドーナツグラフの見方ですが、1階層目が大分類に対して、2階層目が小分類を表しています。1つのグループを何か別の軸で集約できる場合にはドーナツグラフを使って表現してもいいでしょう。

帯グラフとの違いは、ドーナツグラフが1つのグループ内をドリルダウンして再度表現しているのに対して、帯グラフは別のグループを並べて表現している点にあります。

別グループを無理やりドーナツグラフで表現してもわかりづらいだけですから避けた方がいいですね。

まとめ

今回は、「円グラフ」に焦点をあてて、もっとも伝えたいことを、もっともわかりやすく伝えるグラフ表現方法をお伝えしました。

「割合を表現」するなら円グラフです。

見せ方さえコツを掴めれば最強のコミュニケーション方法である「グラフ表現」をマスターして、分析レポートに活かしましょう!

このニュースを読んだあなたにおすすめ

誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方

誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方

データを解りやすく伝えるのにもっとも良い手法が「グラフ(絵を用いた)表現」だと言われています。 だからだと思うのですが、最近はBIツール界隈も急速に盛り上がりつつあります。BIツールで作成したグラフを用いたプレゼンは「データプレゼンテーション」と言うそうです。

【ビジネスマン必見!】小学生にもわかるドラッカー入門

【ビジネスマン必見!】小学生にもわかるドラッカー入門

ビジネスマンであれば誰しも一度は聞いたことのあるドラッカー。本名をドイツ語読みでペーター・フェルディナンド・ドラッカーといいます。彼の著書「マネジメント」では会社のあり方や組織論が学べます。

ホームページ周りの作業効率をとにかくアップしたい時に参考になる記事7選

ホームページ周りの作業効率をとにかくアップしたい時に参考になる記事7選

今回は、これまでFerretが配信してきた記事の中から、ホームページ周りの作業効率を上げてくれるものを7つ厳選しました。時間に追われているWeb担当者の皆様は是非ご確認ください。