マーケティング業務において、市場のデータが欲しいという場面がたくさん出てきます。しかし、自身で調査をする時間やリソースがないことも。

そんなときには、あらゆる市場データを集めてまとめている調査サイトを活用してみると良いでしょう。

調査サイトを活用することでリサーチの時間や費用を大幅に短縮し、信頼できるデータを企画書などに使うことも可能です。

そこで今回は、市場調査のデータを提供している優良調査サイトを6つご紹介します。

e-Stat

image5.png

統計で見る日本|s-Stat

日本の政府が発表した統計データを知りたいときには「e-Stat」が便利です。

独立行政法人統計センターが運用管理、総務省統計局の整備のもと2008年からスタート。あちこちの政府関係ホームページを見て回らなくても、ワンストップで各種情報を手に入れられます

また科学技術・行財政・各種産業といった、なかなか閲覧できないデータも無料で提供されているため、他で探しても見つからないデータも発見できるでしょう。

HoNoTe

image4.png

市場調査メディア ホノテ by Macromill

アンケートなどによるマーケティングやリサーチを行う株式会社マクロミルが運営する「HoNoTe」では、実際にアンケートを行った際の市場調査レポートを公開しています。

食・日用品、自動車、流通、教育など、消費者の生活に関わりのあるテーマの統計データをメインに扱っているのが特徴。より消費者の生の声に近いデータを集められます

さらに日本国内だけでなく、グローバルリサーチも行っているため、海外の市場動向がわかるのもポイント。

消費者の意見や現代の考えについてより深く知りたいときには「HoNoTe」を活用すると良いでしょう。

調査のチカラ

image3.png

調査のチカラ〜無料アンケートデータのまとめサイト〜

情報コンテンツの提供や広告の出稿などを行うアイティメディア株式会社は、「調査のチカラ」という調査サイトを運営しています。あらゆるサイトや機関のデータを集約し、無償で提供しています。

テーマは社会・政治、消費・投資、ライフスタイル、エンターテインメント、セキュリティ・ネットワーク、マーケティングなど幅広く、最新データもすぐにアップされているため、新しいデータが欲しいときに便利です。

また、会社名や注目データで探すといった検索機能も充実。かなり膨大な数の調査データが集結しているため、欲しい情報は「調査のチカラ」から探せばほぼ見つけることができるでしょう。

生活定点

image1.png

生活定点1992-2018|博報堂生活総合研究所

1992年の古いデータから2018年までのデータを集めた「生活定点」を活用することで、時代の変化に合わせた市場の動向の変化を体系的に読み取れます。

取り扱っているジャンルは、消費、家族、学びなど暮らしに寄り添ったものが多く、消費者に関する調査データが必要な場面にとても役立つでしょう。気になるデータをじっくり眺めたいときにはダウンロードも可能です。

また、性別・年代・地域でデータを比較できる機能も優秀。それぞれの差や違いについてひと目でわかるため、マーケティング業務がさらに捗るでしょう。

矢野経済研究所

image6.png

市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

「矢野経済研究所」では受託調査や研修、コンサルティングを行っていますが、ホームページ上で市場調査データも公開しています。

かなり詳しく踏み込んだ資料が欲しいという人向けに、市場調査資料やショートレポートを有料で提供しているため、無料データでは足りないというときに便利です。

また、ホームページ内のトピックスやコンテンツは読むだけで勉強になり、マーケティング視点を養える点にも注目。より深いデータや気付きが欲しいときには活用してみると良いでしょう。

リクルートライフスタイル

image2.png

調査・研究|リクルートライフスタイル

株式会社リクルートが運営する「リクルートライフスタイル」では、転職や不動産、旅行、外食産業まで、リクルートが手がける業務の中で集まった資料を無料で公開しています。

会員登録をする必要がなく、消費者の生活に密着したジャンルごとに消費者のトレンドを追えるような調査内容が豊富なのがポイントです。

私たちの生活に深く関係している企業だからこそできる、より広い層の消費者を対象にした良質な調査データ。そんな資料を無料で手に入れることで、次のマーケティング手法を思い付くかもしれません。

調査サイトを活用して効率良くデータを探そう

自分でデータを集めるためにイチから市場調査を行っていたら、かなりの時間と手間がかかります。どうしても自社で集めないといけないというデータではないのなら、優良な調査サイトで調べる方が効率的です。

また、調査サイトによって調査の対象も若干異なるため、複数のサイトで同じデータを集めて比較するのもおすすめです。

ここで紹介した優良調査サイトを、ぜひあなたのマーケティング業務に活かしてください!