LINE Score(ラインスコア)のメリット

ではいくつかある スコアリングサービスから LINE Scoreを選ぶメリットはどこにあるのかについて紹介していきます。

LINE Payのマイカラーがランクアップ

LINE Scoreのスコアが一定以上になるとLINEの提供しているPayサービスであるLINE Payで最大5%のポイント還元を受けることが可能になります。

具体的にはスコア626~725(ブルー)で支払いごとに1%還元・コード支払いであればさらに3%追加、スコア726以上(グリーン)で支払いごとに2%還元・コード支払いであればさらに3%追加というかなり大きなポイント還元になっています。

2019年9月現在、もっともポイント還元率のいいとされているPayPayでも3%(10月から1.5%に減)ですので、LINE Scoreでブルー以上のスコアの方はLINE Payの利用が非常にお得です。

LINE Score(ラインスコア)の特徴

ではLINE Scoreの特徴ですが、LINEのプレスリリースでは特徴を以下のように紹介していました。

LINE Pocket Money(ラインケットマネー)との連携で簡単審査

IMG_1286.jpg
LINE Pocket Moneyとは2019年8月にLINEから提供が開始された個人向けローンサービスのことです。

LINE Pocket Moneyではオリコとみずほ銀行から提供を受けたノウハウとLINE Scoreをかけ合わせることで、申し込みから借入、返済までの全フローをあぷり 上で完結させることのできる事が特徴です。また、LINE Scoreのスコアに合わせて金利や借入上限額なども変動することも大きな特徴です。

ここまでお読みいただいている方であればもうお分かりかもしれませんが、LINE Scoreのスコアが高ければ高いほど有利な条件で借入をすることが可能な仕組みになっています。

さまざまなキャンペーンを展開中

LINE Scoreでは車やファッションのシェアリングサービスなどと連携したキャンペーンを行っており、セレブの象徴ともいわれるエルメスのバーキンを3ヶ月間無料でレンタルできるLaxusのキャンペーンは特にSNSで話題となりました。

今後もDeNaやオリエントコーポレーション、DMM.comやLIFULLなど、様々な業界の大手企業とのサービス連携が発表されていますので、それに合わせてたくさんのキャンペーンが展開されることが予想されます。

LINE Score(ラインスコア)のデメリット

LINE Scoreのデメリットについてですが、本記事の執筆現在では特にないと考えています。

中国では航空券や鉄道のチケットの購入拒否やNPO法人の立ち上げを禁止されるなどのリスクがあるとご紹介しましたが、ここまでの規制を日本のスコアリングサービスが行うのは現時点では現実的ではないでしょう。

また、中国で利用されているスコアリングサービスはSNSの監視を行っているようですが、LINE Scoreは個人情報の保護を最重要事項としていると公言していますので、トーク履歴からスコアを判断するといったスコアリングは行わないようです。

また、LINEでは、お客様のプライバシー保護を経営の最重要事項としており、個人情報の定義を法律よりも幅広く捉え、メッセージの内容などは「通信の秘密」として特に厳密な保護の対象としています。そのため、通話内容やメッセンジャー上での内容に関しては、算出元データには含んでおりません。