日本国内にて月間の利用者数が8,400万人以上といわれているツールのLINE。毎日のメッセージのやり取りから、日常の共有、ニュースの確認から音楽鑑賞まで。LINEとその関連コンテンツの充実具合は近年高まりを見せています。それに関連して利用者数も増加し、ビジネスとして活用する動きも活発に。

LINEは日本国内の多くの人が利用していることもあり、集客ツールとして機能すれば大きな効果が得られます。あらゆるツールの中でも利用者が毎日確認する可能性の高いLINEは、効果的に利用することで他にないメリットがあるのです。

今回はこのLINEをビジネス利用する場合に便利な、公式アカウントについて紹介していきます。アカウント開設方法から基本的な機能についても解説するので、まだ詳しく知らないという人も勉強してみてください。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントは、簡単にいうと個人としてのサービスの利用ではなく、企業や個人が不特定多数に対して発信をするためのアカウントです。メッセージのやり取りやタイムラインの利用は可能ですが、それ以外にも発信活動をするのに適した機能が実装されています。

公式アカウントを利用して集客をおこなっている企業は多く、LINEアプリ上で検索することでもアカウントを探すことが可能です。LINEのみで新規顧客とのマッチングが進んでいくので、上手く活用しない手はないでしょう。

企業だけでなく芸能人やインフルエンサーが自身の情報発信に活用したり、告知ツールとして利用していたりすることもあります。使い方次第で幅広い可能性が見出せるので、積極的に利用していきましょう。

参考:LINE公式アカウント

LINE公式アカウントと旧LINE@の違い

LINE公式アカウントはかつてLINE@と呼ばれていました。現在は名称をかえてLINE公式アカウントとなっていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

従来のLINE@と呼ばれていたものは、機能的には現在の公式アカウントと似ているものになります。以前はビジネス用途で利用するアカウントが「LINE@」と「公式アカウント」の2種類が用意され、大まかにLINE@が「一般向け」で公式アカウントが「企業向け」といった立ち位置でした。価格帯にも幅があり、現在利用できる機能を利用するにはコストがかかっていたのです。

2つあったビジネスアカウントをLINEは2019年に統合。その結果として現在の公式アカウントというものが誕生しました。費用的にもお手軽になり、これまで高額な費用が必要とされていた機能も利用しやすくなりました。

LINE公式アカウントの料金体系

利用しやすさが以前よりも向上したLINE公式アカウントですが、気になるのが利用料金。利用する前にどれほどの費用感で導入できるのかを見ておきましょう。効果があるツールであるがゆえに、どのプランを選択するのかは重要となります。

料金体系は3種類

料金体系は全部で3種類となっています。月額費用が無料のフリープラン。月額が5,000円のライトプラン。月額が15,000円のスタンダードプランが用意されており、それぞれによって設定されている追加メッセージの件数や月額内で送信できるメッセージの数が定められています。

アカウントを友だち登録しているユーザーの規模感や、発信する内容やそれを通して得たい効果でも選択するべきプランは異なってきます。まずは様子を見るといったことから、フリープランで少数の登録者に向けて情報を発信するのもよいでしょう。

また逆に開設初期から少数の人に向けて濃い情報を提供することで信頼を勝ち取り、結果として登録者の増加を目指していくことも可能です。どのような展望でLINEを活用するのかに応じて使い分けていきましょう。

参考:料金プラン

送信できるメッセージ数で区分け

フリープランやスタンダードプランの違いとして、月額費用内で発信できるメッセージ件数が異なります。フリープランは月額費用がかからないかわりに、月に1,000通までしかメッセージを送信できません。100人に向けて月に10通しか送れない計算になります。

ライトプランは月に15,000通の送信が可能となっており、スタンダードプランはその3倍の45,000通送信可能です。より多くのメッセージを送って、集客を促進させたい場合は月額を払って活用するのをおすすめします。

またフリープランは月の送信数に達した場合に、追加でメッセージを送ることができないのに対して、ライトプランやスタンダードプランは追加費用を払えば送ることが可能です。ライトが1通あたり5円、スタンダードが1通あたり3円となっています。