Instagram(インスタグラム)では、今まで見えていた投稿の「いいね!」の数が非表示に切り替わりました。それにより、一般ユーザーだけでなくInstagramをビジネス活用している人にも影響が考えられます。

今回はInstagramで「いいね!」数が非表示になった経緯とSNSマーケティングに及ぼす影響、そして現時点(2019年10月時点)で「いいね!」数を確認する方法を解説します。

「 いいね!」数の非表示のテストを開始

Instagramの「いいね!」数の非表示のテストは2019年5月からカナダで開始され、7月19日には日本を含む一部の国で行うことが発表されました。

この発表時点ではまだ一部のユーザーのみが対象でしたが、9月下旬には本格的に日本での「いいね!」数非表示のテストがスタートし、日本のユーザー全員が対象となっています。

参考:Instagram、投稿の「いいね!」数を非表示にするテストを日本でも実施|Facebookニュースルーム

実際にインスタグラムの表示画面を見てみましょう。

image1.jpg

テスト開始時には画面上に以下のような通知が表示されます。すでに目にした人も多いのではないでしょうか?

0.png

以前の表示は「他○人が「いいね!」しました」という表記でしたが、そこから具体的な人数が消えました。

1.png

「いいね!」一覧を見ても、「いいね!」した人のアカウントは表示されますが、「いいね!」の合計数はわかりません。

また、動画を投稿した場合は「いいね!」数ではなく動画の再生回数が表示されていましたが、「いいね!」数の非表示に伴い、動画の再生回数も非表示となりました。

このテストでのInstagram(インスタグラム)の狙いとは

近年、過剰な「インスタ映え」を求めるあまり、観光地や飲食店でのマナー違反が問題視されています。

注目されやすい写真や動画を投稿することでたくさんの「いいね!」を獲得し、自分が認められていると錯覚して、ますますマナー違反の行為が加速することもありました。

Instagramはユーザーが「いいね!」数に固執していることに課題を感じ、今回のテストを実施。

「どれだけ「いいね!」を獲得したのか」よりも、コミュニティ内での繋がりや実のあるコミュニケーションを充実させ、そして写真や動画のクオリティを重視してほしいという狙いがあるようです。

マーケティングへの影響

「いいね!」数が見れなくなることで、一般ユーザーには

・精神的な疲弊が軽減される
・モチベーションが下がる

といった二極化した影響が考えられます。そしてマーケティングおいても「いいね!」数の非表示は大きな影響を与えるでしょう。

例えば「いいね!」数を競合との比較やコンテンツの質の高さの指標として利用していた場合、その手法が利用できなくなります。インフルエンサーを起用したマーケティングにも打撃を与えるでしょう。

また、「いいね!」数が非表示になることで、ユーザーは積極的に「いいね!」をしなくなることも考えられます。すると企業の投稿が獲得できる「いいね!」数が減少する可能性も大きいです。

今後の対策

Instagramの「いいね!」数の非表示に、企業はどんな対策を取れば良いのでしょうか?

現在はあくまでテストであるため、後述する方法で「いいね!」数を確認できるのですが、本格的に導入された場合、競合アカウントの投稿を「いいね!」数で判断できなくなる可能性が高いです。そのため、「いいね!」数以外の新たな指標を見つける必要があります。

ただし、「いいね!」数の非表示により「いいね!」数が重要でなくなる、というわけではありません。

Instagramの「人気投稿」のアルゴリズムは非公開ですが、現在でも「いいね!」数が多い投稿が多数であるため、「いいね!」数が非表示になってもより多くの「いいね!」数を獲得することは必要だと考えられます。

ではどうすればたくさんの「いいね!」数を獲得できるのか?それは、コンテンツ内容を充実させることがカギです。

「いいね!」数が非表示になったことで、コンテンツがますます重視される傾向になるでしょう。写真・動画・ストーリーズ・言葉(キャプション)など投稿内容にこだわり、ユーザーにより熱心なファンになってもらうように目指していきましょう。