今現在、世界の人口は77億人と言われ、こうしている今も新たな生命が誕生し続けています。爆発的に増えている人口は今後、都市部に70%以上が集まることをご存知でしょうか。

というのも、地方では交通の利便性が悪く、欲しいものが手に入らないといった問題が懸念れています。となると、地方の人々は都市部へと流れ、地方の過疎化と都市部の爆発的な人口増加が問題視されます。

それを解決すべく、注目されているのが「スマートシティ」です。この記事では、

  • スマートシティとは?
  • スマートシティの実現に必要な技術
  • スマートシティの事例

を紹介します。スマートシティに関する知識を深めたい方は参考にしてください。

スマートシティとは

人口増加により、都市のスマートシティ化が進んでいます。その理由は環境問題や電力・エネルギーが今後不足すると考えられているからです。

こうした中、世界の各都市ではloTを活用した交通網やエネルギーの最適化を行うことで、課題を解決しようと動き出しおり、その施策を「スマートシティ」と呼んでいるのです。

私たち人間の暮らしに欠かせない生活インフラを整え、真の意味で豊かな暮らしを体現する。生活を「スマート」に、それがスマートシティの定義です。

スマートシティが注目される背景

スマートシティが注目される背景には、世界中の国の課題である社会インフラの老朽化や深刻なエネルギー不足が影響しています。日本の場合だと、少子高齢化の問題も懸念されており、様々な要因がスマートシティを実現する必要性があると示しています。

新興国と先進国で対策がスマートシティ化が異なる

新興国と先進国ではスマートシティを進めるにあたっての方法が異なります。なぜなら、新興国と先進国では抱えている問題が異なるからです。

例えば、新興国では人口増加による電力不足が懸念されており、全く新しい都市開発としてのスマートシティの導入が考えれています。

しかし、先進国の場合はすでに完成しきっているインフラを整備するために、スマートシティを導入するので、目的と意味は異なるのです。

また、IoTを活用したシステムのインターネットの紐つけや膨大なデータをリアルタイムで収集し、的確な分析を行うことができるようになったのも、スマートシティを実現する動きが加速した要因でしょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

日本においてのスマートシティの重要性

未だスマートシティ化の進んでいない日本ですが、少子高齢化が進みつつあるということが原因し、スマートシティの重要性は高まる一方です。

都市部に人口が増加したとしても、生活の水準を落とさないというのがスマートシティの目的ですが、解決が期待できる問題はそれだけではありません。

  • インターネット導入による人手不足の解消
  • エネルギー不足の解消
  • 災害の対策・対応
  • 交通渋滞の緩和
  • 経済活性化
  • CO2削減

といったように、スマートシティを進めることは日本の国民を守ることにも繋がるのです。

スマートシティの実現に必要な技術

スマートシティの実現に必要な技術として、loTが挙げられます。loTとは、この世にある全てのモノがインターネットで繋がるということ。ただ、その定義は曖昧で、食品や生活用品がインターネットに繋がることだけでなく、工場の生産ラインやトラックがインターネットシステムと繋がることを指します。

loTを活用することで、人々の生活水準を向上することができ、同時に快適な住みやすさを実現できます。他にも、EVによるシェアモビリティの普及。再生可能エネルギーにより、CO2の削減など。スマートシティを実現するためには様々な技術が必要なのです。

今はまだ、スマートシティ化に向けてに準備段階ですが、今後は一気に加速することが考えられます。

スマートシティの実際の事例・関連事業

わかりやすい例としては、JAPANタクシーが提供するタクシーを呼べるアプリ「DiDi」が挙げられます。スマホのアプリからタクシーを呼ぶことができるこのサービスはloT化の成功事例と言えるでしょう。

とはいっても、日本ではまだまだ開発段階。スマートシティの開発が進んでいる
欧米諸国や中国で急激に拡大しています。以下では、スマートシティを牽引している欧米諸国や中国の事例をご紹介しながら、今後の動向を探っていきましょう。

スマートシティ事例1|ニューヨーク

常に世界最先端を走り続けるニューヨークではスマートシティに関する開発が進み、市民や観光客までの生活水準を向上しています。様々な開発が進められている中、「LinkNYC」と呼ばれるスマートシティ開発は世界各国から注目を浴びています。

「LinkNYC」はニューヨーク市内にある公衆電話を高速wi-fiスポットにする施策。市内のどこにいてもギガビット通信(10分の動画を0.6秒でダウンロードできる速さ)が可能で、観光客や市民のインターネット環境を必要とする通信機器の利便性が格段に向上させることに成功。

また、ニューヨーク中にある公共施設にはリアルタイム情報をいち早く共有できるスマートスクリーンを設置。そこに、地元のニュースやタイムリーな情報を配信する機能が追加され、ニューヨークにいる人々に鮮度の高い情報を提供できるようになりました。

地元の市民だけでなく、観光客の暮らしにまで寄り添ったサービスはスマートシティ化の成功例と言えます。

スマートシティ事例2|杭州市

中国はアメリカに続いてスマートシティ化を牽引している国です。その中で代表的な成功事例といえば、杭州市が行ったAIを活用した交通整備。中国は莫大な人口増加により、自動車を活用する人も増えています。

同時に、交通違反や事故の増加も懸念されていました。そこで杭州市は、交通状況をリアルタイムで監視するAIを導入。もともと設置していたカメラの精度を高め、アリババの研究機関で開発されている画像認識の技術を活用し、画像によるデータ解析の制度を高めることに成功。

ただ、現在は交通状態の監視をAIが行っているだけですが今後は自動的に交通違反の取り締まりができることも考えられます。もしも実現することがあれば、道路を監視するのはロボットのみで、警察が取り締まることのない時代がくるかもしれません。

スマートシティの今後を考える

世界中でその施策が進んでいるスマートシティ。loT時代に突入したということもあり、今後は日本でもスマートシティ化が進むとみられています。ただ、未だ実証実験は少なく、他の先進国よりは大きく遅れている印象を受けます。

すでに中国や欧米諸国ではスマートシティ化が進み、市民や観光客の生活水準を高めています。まだまだ日本は「開発段階」であるために、課題は山積みとなっていますが、スマートシティを牽引している各国のシステムを参考に開発を進めていくでしょう。

日本でも深刻な問題になりつつある「少子高齢化」や「環境問題」。通信環境のセキュリティ問題を解決し、生活水準をあげることができるスマートシティの普及、発展を期待したいところです。

今後スマートシティ化は発展していく

この記事では、スマートシティとは何かについてご説明しました。日本のスマートシティ化には莫大な資金をかけられるでしょう。それにより、今後私たちの生活水準は向上するはずです。

特に注目されているのは交通機関。自動運転の誕生で渋滞の緩和が期待できます。また、電気自動車のさらなる普及で排気ガスを削減し、環境問題の解決にも繋がるでしょう。

私たちの孫の世代、もっともっと先の世代までの豊かな暮らしを支えるためにも、スマートシティ化は必須なのです。