「実店舗を出店する資金がない」「ハンドメイド商品を全国のお客さんに販売したい」と思っても、どこで出品すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

ネットショップといえば、王道とも言えるBASEがあります。しかし、ネットショップを開業できるサービスはBASEだけではありません。自社でサイトを作成し、オンライン決済で商品を販売することも可能です。

そこでこの記事では、

  • 実店舗とネットショップの違い
  • ネットショップを開業するにあたって必要なもの
  • オススメのネットショップサービス5選

を紹介します。ネットで自社商品を出品したいと考えている方は、この記事を参考にしてください。

実店舗とネットショップの違い

実店舗とネットショップの違いは単に、オンラインかそうでないかの違いだけではありません。

実店舗を出店する場合

実店舗を開業するためにはまず、店を構えなければなりません。その後、チラシやローカルメディアに広告を打ち出すなど宣伝する必要があります。

実店舗を開業する場合の特徴は、土地の購入または物件の賃貸による多額の初期投資が必要です。

ネットショップを開業する場合

ネットショップで開業する場合は、ネットショップができる基盤づくりを行います。そのあと、SEO対策やネット広告を活用して宣伝を開始。お客様にネットショップにアクセスしてもらい、商品を購入してもらえればビジネスが成立します。

顧客が求める商品は、自身のログインアカウントを作成すれば、誰でも簡単に欲しいものが手に入る。ネットショップは、実店舗のように店を構える必要がないため、初期投資を抑えられるという特徴があります。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

ネットショップを開業するにあたって必要なもの

ネットショップを開業する上で、必要になるものを紹介します。

パソコン・スマホ

ネットショップの開業から運営にはパソコンは欠かせません。また、ネットショップの受注管理や業務連絡を行うために、スマートフォンも必要です。

初期費用

初期費用は10万円ほどかかります。

ネットショップでは実店舗のように商品を手に取ることができません。そのため、ユーザーが購入してくれるように魅力的な写真を撮影する必要があります。商品の撮影には、費用をかけた方がいいでしょう。

また、営業許可申請が必要な商品を取り扱う際にも十分注意が必要です。ネットショップで取り扱う商品には、役所に許可を申請する必要があります。

例えば、中古品を売る場合は古物商許可、食品を取り扱う場合には食品関係営業許可が必要です。許可を取得するには20,000円前後の手数料がかかるので準備しておきましょう。

ネットショップで販売する商品や申請する役所によって許可証の手数料は異なるので、地域の役所のホームページで確認しておくといいです。

ネットショップを構築するインフラ

その他に、ネットショップを構築するインフラを整えることが挙げられます。ネットショップという家を建てるための土地「サーバー」。そしてその家が自分の持ち家だということを示す住所となる「ドメイン」が必要です。

これらは年間で30,000円ほど払う必要があります。

モール出店か自社サイトに出店するかで開業に必要なものは異なる

ネットショップには、モール出店と自社サイトに出店する2つの方法があります。それぞれの特徴、メリットやデメリットを紹介します。

モール出店の場合

モール出店は楽天市場やAmazon.co.jpなどにネットショップを出店する方法です。インフラの構築は必要なく、すでに完成しているプラットフォームに出店できます。

モール出店のメリットは、集客力を活用できるために自社ブランドの認知を高めやすいことです。出店したその日からユーザーの目に触れる機会を作ることができます。

一方でデメリットは、モールに出店する際に手数料を取られることです。運営するために月額費用を支払い続けなければなりません。

ただ、デメリットを補うほどの集客力を持っているので「自社商品をすぐにでも手に取ってもらいたい」と考える人にはオススメです。

自社サイト出店の場合

自社サイト出店は、個人でECサイトを作成することです。長期的に見ればモール出店の運営費用よりも低く抑えることが可能です。

メリットは、サイトのデザインや集客するための施策を自由に行えることです。SNSやメルマガの活用など、ファンを作るためのマーケティングに制限はありません。

デメリットは、集客です。SEOやSNS、広告といったあらゆる集客経路を開拓しなければならないため、さまざまな施策を行う必要があります。

すでに一定の認知度があり、ファンもついているようなブランドは自社サイト出店向けと言えるでしょう。

おすすめネットショップサービス5選

以下では、オススメのネットショップサービス5選を紹介します。

BASE

base.png

画像引用:BASE

「普段は実店舗で商品を販売しているけど、お客さんから急遽オンラインで販売してほしい」との声があった。そんな場合にはBASEがオススメです。BASEのプラットフォームを利用すれば、数分でECサイトを作成できます。

しかも、前述した「サーバー」や「ドメイン」の取得は必要なく、完全無料で自社サイト出店が可能です。ただ、商品を販売する際に3.6%+40円の決済手数料と3%のサービス利用手数料がかかります。

とはいっても、無料で魅力的なECサイトを作ることは大きいメリットです。「ネットショップを開業したい」と考えている方はまずはじめにBASEを使ってみるのもいいかもしれません。

参考:BASEかんたん決済

Amazon.co.jp

amazon.png

画像引用:Amazon.co.jp

モール出店型のAmazon.co.jpは世界中の人々から利用されるネットショッピングです。個人としての購入もできるほか、出品することも可能です。また、Amazon.co.jpが広告面の運用をしているので、SEO対策など集客にそこまで力を入れる必要はありません。

Amazon.co.jpには「大口出品」と「小口出品」の2つの出品方法があります。大口出品とは、月額4,900円を支払えば、出店に関するサービスをフル活用できます。小口出品は1件成約すれば100円と販売手数料がかかるものです。

本格的にモール出店を考えている場合は大口出品。お試しは小口出品と考えて使い分けるのが賢い方法です。

参考:Amazon出品(出店)サービス - 料金プラン - Amazon.co.jp

楽天市場

rakuten.png

画像引用:【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

楽天市場は日本で最大級のネットショッピング企業です。楽天市場の特徴としては、モール出店を利用する運営費が高いことです。

下記がプランごとの料金になります。

プラン 月額費用 契約期間
がんばれ!プラン 19,500円 1年間(1年分一括払い)
スタンダードプラン 50,000円 1年間(半年ごとの2回分割払い)
メガショッププラン 100,000円 1年間(半年ごとの2回分割払い)
ライトプラン 39,800円 3ヶ月間(一括払い)

楽天市場では、料金によってSEOの対策が異なるためにまずは「かんばれ!プラン」を契約し、翌年からはスタンダードプランに変更するのがいいでしょう。

参考:出店プランと費用|楽天市場

Makeshop

makeshop.png

画像引用:ネットショップの開業・構築なら集客に強いMakeShopで!

「自社サイト出店をしても、うまく集客できるか不安」そんな問題を解決してくれるサービスこそ、Makeshopの徹底したフォロー制度です。

Makeshopは月額登録制度を設けており、「10,000円」「50,000円〜」とプランが分かれています。どのプランも内容が充実していますが特にオススメはプレミアムプランです。

プレミアムプランでは、集客できるか不安な人のために、月額料金の課金なしで他メディアに商品を登録することが可能なため。自社サイトだけでなく、ヤフーショッピングなどの大型モールに出品できるので、集客できる幅が広がります。

BASEと同じく、「ネットショップを始めてみたい」と興味本位で出店する方にオススメのサービスです。もちろんビジネスとしても活用できるので、ショッピンサイトを作成するならMakeshopはチェックしておきましょう。

参考:ネットショップ作成時の料金プランと比較情報|メイクショップ

EC-CUBE

eccube.png

画像引用:ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」

EC-CUBEは有料のサイトテンプレートを購入することで、魅力的なサイトを作成できるサービスです。月額費用は、7,800~37,800円です。
サイトのテンプレートが購入できる他、ECサイトを制作する制作会社を選んで発注することもできます。

購入者にはネットショップ運営を円滑に進めていただくために、定期的な合宿や勉強会、セミナーなどを開催しています。自社の利益だけでなく顧客の利益のことも考えてくれるフォロー制度が充実していることが特徴です。

ただ、初心者というよりはプロ向けになるので、「気軽に始めたい」という方はBASEやMakeshopを活用するのがオススメです。

参考:ec-cube.coについて | ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」

目的に合ったサービスを利用してネットショップを始めてみよう

この記事では、ネットショップ開業について説明しました。実店舗とは違ったメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

一番の理想としては、実店舗とネットショップの開業を並行して行うこと。ネットショップで集客できたお客さんを実店舗へ集客することができれば顧客のロイヤリティを高めることができます。

ネットショップは無料で開業できるものが多いので、まずは気軽にインターネットに店舗を構えてみて始めてみましょう。

ネットショップの開業資金と準備について知る

開業費用はいくら必要?いまネットショップ開業の資金と準備しておくことは?

開業費用はいくら必要?いまネットショップ開業の資金と準備しておくことは?

現在会社に勤務しているビジネスパーソンの中には、将来的に独立を検討している方もいるのではないでしょうか。中でも低予算で開業でき、すぐに運用できるのがネットショップです。実店舗を持たず、必要最小の在庫に抑えることで個人でも気軽に開業できます。今回は、ネットショップの開業に必要な資金の目安と、カートシステムや撮影機材など準備しておくポイントを解説します。