企業がSNSマーケティングを実施する際に、企業の公式アカウントを活用する例は多く見受けられる一方で、近年は個人アカウントを活用する企業も目にするようになりました。

たとえば、SNS運用代行等を事業とするテテマーチ株式会社は、多くの社員がTwitterの個人アカウントを所持しており、いいね報奨金制度*などの施策を行うことで、社員の個人アカウントを活性化させています。

今回は、個人アカウント活用を率先して進めるテテマーチ株式会社のコミュニケーションデザイン室 室長である福間昌弘大氏に、個人アカウントを活性化させた目的や、具体的な施策、実際の効果についてお話を伺い、Twitterを事業の成果へ繋げるためのポイントを探ります。

*Twitter、note、YouTubeの個人アカウントで発信した情報の、いいねやPV数に応じて社内で規定したインセンティブ報酬(1名最大5万円)が支給される制度。2019年5月13日(月)〜7月31日(水)の間、期間限定で実施された。

社員の成長と事業の成果に繋がり始めた

ferret:

そもそも初めから会社全体で個人アカウントの活性化を進めていたのでしょうか?

福間氏:
元々は会社全体でSNS戦略を進める予定はありませんでしたね。しかし、僕が個人でSNSを利用する中で、徐々にSNSをビジネス活用することに可能性を感じてきました。そこで、まずは役員へSNSの活用を広げ、その次は社員へという流れで会社全体に広まっていきました。

image1.jpg

ferret:
会社主体で進めたことで、どのようなメリットがあったのでしょうか?

福間氏:
テテマーチはSNSの個人アカウントの活用について、認知度向上と教育の2軸でメリットを感じています

まず、認知度向上については、「企業の中の人」の様な立ち位置で発信をすることで、外部には知り得なかった社員の考え方や、雰囲気が伝わりやすくなりました。

また、テテマーチは会社全体で、アカウントの名前やプロフィールのどこかに「テテマーチ」を加えることを推奨しています。これによりテテマーチの名がSNSで目に入る回数が増えるため、社名の認知度が向上しましたね。

教育の軸でいえば、SNSはインプット・アウトプットの場になると考えています。アウトプットは、学んだことをうまく言語化して自分の中に落とし込むスキルが必要になりますよね。例えばTwitterは自身の気軽な投稿がフォロワーから見られるので、140文字以内で端的に情報をアウトプットする経験ができる良い環境なんです。そういう使い方をする人が増えれば増えるほど、インプットとして活用できる場にもなります。ですので、積極的にSNSを活用してもらうことで、社員個人の成長が期待できますね。

ferret:
テテマーチの事業との相性の良さも関係しているのでしょうか。

福間氏:
そうですね。弊社は自社事業として、TwitterとInstagramの運用やPRの企画・提案などを行なっています。各SNSごとに独特の雰囲気や文化があり、ユーザーに刺さる訴求方法が異なるため、各SNSの文化を知らずに運用やPRをしたところで、効果は出ないですよね。

例えばTwitterでバズったら、「バズったので宣伝させてください」みたいな、バズを起こしたTwitterユーザーのみが宣伝を許されるような風潮など、このような文化を活用したPR動画があったりもします。

この世界観を知らないと展開できないクリエイティブは沢山あると考えているので、社員一人ひとりがSNSを利用することで各SNSの文化を知り、アイデアを生むきっかけになるので、プラットフォームの特徴を掴めるという意味では相性が良いですね。

ferret:
実際にテテマーチの事業への効果はあったのでしょうか?

福間氏:
事業と採用に効果がありました。

あるメーカーの方は、普段からSNSで僕と関わりがあり、僕自身やテテマーチの思想や考えを、ある程度認識していただいているため、受注に繋がったというケースがありました。

テテマーチが実施する勉強会などのオフラインイベントも、SNSのハッシュタグを使ってオンラインで拡散すると、そのハッシュタグの付いた投稿が企業やクライアントの目に触れることもあるので、「あのテテマーチなら大丈夫」と思ってもらえることが何度もあります。

そういう「テテマーチの安心感」がSNSを通してどんどん広がっていくことで、間接的に事業へ繋がっていますね。テテマーチってSNSを見ていると結構愛されている感じがするので、そういう信頼を創り上げるためにも、SNSを活用することは効果的であると感じています。

また、採用に関してですと、先日弊社に転職された社員の方は、元々Twitterで僕と相互フォローだったので、そこで僕のツイートやリツイートからテテマーチの雰囲気や勉強会などを見て会社の熱量が伝わったことが入社の後押しになったそうです。

他にもテテマーチが積極的にSNSに露出をしている影響で、本人やその周りの方々にもテテマーチを知っていただいており、本人にとってはあまり知られていない企業よりも安心感があることが大きかったそうです。社員の雰囲気を知った上での採用なのでミスマッチが起こりにくい点も大きいですね。

会社主導でSNSを積極活用するための取り組み

個人ならではの「人格」をあえて残す

ferret:
会社が先導して個人アカウントを活用したSNS戦略を実施すると、企業の名前を背負うので、企業が発信内容やスタンスを指定するなど強制力を発してしまう恐れがあると思うのですがそこはいかがでしょう?

福間氏:
そうですね。SNSはそもそも個人で使用するものなので、個人の人格を宿らせるべきです。会社が発信内容を強制するよりも、情報発信を推奨するぐらいの感覚の方が好ましいですね。個人アカウントならではのプライベートな話がないと、「やらされている感」が出てしまってBotみたいになってしまいます。

image3.jpg

人は相互的な交流を求めるじゃないですか。人格が宿っていないアカウントは壁みたいなもので、壁に話しかけたところで反応はしてくれない。ツイートをしたり、リプライをしたりすることで、その発信に対して誰かが反応をする。こういう反応からコミュニケーションが生まれて、新しいインプット・アウトプットの経験ができることが大切だと思います。個人アカウントだからこそ生まれる人それぞれの感情や人格が、コミュニケーションを作るので、SNS戦略を進める中で「個人」は尊重すべき点ですね。

企業は社員が発信できるコンテンツを作る

ferret:
人格が宿るような発信が重要とはいえ、「何を投稿しよう」と迷ってしまう方も多いと思うのですが?

福間氏:
テテマーチはInstagramマーケティングの勉強会などを定期的に実施しています。この勉強会の目的は大きく2つあります。1つ目は、専門家をお呼びし、お話を聞くことで知識をインプットすること。2つ目は、社員が発信するコンテンツを作ってあげることですね。発信を活性化させる施策として、弊社では「SNS報奨金制度」を実施していますが、急にいいね数を稼ぐために発信をしようと思っても、投稿内容に迷うじゃないですか。そこで勉強会などを実施し、発信するコンテンツを提供しています。

元々勉強会は個人アカウントを活性化させる目的ではじめたものではありませんでしたが、イベントを開催し、参加者が学んだことを自発的に発信しており、会社主体で推進していく流れを作ったのが始まりでしたね。

ferret:他にも用意したコンテンツはありますか?

福間氏:
発信するコンテンツを増やすために、社内イベントだけでなく、社外で開催されるイベントやおすすめの記事を社内チャットでシェアするようにしています。また、僕や役員から一方的に情報を与えるのでは無く、全社員がコンテンツシェアする雰囲気を作ることを意識し、相互的な関係性を社内で作り上げて、全員で盛り上げていこう進めています。

ferret:
発信しやすい雰囲気づくりも大事だと思うのですが、そこはどのように作り上げていますか?

image2.jpg

福間氏:
まず社員のことを信用してあげることが大切だと考えています。個人の名前で情報発信することを良しとしない企業はまだ多く、会社へ申請が必要な場合もありますよね。社員の1人としてSNSで発信することを好まない企業は、社員にネガティブなことを書かれる不安が大きいと思うので、SNS戦略の以前に、まず自社の社員を信じることが重要ではないでしょうか。

社員の投稿を後押しする雰囲気作りでいえば、僕はTwitterを昔からやっており、フォロワーもある程度います。ですので、Twitterを始めたばかりのテテマーチの社員のアカウントシェアしてあげるなどの引っ張る力はあるのでそういうサポートはしていますね。

また、弊社は多くの社員がアカウントを持っているので、新しくメンバーが入ったらその方のツイートを全員で拡散することで、フォロワーを100人ぐらい増やすことができます。
フォロワーが0〜数人の状態では反応は中々貰えません。発信して反応が貰えることってSNSの楽しみの1つじゃないですか。このように、社員全員でサポートする意識は重要だと思います。

ビジネスに貢献するコンテンツ提供を意識する

ferret:
SNS報奨金制度などの、制度設計をする際に意識しているポイントはありますか?

福間氏:
企業主体の施策であることを忘れないことですね。
たとえばSNS報奨金制度の場合、2018年から始めて今年で2回目ですが、去年はツイート内容は自由でした。しかし今年は対象となる発信をビジネス関連に限定し、発信コンテンツの質を上げていきました。社員たちがビジネスに関する発信をすることで、個人のビジネススキル向上と共に、テテマーチの考えがSNSで広まりやすくなる。あくまでも個人のプライベートアカウントですが、会社主体で施策を考えるなら、会社主体でやる意味がある発信が生まれるように意識しています。ただ、テテマーチも試行錯誤中なので、模索しながらという段階ですね。

社員がSNSを楽しみながら会社に貢献できる環境を目指す

ferret:
最後に、他の企業が個人アカウントの活用を成功させるために意識しておくべきポイントがあれば教えて下さい。

福間氏:
テテマーチの場合は、僕のような元々ある程度の影響力をもつユーザーがいたので、個人だけでも成果を生むことはできました。しかし、今から何千人のフォロワーをもつアカウントを作ろうにも中々難しいですよね。

ですので、まずは社員全員でSNS個人アカウントを活性化させることを意識するべきです。たとえば、最近ある企業の複数の社員さんが僕のアカウントをフォローしてくれて、そこで僕は企業名やサービス名を知りました。つまり、多くの社員が自社の名前などを背負って個人アカウントを運営することで、そのSNSにユーザーと自社とのタッチポイントを増やして、自社の認知度を上げることがポイントではないでしょうか。

ferret:
まずは全社で取り組むことから始めることがポイントということですね。
本日はありがとうございました!