Webサイトを運営している方にとって、表示速度が遅いのは致命的です。GoogleのPage Speed InsightでWebサイトの表示速度を見てみると、パソコンは高速表示できていても、スマホの表示速度は遅いといったことが多いのではないでしょうか。

そこでモバイルの表示速度向上に効果的なのが、AMP(Accelerated Mobile Pages)対応のページ作成です。しかし、AMP対応は正しい方法で導入しなければ、効果が反映されない場合があります。

この記事では、AMPページが正しく導入されているかテストするツールを紹介します。これから紹介するツールを用いて、Webサイトのスマホ表示速度をAMPで改善しましょう。

AMP(アンプ)とは

AMP(アンプ)とは「Accelerated Mobile Pages」の略で、Googleの推奨するモバイルページの表示速度を高速化する手法のことです。

スマートフォンからGoogleでキーワードを検索したときに、右上に「カミナリマーク」が表示されるWebサイトがあります。これは、そのWebページがAMP対応している証拠。日本では2016年からAMP対応が始まり、今では多くのWebサイトがAMPを導入しています。

AMP(アンプ)とは?仕組みと対応方法を知って表示速度をアップ!

AMP(アンプ)とは?仕組みと対応方法を知って表示速度をアップ!

AMPはAccelerated Mobile Pagesの略でモバイルページの表示速度を高速化してユーザー満足度を高める手法のことです。この記事ではAMPの基礎知識や導入方法、便利やWordPressのプラグインやテストツールなどを紹介します。

WebページがAMP化できているかテストできるツール4選

AMPページが正しく導入されているかテストできるツールは、無料で利用できるものばかりです。

AMPテスト

amptest.png

画像引用:AMPテスト

「AMPテスト」は、Googleが提供しているAMP導入テストツールです。自身の運営するWebサイトのAMPページURLを入力するだけで、数十秒で確認することができます。

正しく導入されている場合は、数秒後に「有効なAMPページです」という文言が表示されます。そのすぐ下にある「Googleに送信」をクリックすれば、インデックスを送信することが可能。その横にある「検索結果をプレビュー」をクリックすれば検索結果を確認できるようになっています。

AMPが正しく導入できていない場合は「AMPページではありません」と表示され、AMPのコードに誤りがある場合は、「有効なAMPページではありません」という文言とともに、修正箇所を表示されます。

間違っている場合は、すぐに修正箇所を確認し、再度AMPテストを行いましょう。