LINE

スクリーンショット 2019-12-26 15.20.26.png

私たちの生活に欠かせないメッセンジャーアプリ「LINE」の源泉は2000年に韓国でサービス開始した「ハンゲーム」というオンラインゲームコミュニティサイトにあります。

ゲームができるSNSとして一躍有名でしたが、さらに子会社を作り、NAVERやlivedoorなどの検索サービスの提供を開始。しかしGoogleやYahoo!などには敵いません。そこで韓国市場とは切り離し、2011年に日本で提供開始されたのがLINEです。

オープンなSNSが溢れる中であえてクローズドなSNSにすることで、ネットリテラシーの低い消費者層もメール感覚で使うことができ、スマホが普及しつつある日本で大ヒット。あらゆる経験や過去を土台にして、LINE株式会社は現在も成長を続けています。

参考:
沿革|会社情報|LINE株式会社

サンリオ

スクリーンショット 2019-12-26 15.20.43.png

ハローキティで有名なサンリオは、元々は絹を販売する会社「株式会社山梨シルクセンター」として創業されました。しかし事業が失敗し、小物雑貨の販売に転じます。

ゴム草履や缶入りキャンディを販売するにあたり、可愛いイラストを付けることで売れ行きが良くなることがわかり、キャラクター開発にも注力するように。ギフト商品やグリーティングカードなどを企画・開発するうちに、1974年にハローキティが誕生しました。

ハローキティをはじめ、自社が著作権を持つキャラクターを生み出すことでライセンスビジネスも成功しています。

参考:
サンリオのあゆみ|会社情報|サンリオ

マツダ

スクリーンショット 2019-12-26 15.21.06.png

自動車メーカーであるマツダは、以外にもコルクを製造する「東洋コルク工業株式会社」が始まりでした。1920年に創業しましたが、日本ではあらゆる商品の機械化が進む時代です。そして1927年に東洋工業株式会社に社名を変更して機械の製造にシフトチェンジ。

いきなり自動車を作ったのではなく、エンジンや単車(バイク)の製造を経て1940年に小型乗用車の製造が始まったのです。

ちょうど自動車産業の発展期の波に乗ったからこそ、スムーズにコルク工業から自動車工業への事業転換が成功したと言えるでしょう。

参考:
【MAZDA】沿革(1920年〜1979年)|沿革|マツダ