若者に人気のSNSといえばInstagram。毎年のように新たな機能が追加されるだけでなく、従来の機能もより使いやすいように改善されています。

近年の動画ブームを受けて、Instagramは写真だけでなく動画にも注力するようになりました。以前は15秒までしか投稿できませんでしたが、現在は最長60秒まで時間が伸びたほか、IGTVの登場でもっと長い動画も活用できるようになりました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

今回はInstagramで動画を活用するメリットと、企業の動画活用事例を紹介します。

Instagram(インスタグラム)で動画を活用するメリット

Instagramのストーリーズに短い動画を投稿したことはあるが、フィードにはほとんど動画は投稿しないという企業アカウントも多いでしょう。

フィードにも動画を投稿することをおすすめします。動画を活用することでブランドイメージを構築できたり、売上アップにもつなげたりできるためです。

まずはInstagramで動画を活用するメリットを紹介します。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

直感的に理解されやすい

文字や写真と比べ、動画は短時間で伝えられる情報量が多いです。

動画なら、場面の切り替わりや音によって誰もが直感的に理解しやすくなります。

商品の利用シーンを見せたり、訴求したいブランドイメージを見せたりすることで商品への理解が深まり、購入後のイメージがわきやすいので購入に繋げやすいです。

滞在時間について効果がある

Instagramの人気投稿に載るためにはユーザーがどれくらい長くその投稿を見ているか」も重要な指標だと言われています。

ユーザーを長く滞在させるための工夫として、1投稿で写真を何枚も載せる、文字を読ませるなどの工夫があります。しかし素早くスワイプされてしまっては、滞在時間を伸ばせません。

動画なら冒頭部分でユーザーの気を引ければ、最後まで見てもらえる可能性が一気に高くなります。1つの動画で最大でも60秒ですから、最後まで見るのが苦ではないこともポイントです。

動画投稿を広告として出稿できる

Instagramに投稿した動画をそのままInstagram内の広告として出稿することも可能です。

いきなり広告を作って出すこともできますが、先に通常通り投稿しておき、ユーザーの反応を見てから反応の良い動画を選んで広告にする方がコンバージョンにつなげやすいです。