WordPress(ワードプレス)の権限の設定方法

メールアドレスの取得

権限を付与するためには、ユーザー一覧に登録する必要があります。ユーザー登録するために、まずは権限を付与する方のメールアドレスを入手しましょう。

ユーザーから新規追加

usershinki.png
WordPress管理画面から「ユーザー」>「新規追加」を選択すると、新規のユーザー登録画面に移行します。

<入力項目>
・ユーザー名:登録するユーザーの名前(半角英のみ)
・メールアドレス:追加するユーザーのメールアドレス
・権限グループ:5つの権限の中から選択

サイト上で執筆者名を表示させる場合は、「姓名」にも名前を入力します。

上記項目の入力後、「新規ユーザーを追加」を選択すると、登録したメールアドレスにWordPress管理画面にアクセスするURLが送信されます。
login.png
追加されたユーザーは、このURLからアクセスするとパスワードの取得、WordPressへの管理画面へログインできるようになります。

追加したユーザーの個人設定

ユーザー登録時は、最低限の登録情報を入力しましたが、ユーザー登録後は、もう少し詳細な設定が可能になります。

記事中に表示される執筆者名をニックネームにしたい場合は、プロフィールの「ニックネーム」にお好きな名前を入力し、「ブログ上の表示名」でそのニックネームを選ぶと、執筆者名の変更可能です。

プロフィール写真は『WP User Avatar』などのプラグインを使用すると、簡単にユーザーの写真を追加できるようになりますので、ぜひ活用してみてください。

参考:WordPressでプロフィール写真を簡単に設定できるプラグイン「Wp User Avatar」の使い方|TCD WordPress Theme

外部ライターとの契約終了などで、付与した権限を取り消す場合は、ユーザーの個人設定から「権限グループ」>「このサイトでの権限なし」を選択すると、ユーザーWordPress管理画面にログインできなくなります。

削除しない限りはユーザー一覧に表示され続けますので、権限を再付与する際は個人設定画面から同じ操作で付与する権限を選択できます。

WordPress(ワードプレス)の権限をさらに細かく設定する方法|User Role Editorを使う

ここまで紹介してきた権限は、WordPressの標準機能です。上記に加えて、プラグインを使うことでより詳細なユーザー権限を設定できます。

User Role Editorでできること

userroleeditor.png
User Role Editorは、WordPress標準搭載の権限をベースにして、その権限にプラスαの操作を可能にするプラグインです。例えば、購読者に画像ファイルのアップデートを許可したり、寄稿者に公開ページの削除を許可するなど、50種類もの詳細な操作権限のコントロールができます。

User Role Editorの設定方法

プラグイン」>「新規追加」>「User Role Editor」>「今すぐインストール」>「有効化」の順番に操作し、User Role Editorを有効化しましょう。

ユーザー」>「User Role Editor」を選択すると、User Role Editorの管理画面に移行します。上部の「役割を選択し、権限を変更」から追加の操作権限を付与する管理権限を選択し、追加したい機能にチェックをつけて更新ボタンを押すだけで、操作権限がユーザーにされています。
option.png
「設定」>「User Role Editor」から、権限付与の操作とは異なるUser Role Editorの設定が可能で、デフォルトでは表示されていない「非推奨の権限の表示」なども可能になります。