今やTwitterは、独り言を呟いたり、同じ趣味の人と繋がったりといった個人的な使い方だけではなく、企業のブランディングツールとしての側面も強くなっています。最近では大手企業はもちろん、中小企業でもTwitterアカウントを開設して、情報発信をしているというところも増えています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

有名なところでは、株式会社タニタシャープ株式会社などのTwitterアカウントがあります。一見、フランクに呟いているイメージですが、絶妙なバランス感覚や言語センスなどを感じ取れます。ただ単にTwitterアカウントを開設して、自社の製品やサービスをツイートするというだけではあまり成果は上がらないものです。

そこで、効果的にTwitterで情報発信やブランディングを行っている企業アカウントを紹介します。

コクヨ株式会社の『コクヨのぶんぐ』

kokuyo.png
出典:コクヨのぶんぐ

文房具やオフィス家具などの開発・販売を行っているコクヨのステーショナリー事業の公式アカウント。このアカウントでは、自社製品の使い方などを写真付きでツイートしています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

製品写真をそのまま載せるだけではなく、実際にどんなシーンで使われているのかがわかり、参考になります。また、実際に社員などが使っている文房具を紹介するということも。

いわゆる「中の人」が垣間見え、親しみやすさが上がるとともに、商品の具体的な使用方法などが想起しやすいのが特徴。広報写真を載せているだけよりも、より商品を身近に感じられます。

参考:コクヨのぶんぐ