今やTwitterは、独り言を呟いたり、同じ趣味の人と繋がったりといった個人的な使い方だけではなく、企業のブランディングツールとしての側面も強くなっています。最近では大手企業はもちろん、中小企業でもTwitterアカウントを開設して、情報発信をしているというところも増えています。

有名なところでは、株式会社タニタシャープ株式会社などのTwitterアカウントがあります。一見、フランクに呟いているイメージですが、絶妙なバランス感覚や言語センスなどを感じ取れます。ただ単にTwitterアカウントを開設して、自社の製品やサービスをツイートするというだけではあまり成果は上がらないものです。

そこで、効果的にTwitterで情報発信やブランディングを行っている企業アカウントを紹介します。

コクヨ株式会社の『コクヨのぶんぐ』

kokuyo.png
出典:コクヨのぶんぐ

文房具やオフィス家具などの開発・販売を行っているコクヨのステーショナリー事業の公式アカウント。このアカウントでは、自社製品の使い方などを写真付きでツイートしています。

製品写真をそのまま載せるだけではなく、実際にどんなシーンで使われているのかがわかり、参考になります。また、実際に社員などが使っている文房具を紹介するということも。

いわゆる「中の人」が垣間見え、親しみやすさが上がるとともに、商品の具体的な使用方法などが想起しやすいのが特徴。広報写真を載せているだけよりも、より商品を身近に感じられます。

参考:コクヨのぶんぐ

株式会社PFUの『HHKB OFFICIAL』

HHKB.png
出典:HHKB OFFICIAL

PFUが開発・販売を行っている高級キーボード「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」シリーズのアカウントです。このアカウントでは、商品の情報やセール情報などがツイートされていますが、その他にユーザーのツイートに対するリツイート(以降、RT)が多いのが特徴です。

アカウントの中の人も、親しみやすい言葉でツイートをしていますが、それ以上にユーザーのツイートをRTすることで、よりユーザーとの距離の近さが感じられます。

このような方法を行うには、Twitter上の自社製品のツイートをこまめにチェックする必要がありますが、それほど難しい手法ではないので、真似しやすいと言えるでしょう。

参考:HHKB OFFICIAL

サンワサプライ株式会社の『サンワサプライ』

sanwa.png
出典:サンワサプライ

パソコン周辺機器やオフィス家具などのメーカー、サンワサプライの公式アカウントです。このアカウントでは、ほぼ毎朝「おはサンワ(おはようございます)」というツイートが行われています。

また、そのツイートには「今日は#○○の日」というキーワードが入っており、その日にちなんだ自社製品を紹介。

Twitterで毎日定期的に呟くには、ネタが必要です。日本では毎日「○○の日」が存在するので、これをテーマにすることは毎日投稿を続ける上で賢明な方法かもしれません。

参考: サンワサプライ