Twitterには他のユーザーのツイートをそのまま自分のタイムラインに流す「リツイート(RT)」機能の他に「引用リツイート(引用RT)」という機能があります。引用リツイートは、他のユーザーのツイートにコメントを付けてツイートすることができる機能です。

大変便利な機能なので、Twitter運用担当者は確認しておきましょう。

Twitter(ツイッター)のリツイート(RT)とは?

リツイートとは、他ユーザーのツイートを自分のタイムラインに再投稿できる機能のことです。「RT」と呼ばれることもあります。

Twitter(ツイッター)のリツイート(RT)のやり方

rt - 1.jpeg

リツイートをしたい時は、各ツイートの下部に設置されている、矢印が2つ重なったマークをクリックします。

rt - 2.jpeg

「リツイート」をクリックします。

リツイートすると、自身のタイムラインに流れます他ユーザーがツイートした内容が流れます。リツイートしたことがわかるように「〇〇さんがリツイート」と表記が入ります。

Twitter(ツイッター)の引用リツイート(RT)とは?

ユーザーのツイートに自身のコメントを付与して投稿する機能です。「引用RT」とも呼ばれています。公式ページでも、外部のTwitterクライアントでも利用が可能です。

引用リツイートを使うと、元のツイートを変更することが出来ないので、改ざんなども心配する必要がありません。

Twitter(ツイッター)の引用リツイート(引用RT)のやり方

rt - 3.jpeg

リツイートボタンをクリックします。

rt - 4.jpeg

「コメントを付けてリツイート」をクリックします。

rt - 5.jpeg

ツイートしたいコメントを入力し、「リツイート」をクリックするとリツイートされます。

引用リツイートの文字数

rt - 6.jpeg

Twitterの文字数は140文字までに制限されています。引用リツイートをする場合、文字数が減ってしまわないか心配になりますが、引用リツイートの文字数は制限内に含まれていません。

通常のツイート同様に、140文字まで入力が可能です。入力できる文字数が残り10文字以下になると、上記の画像の場所にカウントが表示されます。