アライドアーキテクツ株式会社による「Twitter企業公式アカウントの利用実態」の調査結果が発表されました。公式アカウントフォローのきっかけや、フォロワーがどんな情報を求めているか、公式アカウントをきっかけに購入に至った経験はあるかなど、Twitterの企業公式アカウントが一般ユーザーにどのような影響を与えているのかが明らかになりました。

ゆるい繋がりが、購買に大きく影響?! 「Twitter企業公式アカウントの利用実態調査」結果発表

半数がTwitterで企業の公式アカウントをフォロー

ユーザーの55.7%の人が企業の公式アカウントをフォローしていることがわかりました。年代別でみると40代のみが過半数を切っていますが、それでも49.5%と半数近い数字となっています。他の年代、性別で見ても50%を切ることはなく、多くのユーザーが公式アカウントをフォローしていることがわかります。

image5.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

Twitterで企業の公式アカウントをフォローしたきっかけ」については、「Twitterキャンペーン」が57.9%、「企業の公式サイトを見て」が52.9%と特に多く、続いて「一般人の投稿やリツイートを見て」が36.3%。「Twitter広告を見て」は19.0%と2割に満たず、広告配信ではフォローは大きく増えないことがわかります。

image5.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

公式アカウントに求めるのは新情報やクーポン

Twitterの企業公式アカウントをフォローしている目的」については、「新情報やクーポン等のお得な情報を取得するため」52.5%が過半数を占めています。その次に「そのブランドが好きだから」が24.7%、「キャンペーンに参加する」が22.0%と続き、企業公式アカウントには新鮮な情報やお得な情報など「直接的なメリット」が求められていることがわかります。

image1.png
画像引用:【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

この結果を補完するように「Twitterで企業公式アカウントからもっとも欲しい情報(求める一番の役割)」を聞くと、「サービスや商品の新情報やセール情報」53.5%と1位となっています。有名な公式企業アカウントではSNS運用をしている「中の人」が注目をあびることがありますが、欲しい情報として「企業の人となりが分かる日々の何気ない投稿」は10.7%とあまり多くはありません。

image6.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

友人や著名人・インフルエンサーのリツイートがポイント

Twitter上で役に立つ情報として信頼を得ているのが、「友人がツイート・リツイートした内容」で60.4%。次いで、「著名人・インフルエンサーがツイート・リツイートした内容」が52.4%となっています。企業公式アカウントによる直接の投稿だけではなく、いかに友人や著名人・インフルエンサーにリツイートされるかも情報発信には必要になっているかがわかります。

image3.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

さらに「SNSで見たことをきっかけに、商品・サービスを購入したことはありますか?」という問いに対しては、76.9%もの人が何らかの購入経験があると回答しています。特定のジャンルの商品だけでなく、菓子や外食チェーン、ドリンク類など幅広くSNSがきっかけでの購入経験があり、とくに日常的に消費されるものが多く購入経験につながっているようです。

image2.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

直接的なメリットの訴求と信頼度が鍵に

今回の調査から、Twitterユーザーは直接的なメリット(新商品情報やセール情報など)を享受したいということが浮かび上がってきました。コアなファンづくりや丁寧な運用はもちろんのこと、フォロワーへの直接的なメリットの提供をおこなうことや信頼度の高い友人や著名人・インフルエンサーからリツイートされるような運用も必要になってきているのがわかります。

調査概要

【調査対象】インターネット上で調査回答できる男女(15~59歳)
【調査期間】2019年5月28日~6月7日
【有効回答】4,309名
【調査方法】Fastask(ジャストシステム提供)でアンケート調査を実施

この記事を読んだ方におすすめ

30代・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果

30代・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果

若者のSNS利用(メッセージアプリや動画サイト含む)が盛り上がっていることは言うまでもありません。一方で、30代・40代のSNS利用実態はどうなのでしょう?ドゥ・ハウスの調査により、30代・40代が利用しているSNSや投稿頻度が判明しましました。

マーケターは戦略・施策を考える時間が無い!【ベーシックの調査】

マーケターは戦略・施策を考える時間が無い!【ベーシックの調査】

株式会社ベーシックは、20~50代のマーケター471名を対象に、「マーケターの働き方調査」を2019年5月28日~31日にかけて実施しました。

この調査により、マーケターは施策の実行に追われていて、戦略・施策を考える時間が十分にとれていないことが浮き彫りになりました。

調査結果とマーケターから寄せられたコメントから、マーケターの働き方・業務改善について考えていきます。