アライドアーキテクツ株式会社による「Twitter企業公式アカウントの利用実態」の調査結果が発表されました。公式アカウントフォローのきっかけや、フォロワーがどんな情報を求めているか、公式アカウントをきっかけに購入に至った経験はあるかなど、Twitterの企業公式アカウントが一般ユーザーにどのような影響を与えているのかが明らかになりました。

ゆるい繋がりが、購買に大きく影響?! 「Twitter企業公式アカウントの利用実態調査」結果発表

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

半数がTwitterで企業の公式アカウントをフォロー

ユーザーの55.7%の人が企業の公式アカウントをフォローしていることがわかりました。年代別でみると40代のみが過半数を切っていますが、それでも49.5%と半数近い数字となっています。他の年代、性別で見ても50%を切ることはなく、多くのユーザーが公式アカウントをフォローしていることがわかります。

image5.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

Twitterで企業の公式アカウントをフォローしたきっかけ」については、「Twitterキャンペーン」が57.9%、「企業の公式サイトを見て」が52.9%と特に多く、続いて「一般人の投稿やリツイートを見て」が36.3%。「Twitter広告を見て」は19.0%と2割に満たず、広告配信ではフォローは大きく増えないことがわかります。

image5.png
画像引用:
【Twitterユーザー企業公式アカウントの利用実態】