バズを生み出すタイトルの付け方

6.アクセス爆発!はてブ年間TOP100から学ぶバズるブログタイトルのつけ方

altテキスト
http://naifix.com/hatebu-top100-title/

2013年にはてなブックマークの人気はてぶTOP100にランクインした記事を執筆した著者が導きだした法則について書かれています。
具体的な内容として、バズを生み出すために最適な文字数やキーワードの使い方など、すぐに応用できそうなテクニックばかりです。
最初に読者が目にするタイトルは、コンテンツの中でも一番気を配りたいところです。

7.保存版!ユーザを惹きつける、バズるタイトルのつけ方7選

altテキスト
http://www.studiou.jp/column/323
リンク先が非表示になっているため、現在閲覧できません

どのようなキーワードをタイトルに含めればユーザーが引きつけられるのか、具体的な例とともにまとめられています。
タイトルに入れるべき魅力的なキーワードや、具体的なバズを生み出しやすいタイトルの例が挙げられていますので、前述で紹介した記事と合わせて読むことをオススメします。

バズを生み出すコンテンツの作り方

8.SNSで最もバズる写真の撮り方が、「Pinterest」50万件の投稿分析で判明!

altテキスト
http://kai-you.net/article/568

記事でバズを生み出すためには写真をうまく使うこともきっかけとなります。
Pinterestは、気に入った写真や動画を自分の「ボード」にストックしていく、画像特化型のSNSです。画像の投稿はもちろん、他のユーザーの投稿で気に入ったものがあれば「ボード」にストックすることができます。2013年時点で約7000万人のユーザー数を誇ります。
Pinterestを分析し、どのような写真がバズを生み出すのか、についてまとめた記事です。
非常に細かく分析されていて、色や被写体に対してどのような意識を持って写真を撮れば良いのかがよく分かります。ここで挙げられているポイントを意識して写真を撮りましょう。

9.バズるサイトの6割はファーストビューにSNSボタンを設置していた!

altテキスト
http://naifix.com/above-the-fold/

拡散してもらうために必須である、SNSのボタン設置や広告の設置、アイキャッチ画像の使用について、具体的な数字を交えてまとめられています。また、ブラウザサイズや、サイトの速度など、要素ごとに非常に細かく解説してあります。
なぜその要素が必要なのか、どのように要素を入れたらいいのかが分かるので、必ず読んでおきましょう。

10.「拡散」される記事はたった6つのルールで出来ている

altテキスト
http://rentalhomepage.com/kakusan/

どのようなテーマの記事がバズを生み出すのか、拡散される記事の特徴が6つまとめられています。また、それぞれの特徴ごとに参考記事も紹介され、実践的な内容となっています。
拡散されやすいテーマを理解したうえで、記事を書くこともバズを生み出すために心がけましょう。

まとめ

今回はコンテンツがバズを生み出すために知っておきたいポイント10選を紹介しました。

バズは偶然に起きるだけのものではありません。バスを起こすためのポイントを押さえた記事がバズを生み出します。
まずポイントを押さえた記事を書き続けることが大切です。

また、前提としてバズは手段でしかありません。バズを引き起こした結果どうしたいのか(集客や販売促進など)、常にバズを生み出し続けるためにも、目的を常に見失わないことが重要です。

ただただ、「バズを起こしてPVが伸びた!」では何も意味はありませんので、その先に何があるのかを考えていきましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

ノンプログラマーのためのPHP基礎
【2015年最新版】Webサービスの媒体資料40まとめ
【完全版】Webマーケティング関連のメディア・ブログ47まとめ

ノンプログラマーのためのPHP基礎

ノンプログラマーのためのPHP基礎

PHPというプログラム言語はすでに多くのウェブサイトで使われています。国内でも90年代から利用され、WordPressというブログシステムが普及しその知名度をいっきに上げました。ノンプログラマーでも、その基本的な知識は必須となりました。